サイト内検索

詳細検索

紙の本 コミック・ライトノベル本ポイント2倍キャンペーン

スペインの財宝船(ハヤカワ文庫 NV)
  • みんなの評価 5つ星のうち 5 2件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:1991.8
  • 出版社: 早川書房
  • レーベル: ハヤカワ文庫 NV
  • サイズ:16cm/429p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:4-15-040631-6
  • 国内送料無料
文庫

紙の本

スペインの財宝船 (ハヤカワ文庫 NV 海の勇士/ボライソー・シリーズ)

著者 アレグザンダー・ケント (著),高沢 次郎 (訳)

スペインの財宝船 (ハヤカワ文庫 NV 海の勇士/ボライソー・シリーズ)

821(税込)

ポイント :7pt

現在お取り扱いができません

電子書籍化を希望する

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー2件

みんなの評価5.0

評価内訳

  • 星 5 (1件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

リチャード・ボライソー17才

2002/01/10 23:12

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:うつほ - この投稿者のレビュー一覧を見る

 親友マーチン・ダンサーを失ったボライソーは、デスティニー号への乗艦を命じられる。士官候補生から士官への昇格に気を張るリチャードだったが、デスティニー号はその任務を明らかにしないままプリマスを出港し、大西洋へと乗り出した。
  
 原書タイトルは「Stand into Danger」。邦訳シリーズ順では12番目ですが、時間的にはこれが「コーンウォールの獅子」に続いて3番目の話になります。ボライソーの海尉時代の話ですが、今回も謎あり、冒険あり、そして彼のはじめてのロマンスもあります。また、彼のトレードマークともなる特徴的な額の傷を負う場面や、彼の頼れる部下となるストックデールとの出会いもあり、ボライソーの若い頃の話の中では重要なエピソード目白押しです。
  
 本巻ではボライソーは三等海尉としてデスティニー号に乗り込みます。18才の誕生日はまだ迎えていないボライソーは、ひげを剃るのも1週間に1度で十分といった初々しさ。財宝を狙う海賊たち相手に死地を乗りこえますが、なんと彼は人妻と恋に落ちます。彼らのロマンスのゆくえは、そして、海賊たち相手にたった一隻で立ち向かうフリゲート艦デスティニー号は……。
 危険に満ちた航海の中でも、着実に艦長や先任の士官たちからいろんなものを学び取っていくボライソーの、今後が楽しみな一冊です。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2011/11/15 22:03

投稿元:ブクログ

ボライソー18歳の時のお話。海尉としてフリゲート艦に乗り込んでカリブ海へ。
オールデー登場前にボライソーを支えていたストックデールとの出会いや、しょっちゅう描写される右の眉の上の傷の由来も明らかに。著者も楽しんで書いていたんじゃないかと思われるふしも…。もちろん青春になくてはならないあの手の話もあるけれど、これはちょっとどうかなあ。どうも今までのところボライソーと深い仲になった女性は片っ端から死んでいるような気がする。もしやボライソーは女性の敵?
ともあれ著者の戦闘シーンのうまさはこの巻でも健在です(そしてやっぱり今から見ると、タイトルのとほほ感はぬぐえません)。

英米 ランキング

英米のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む