サイト内検索

詳細検索

送料無料

小説&文庫&ラノベポイント2倍(~7/31)

砲艦ワグテイル(創元推理文庫)
  • みんなの評価 5つ星のうち 4 1件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:1988.2
  • 出版社: 東京創元社
  • レーベル: 創元推理文庫
  • サイズ:15cm/417p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:4-488-25301-6
  • 国内送料無料
文庫

紙の本

砲艦ワグテイル (創元推理文庫)

著者 ダグラス・リーマン (著),高橋 泰邦 (訳)

砲艦ワグテイル (創元推理文庫)

630(税込)

ポイント :5pt

現在お取り扱いができません

電子書籍化を希望する

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー1件

みんなの評価4.0

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (1件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

2006/01/27 21:05

投稿元:ブクログ

原題:Send a Gunboat

 「ダグラス・リーマン」がボライソーシリーズの著者「アレグサンダー・ケント」の近代ものを書くときの別ペンネームであることは有名な話だが、この「砲艦ワグテイル」はリーマン、ケント通じて日本で最初に翻訳された彼の作品である。
 スクラップ寸前の砲艦ワグテイルに乗り込むのは、不名誉な事件を起こして左遷されてきたロルフ少佐であり、軍人生活を怯えながら過ごしてきた退役を間近に控えた副長であり、栄達目当てに司令部のお偉方に取り入ることを日課にしている将校であり。そんな彼らを変えたのは一つの指令であった。・・・戦いは人を如何様にも変えることができるのだ。
 リーマンの海洋冒険小説には軍人として戦ったことのある者(リーマン氏は海軍士官出身)だけが描き出せるような迫力とリアルな人間模様が描かれている。その一方で主人公やその周りの者達の恋愛が描かれており、これが殺伐としただけではないよいバランスを作っている(私見ではあるが、このバランスが後年崩れているように思えるのは実に残念)。
パシフィカ(1979)、西武タイム(1985)、創元推理文庫(1988)から出ている。

創元推理文庫 ランキング

創元推理文庫のランキングをご紹介します一覧を見る