サイト内検索

詳細検索

紙の本 コミック・ライトノベル本ポイント2倍キャンペーン

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. 文庫
  4. デューン砂の惑星 改訂版 1
デューン砂の惑星 改訂版 1(ハヤカワ文庫 SF)
  • みんなの評価 5つ星のうち 4 13件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:1990
  • 出版社: 早川書房
  • レーベル: ハヤカワ文庫 SF
  • サイズ:16cm/299p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-15-010076-6
  • 国内送料無料
文庫

紙の本

デューン砂の惑星 改訂版 1 (ハヤカワ文庫 SF)

著者 フランク・ハーバート (著),矢野 徹 (訳)

【星雲賞海外長編部門(第5回)】【「TRC MARC」の商品解説】

デューン砂の惑星 改訂版 1 (ハヤカワ文庫 SF)

778(税込)

ポイント :7pt

現在お取り扱いができません

電子書籍化を希望する

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー13件

みんなの評価4.0

評価内訳

  • 星 5 (5件)
  • 星 4 (2件)
  • 星 3 (5件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

別世界の壮大な歴史物語と思えば、読み易くなるのではないでしょうか

2005/08/13 18:35

4人中、4人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:みなとかずあき - この投稿者のレビュー一覧を見る

私が持っている『デューン砂の惑星』第1巻の発行日は、昭和47年12月31日になっている。カバー絵は石森章太郎だ。当時小学生だった私がこの本を手にするつもりになったのは、この作品がヒューゴー、ネビュラ両賞受賞作だったからでなく、ハヤカワSF文庫を順に読んでいたからでもなく、ただカバー絵が石森章太郎だったからというそれだけの理由だった。小学生の考えることは恐ろしい。
だから、初めて読んだ時は非常に難解で、書いてあることの3分の1も分からず、ともかく巻末の用語集を何度も何度もひっくり返しながら何ヶ月かかけて読み終えたという覚えしかない。でも、何か惹きつけられるものがあったのだ。
後にデビッド・リンチにより映画化された時にももちろん見たし、その時にもこの原作を読み直した。そして、テレビ化されたというのをレンタルビデオで知り、それも見た。そして、結局原作に戻ってきてしまった。
さすがに小学生ではなくなっているので文章の難解さについては余り苦にならなくなった。そして、色々な評価も忘れて読んでみれば、やはり面白SFなのだということを改めて感じさせられた。
この第1巻は、後に続く長い物語のプロローグに相当し、今後活躍する登場人物がきちんと押さえられながら、物語全体を覆っている様々な視点が提示されている。そして、いずれ主人公の父親が死に、主人公が放浪を始めるのだということを暗示する不安がちりばめられている。
エコロジーを先取りしていた作品だとか、『ナウシカ』に影響を与えた物語だとか、いろいろと言われてはいるが、ただ単純にどこか別世界の覇権争いと、少年の成長、預言者の出現の物語だと思えば、もっとこの物語を楽しめるのではないだろうか、と20年ぶりに読み始めて思っている。
それでも、時々どうしても巻末の用語集を見返してみたくなってしまうのだけれど、それも楽しみの一つだと思えばいいのかもしれない。新しい世界を知るには、どうしてもその世界で通用している言葉を知らなければいけないのだから。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

続編の復活を待ち望みます!

2003/11/29 14:45

2人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:あいねこ - この投稿者のレビュー一覧を見る

「砂の惑星」「砂漠の救世主」「砂丘の子供たち」の全三部作。中学生の頃、石森章太郎の挿絵に惹かれて読み始めて以来、30半ばになる今まで数え切れないほど読み返しています。墓場までもっていくつもりの小説です。
この三部作に続いて「砂漠の神皇帝」「砂漠の異端者」「砂丘の大聖堂」が発刊されていたのですが、なぜか今は絶版。
わたしのデューンシリーズはいまやボロボロです。なんとか再版出来ないものでしょうか? 出来れば新しいものに買い換えたいのに!!
三部作以降の作品が大変面白いんです。みせかけだけの愚かさに真の姿を隠していたベネ・トライラックス、ダンカン・アイダホのゴーラ、そして恐るべき能力をもつ「誇りある女たち」。そしてダンカンが幻にみる謎の二人の老男女…。しかしもっともっと面白くなりそうなところでハーバード氏が亡くなられてしまい、未完のまま終わってしまいました。

絶版になっている部の復刻版をぜひ出してください、お願いします!!

