サイト内検索

詳細検索

紙の本 暮らし・実用書/児童書・絵本ポイント2倍キャンペーン

鏡の中の孤独(集英社文庫)
  • みんなの評価 5つ星のうち 4.8 5件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:1991.11
  • 出版社: 集英社
  • レーベル: 集英社文庫
  • サイズ:16cm/383p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:4-08-760209-5
  • 国内送料無料
文庫

鏡の中の孤独 (集英社文庫)

637(税込)

ポイント :5pt

現在お取り扱いができません

電子書籍化を希望する

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー5件

みんなの評価4.8

評価内訳

  • 星 5 (3件)
  • 星 4 (1件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

主人公のその後。

2002/03/18 21:50

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ルルド - この投稿者のレビュー一覧を見る

 この作品は、「鏡の中の少女」の続編だ。前編では、主人公のケサは拒食症を乗り越え、病院を退院したケサのその後の生活について書かれている。体重も正常に戻り健康を取り戻したケサだったが、未だに食べ物に異常にこだわり普通に食べられない。そんな時、同じ摂食障害で過食症の友達と出会い仲良くなるが、その子の病気が悪化する。昔の自分と同じような行動をとる友達といることで客観的に自分を見つめなおすケサ。
 色々な事があるが、希望が持てて嬉しくなるようなエンディングなので、前編を読んで何となく続きが気になっていた人におすすめです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2005/03/14 11:32

投稿元:ブクログ

「鏡の中の少女」の続編。摂食障害、拒食症の話。Happy Endingなのが少し気に食わない。こんなにうまくいくもんなの?自分自身摂食障害なので少し否定的。でも心のわずかなゆれや変化などが凄く伝わってきた。

2013/07/02 21:24

投稿元:ブクログ

『鏡の中の少女』とあわせてどうぞ。摂食障害を題材にした作品は数あれど、描写の丁寧さと専門知識が土台にあり、一読の価値ありです。ドラマらしいキレイなオチはありません。その事が読み手に、現実の深さをより一層思い知らせる。人生は映画ではない、終わりの無い旅なのだと。

2007/11/17 20:46

投稿元:ブクログ

『鏡の中の少女』の続編です。
本当の自分自身を受け容れること、人生を受け容れることについて、物語として読める本です。

2013/03/26 13:21

投稿元:ブクログ

この本の主人公は、拒食症にかかり、
それを超えていこうとする少女です。

病気になりながら、気付きを得て、
回復に近づいていく話です。

作者自体が、この病気の治療をしている人だからだと
思いますが、非常に、生きにくさを感じている人の
気持ち、考え方、客観的な様子をリアルに描いているのではないか、と思いました。


この本を最初読んだときに、あまりピンとこないことが
多かったのですが、何年後かに読んだときに、
突然、理解できて、目から鱗が落ちるような気持ちになりました。

ですので、読んでみて、あれ??と思っても、時間がたってから
また読んでみることをお勧めします。

集英社文庫 ランキング

集英社文庫のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む