サイト内検索

詳細検索

送料無料

2016年7月期メディア化特集(~7/28)

梶井基次郎全集(ちくま文庫)

立ち読みする

  • みんなの評価 5つ星のうち 4 22件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:1986.8
  • 出版社: 筑摩書房
  • レーベル: ちくま文庫
  • サイズ:15cm/551p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:4-480-02072-1

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

  • 国内送料無料
文庫

紙の本

梶井基次郎全集 (ちくま文庫)

著者 梶井 基次郎 (著)

梶井基次郎全集 (ちくま文庫)

950(税込)

梶井基次郎全集 全一巻

810(税込)

梶井基次郎全集 全一巻

ポイント :7pt / 紙の本より140おトク

電子書籍をカートに入れる

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認くださいヘルプ

  • iOS
  • Android
  • Win

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
iOS .book 無制限
Android .book 無制限
Win .book 無制限

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー22件

みんなの評価4.0

評価内訳

  • 星 5 (6件)
  • 星 4 (7件)
  • 星 3 (7件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

手放すことはない1冊

2015/10/04 18:43

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:szk - この投稿者のレビュー一覧を見る

とにかく『冬の日』が好きだ。文章からなぜかほとばしる旅情。旅の話ではないのに。高校生のときから、ことあるごとに読んでいる。梶井基次郎の乾いていて、それでいて優しい感性は色あせない。『檸檬』のいたずらは、一度はやってみたいよね。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

地球に爪痕を残した男。

2004/12/24 20:47

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:Straight No Chaser - この投稿者のレビュー一覧を見る

>(「器楽的幻覚」1928.1)

1932年3月24日午前二時、梶井基次郎は31歳(数え32歳)でこの世を去った。『評伝 梶井基次郎』(大谷晃一著、沖積舎)に、病床の梶井基次郎と母ヒサの会話が再現されている。3月23日の昼下がり。

>

友人たちの奔走の甲斐あって、生前唯一の作品集『檸檬』が刊行されたのが1931年5月15日。

>(「冬の蠅」1928.2)

『城の崎にて』を思い出す。志賀直哉は小さな生き物たちの「死」を見つめ、梶井基次郎は小さな生き物たちの「生」を見つめた。

>(習作「小さな良心」1922)

夜の街をさまよう若い男。どこまでも闇のなかを歩きつづける。つかの間の光。檸檬。

>(習作「瀬山の話」1924)

翌1925年(大正15年)、不朽の名品「檸檬」が生まれる。「地球に爪痕を残すような 傑作が書きたい」----『評伝 梶井基次郎』の帯に書かれた言葉。

大阪市中央区中寺町の常国寺では、梶井基次郎の忌日、「檸檬忌」がいまも続けられている。そして彼の墓にはいつもだれかが、ひっそりと檸檬を供えているという。

>(「桜の樹の下には」1928.10)

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

梶井基次郎全集

2001/05/08 21:11

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:55555 - この投稿者のレビュー一覧を見る

 早世した小説家の梶井基次郎の全集。有名な「檸檬」や、「城のある町にて」や習作や遺構が含まれている。厚くて読み応えがある。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2011/07/31 16:52

投稿元:ブクログ

表題が 有名ですが、他の編も秀逸。
屈折した文士たちの 時代を 読み解く気分。
今の時代でも キラキラ光る 硝子の破片のよう。

2006/01/28 18:53

投稿元:ブクログ

『Kの昇天』―Kという青年が海で溺死したと手紙で知らされた語り手は、手紙の差出人に彼の死の謎について語ります...
ソログープの『光と影』と共通するものがあるみたいなことを書かれていたのを見たのがこれを読むきっかけになったと思う。どちらも美しい話です。シーンと静まり返って時間が止まったようなひんやりした夜中に読むと素敵だと思います。

2005/12/21 21:42

投稿元:ブクログ

『檸檬』
高校の授業でやったけど読み直してみた。
この作品の文章、なぜか頭の中に残ります。
『闇の絵巻』
・・・病んでる。笑

2006/03/26 23:16

投稿元:ブクログ

好きすぎて何にもいえない。梶井の潔癖ともいえる清廉さは、まわりまわってエロッチクといえてしまいます。

2006/07/14 09:58

投稿元:ブクログ

高校の時に一度読んで、結構印象に残っていたので、最近また読み返してみました。一つの檸檬から美の追求へと発展してゆくところがすごい。

2006/09/22 03:27

投稿元:ブクログ

心に残る言葉や、情景を描写する力。ビビッドな色合いが浮かんできます。こんな力を持った人が今も居るだろうか。

2010/12/11 22:06

投稿元:ブクログ

音楽会の最中の静けさに孤独を思う「器楽的幻覚」
猫の耳を切符切りでぱちんとしたい、猫の爪を切ってしまいたい、
そう想像しながら猫の前足を瞼に乗せる「愛撫」
桜の神秘的なほどの美しさの理由を見出す「桜の樹の下には」
影の中に別の人格を見ていたK君が溺死した「Kの昇天」
崖の上から期待を持って開いた窓を見つめる「ある崖の上の感情」
新任の先生につけたあだ名が勝手に広まるのを恐れ出す「大蒜」
なかなか帰ってこない小学生の弟2人を嫌々探しに行く「夕凪橋の狸」
土手の上から眺めた雲の恐怖を覚える「蒼穹」
ほか全27編に梶井の手紙を加えた全集。
装丁:安野光雅

本人も病を患っているからか病気の人物が多く、
彼らが見る世界の美しさやそこに感じる畏れが描かれています。
あまりにも有名な「檸檬」は色彩が本当に鮮やか。

2008/07/10 22:23

投稿元:ブクログ

「檸檬」は国語の教科書にも載っていました。
文字数の少ない文章からは
インパクトの強さと新しい風を感じます。


2010/08/17 22:04

投稿元:ブクログ

前に三巻本の全集が出る作家は好きと書いたが(中島敦)、一巻本の出る作家もいい感じ。

一家に一冊置いておきたい本。

2009/07/16 01:43

投稿元:ブクログ

この「ちくま文庫」が個人全集刊行を始めた、わりあい早い時期のものだったはず。「全集全1巻」なら、私も「梶井、読んだよ」なんて言えるなあ、と、そういう浅はかな思いが過ったことを告白します。檸檬と丸善があまりにも有名で、だからなんとなく知ったような気になっていた夭折の梶井基次郎、習作や遺稿や解説も含めたものを文庫で手にすることができるなんて、と欣喜したことも憶えています。ちょうどそのころ、梶井基次郎を偏愛していて「あんた、檸檬以外を知らないの?」と言う先輩がいたので、ともかくも、との意地もあって手に入れたフシもあり。ただしそれだけではなくて、「断片の迫力」に気圧されたことは鮮明です。断片だから、「……」から唐突に始まっているものあり、「、……(欠)」で終わっているものあり。「夭折」に関して、不可抗力であれなんであれ、「そーゆーことなんだなー」と、通り一遍の感慨しか持ち得なかった当時の私が、これで打ちのめされたのでした。優劣とか是非を云々するのではなく、「全集全1巻」の、その重さ。

2013/05/02 12:54

投稿元:ブクログ

心理描写が真に迫っている感じがした。普段言葉で言い表せずにいたもやもやとした感覚が見事に表現されていてすっとした。

2012/04/13 17:50

投稿元:ブクログ

春なので、久しぶりに再読。
「櫻の樹の下には」は春になって桜が咲くと、つい読みたくなってしまう作品です。

「Kの昇天」「冬の日」「ある崖上の感情」もお気に入りです。

ちくま文庫 ランキング

ちくま文庫のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む