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

SF上級者?にお奨めします

2003/02/13 14:14

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:kokusuda - この投稿者のレビュー一覧を見る

アラキス…砂丘…砂漠の惑星。
ポウルの夢に一面乾ききった死の世界が広がる。
そこが、彼がこれからの一生を過す所なのだ——
アラキスは苛酷な星ではあったが同時に唯一の老人病特効薬メランジの宝庫でもあり、
皇帝の直命を受けたアトレイデ公爵にとって、そこを仇敵ハルコンネン家にかわって
支配することはこの上ない名誉と富を意味した。
一人息子ポウルに、より豊かな未来を継がせるのだ。
ハルコンネンの復讐の罠を、皇帝の恐るべき奸計を、充分承知しながら公爵はあえて
砂の惑星に乗り込んでいく…!(巻頭解説より)

1984年に映画にもなった大作SF小説です。謎に満ちた世界観、思わせぶりな
登場人物、難解な社会設定、不可思議な小道具…、用語集が必要なほどとっつき
難い作品です。
しかしながら、デューンの世界に嵌まり込むと抜け出しがたいほどの魅力に満ちて
います。
この第1作は4巻に分けて出版されるほどの分量ですが私は一気に読んでしまい
ました。
ストーリーは隠喩と指示語で進んでいくので非常に難解な文章になっています。
日本語訳は困難であったと思われ、訳者の矢野徹さんの苦労が偲ばれます。
少なくとも小説をあまり読まない方が最初に読むSFとしては不適当です。
しかし、SFマインドは素晴らしいものがありますね。SF者にはこたえられない
作品です(笑

作者のフランク・ハーバートは1986年に亡くなっていますが息子のブライアンが
完結を目指して新シリーズ「Dune 公家(ハウス)アトレイデ」を書いています。
父親に比べてストレートな表現が多くプロットもひねりが少ないので少しは読み
やすくなっています(味が無い、芸が無いとも言いますが…)。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2008/08/27 05:12

投稿元:ブクログ

ベネゲセリットはガンダムでいうニュータイプと同じものですね。
洞察力の異常に拡大した人間。

北欧神話でいえばセイズが近いかも。

2006/02/15 11:47

投稿元:ブクログ

バイブル。
文庫本で4分冊になっているが、デューンシリーズの中では一番読みやすいのがこれだ(笑)
矢野徹の訳は賛否両論あるようだが、私は名訳だと思うし、物語の雰囲気にも合ってると思う。
これと「砂漠の救世主」「砂丘の子供たち」の三部作が本来のデューンの物語だと言えるし、通して読むとフランク・ハーバートがデューンで何を描こうとしたのかがよくわかるだろう。

2012/10/04 23:12

投稿元:ブクログ

映画ではざっくりとしか紹介されてなかった(ような気がする)設定や人物が細やかに描かれている。制限が多い環境で生きる人間、砂の惑星の主であるサンドウォーム等、「風の谷のナウシカ」にも通じる環境系SFの序章。

2008/08/05 16:28

投稿元:ブクログ

*芹沢高志さん
http://artdrops.exblog.jp/6047431にて本人おススメの本です。

2010/05/22 20:01

投稿元:ブクログ

砂に囲まれた国の王位継承の陰謀劇だと思ってたら香辛料を巡ってのはなしっぽかった。石森正太郎のイラストで揃えてみたものの・・・・。(笑

2016/04/20 19:34

投稿元:ブクログ

まだ導入なので面白くはなかった。このたくさんまき散らされた伏線が今後どう回収されていくのかに期待したい。

2012/08/05 08:07

投稿元:ブクログ

中学以来の再読。

砂漠の惑星で繰り広げられる陰謀、妖計、罠・・・こういうの苦手なのだけど。派手なシーンはまったく無いが、真夏の夜の寝苦しさの中で読むと雰囲気抜群。

砂漠での生活は水がない。砂漠の民は、個人の水分を全てリサイクルできるスーツを着ている。Diverとしてはそこもつらい。過酷な世界を精緻に描いたエコロジー作品として有名だったようです。エネルギーも水という資源も大事にしなければいけない今、このうだるような真夏にこそ読む。

面白いのかそうでないか、やっぱりわからないまま2巻へ突入。

2011/08/17 14:39

投稿元:ブクログ

何度も読んだ名作。エコロジーSF の原点。特殊で限定された自然環境下での生命描写、王家同士の政治劇、主人公の復讐と成長、男性と女性の戦いなどが複雑に絡み合う大作。ジャーゴンの嵐。最初は巻末用語集と本編の往復は要覚悟。

2016/06/27 20:36

投稿元:ブクログ

若干読みにくい訳だと感じ難儀したが、読み進むに従い、文体の味わいが深まってくる。新訳でなく、続きもぜひともこちらの訳で読みたい。

2014/01/19 11:44

投稿元:ブクログ

デューンシリーズの1 この時代にこの構成力、正真正銘の名作 
表紙   5点映画のカバー
展開   8点1965年著作
文章   7点
内容 880点
合計 900点

ハヤカワ文庫 SF ランキング

ハヤカワ文庫 SFのランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む