サイト内検索

キーワードを入力

詳細検索

送料無料

全品ポイント2倍

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. 文庫
  4. 神々のワード・プロセッサ スケルトン・クルー 2
神々のワード・プロセッサ スケルトン・クルー 2(扶桑社ミステリー)
  • みんなの評価 5つ星のうち 4.6 9件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:1988.5
  • 出版社: 扶桑社
  • レーベル: 扶桑社ミステリー
  • サイズ:16cm/296p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:4-594-00285-4
  • 国内送料無料
文庫

紙の本

神々のワード・プロセッサ スケルトン・クルー 2 (扶桑社ミステリー)

著者 スティーヴン・キング (著),矢野 浩三郎 (ほか訳)

神々のワード・プロセッサ スケルトン・クルー 2 (扶桑社ミステリー)

637(税込)

ポイント :5pt

紙の本をカートに入れる

  • 発送可能日: 7~21日

    ご注文後に出版社・製造元から取り寄せます。在庫切れなどにより取り寄せできない場合があります。

  • 納期/配送の目安について

電子書籍化を希望する

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

収録作品一覧

パラノイドの唄 7-16
神々のワード・プロセッサ 17-52
オットー伯父さんのトラック 53-86

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー9件

みんなの評価4.6

評価内訳

  • 星 5 (3件)
  • 星 4 (4件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

それらは向こう側の世界を

2001/02/27 07:26

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:Kyowya - この投稿者のレビュー一覧を見る

 死んでしまった甥のジョナサンが作ってくれたワードプロセッサ。それを使っていたリチャードは、ある事に気が付く。おもちゃの猿はシンバルを打ち鳴らし、大切な人を奪い取っていく。
 ごくありふれた数々の物達。それらがもたらす、知るはずのなかった向こう側の世界。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

読み応えのある短篇集

2002/07/31 22:31

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:scarecrow - この投稿者のレビュー一覧を見る

7つの短篇から構成された短篇集。なかなか読み応えがある。

『パラノイドの唄』 ★★☆☆☆
被害妄想の詩。

『神々のワードプロセッサ』 ★★☆☆☆
ワープロでDELETE/INSERTした言葉が現実でも削除/挿入されてしまったら?タイトルになっているわりにはパンチ力がない。あまりにも簡単にハッピーエンドにしてしまったのが原因か。

『オットー伯父さんのトラック』 ★★★☆☆
キャッスル・ロックを舞台に、乗り捨てられたトラックに関する怪談話。一人称でぐいぐい引っ張ってくる。『トッド夫人の近道』と合わせて、キングもお気に入りの作品らしい。

『ジョウント』 ★★★★☆
暗いラストへと突進するSFホラー。ジョウントは瞬間移動のことで、未来ではこれが航空機にとって変わられていた。地球から火星へのジョウント。これを語り手の家族が初体験するのだが……。。

『しなやかな銃弾のバラード』 ★★★★☆
狂気をテーマにした傑作。優れた恐怖小説だと思う。しなやかな銃弾とは、頭のなかに埋まった狂気を指しているらしい。

『猿とシンバル』 ★★★☆☆
子供の頃の恐怖体験を大人になったいまも引きずった人物が出てきて、大人になってからそれに立ち向かい、打ち勝つ、というキングのお得意パターン。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2006/01/28 15:03

投稿元:ブクログ

短編集『骸骨乗組員』その2。
標題ともなっている『神々のワード・プロセッサ』、『ジョウント』等も面白いですが、なんと言っても『しなやかな銃弾のバラード』がお気に入り。
「狂気とは、脳に撃ち込まれたしなやかな銃弾のバラードである」
痺れます。

2007/04/05 07:15

投稿元:ブクログ

スケルトン・クルーで一番お気に入りの短編集。『神々のワード・プロセッサ』とか『猿とシンバル』も堪らないけど、『しなやかな銃弾のバラード』は、題材、ストーリーは勿論の事、取り分けタイトル・センスが最高。

2009/10/15 23:03

投稿元:ブクログ

やばい!この短編集はやばい!
一編一編の完成度もさることながら、読ませる順番がまたすばらしい。
軽めの話から始まって(2話めにあたる表題作では、ちょっとじんわりいい気分にまでさせておいて!)、じわじわ怖くなっていく感じがたまらないです。
「オットー伯父さんのトラック」はちょっとした怪談という感じですが、4話目の「ジョウント」ラストで恐怖のピークを迎え、「しなやかな銃弾のバラード」と「猿とシンバル」の不気味な余韻で終了……なんという構成。たまらんです。
今までキングの短編で面白いの読んだ事ねぇなという気がしてましたが、これはほんと良かったです。
表題作いいなあ……キングの人物描写ほんと好きだなあ。あと「ジョウント」。よく考えると結構ベタなオチだけど、怖かったー。

2009/11/27 15:22

投稿元:ブクログ

こんなに古いのに今でも読めるってすげえ。ワードプロセッサはさすがに時代を感じるけどそれでも面白かった。

2013/10/18 22:19

投稿元:ブクログ

S・キングの短編小説ですが、読むべきはただ一篇、「ジョウント」。ここには“永遠の恐怖”があります。

ホラーは読まない、キングも読まない……という方でも、もしあなたが読書人であれば、少なくとも「ジョウント」だけは読むべき。この作品で描かれるのは、超自然的な不可解な物事への恐怖ではなく、ワープが一般化した未来社会、つまりSFなので、ホラー嫌いな方でもご安心。

しかしながら、そこにあるのはまぎれもなく“恐怖”。忘れがたい読書体験として、あなたの胸に永遠に刻み込まれること間違いなし。

2011/12/21 15:40

投稿元:ブクログ

 キング初体験かも。怖さのツボが合わんかった。やっぱり「わからない状態」がいちばん怖いのであって、化物と言葉が通じたりとか、バチが当たったりするタイプの話はぜんぜん怖くないや。

2012/06/12 13:22

投稿元:ブクログ

「パラノイドの唄」
「神々のワード・プロセッサ」
「オットー伯父さんのトラック」
「ジョウント」
「しなやかな銃弾のバラード」
「猿とシンバル」

2巻はわりとパラノイド気質の話が多め。
じわじわ怖い。

扶桑社ミステリー ランキング

扶桑社ミステリーのランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む

サイト内検索

キーワードを入力