詳細検索
注目のキーワード:
池井戸潤
百田尚樹
有川浩
アンと青春
ガソリン生活
精霊の守り人
真夜中のパン屋さん
幸せになる勇気
ONE PIECE
鬼灯の冷徹

全品ポイント2倍(0620-30)

  1. hontoトップ
  2. ネットストア
  3. 文庫
  4. デューン砂の惑星 改訂版 3

デューン砂の惑星 改訂版 3(ハヤカワ文庫 SF)

  • 発行年月:1990
  • 出版社:早川書房
  • レーベル:ハヤカワ文庫 SF
  • サイズ:16cm/442p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-15-010088-9

文庫

  • 国内送料無料

デューン砂の惑星 改訂版 3 (ハヤカワ文庫 SF)

フランク・ハーバート (著), 矢野 徹 (訳)

紙書籍

929 ポイント:8pt

発送可能日: 購入できません

欲しい本に追加する | 本棚に登録する

商品説明

【星雲賞海外長編部門(第5回)】【「TRC MARC」の商品解説】

このセットに含まれる商品

前に戻る

  • 対象はありません

次に進む

おすすめ商品

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前に戻る

  • 対象はありません

次に進む

予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

ユーザーレビュー

全体の評価 4.2
4.2
評価内訳 全て(5件)
★★★★★(3件)
★★★★☆(1件)
★★★☆☆(1件)
★★☆☆☆(0件)
★☆☆☆☆(0件)

この商品に関するあなたの感想やご意見をお寄せください。 レビューを書く

並び順を変更する :
評価の高い順
役に立った順
投稿日の新しい順
評価の低い順

起承転結の転にまできました

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

2005/08/28 18:05

評価5 投稿者:みなとかずあき - この投稿者のレビュー一覧を見る

長い物語の展開部にあたる1巻です。
ポウルと母ジェシカが砂漠をさまよい、導かれるようにしてフレーメンに出会い、二人ともに彼らに受け入れられていく過程が描かれています。いくつかの儀式が印象的です。
ところどころハルコンネン家の話が織り込まれ、これで次には対決が見られるのだなということを教えてくれます。
確かにエコロジーを想像させるところも見られますが、それよりも1人の少年の成長の物語の面や救世主物語の面を楽しむほうが、長い物語を読み通すには適しているのかもしれません。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

評価4 投稿元:ブクログ

2012/10/22 13:26

逃避行を続けるポールとジェシカが、砂漠の民・フレーメンに受け入れられまでの巻。砂漠と異文化という組み合わせ、ジハドという単語などからはどことなく中東が連想される。それはそうと、挿絵の代わりにところどころ挟まれている映画のシーンに全く見覚えがない...。

評価3 投稿元:ブクログ

2016/04/22 20:48

なんでかわからないけどあっという間に読める。読んでてこっちが先なのは知りつつもスターウォーズっぽいなーと思っていたら、こっちが一部元ネタになっていたらしい。砂漠でのサバイバルと砂漠の民に受け入れられるまで。きっとこれから大きな陰謀と戦うのでしょうな。将来地球がほんとに水不足になったら、わりと近い未来があるんじゃないのだろうかと思ったり。

評価5 投稿元:ブクログ

2012/08/14 09:49

アトレイデ家の最後の生き残りポールとその母ジェシカ。砂漠の民フレーメンに身を隠す。全長400mにもおよぶワームの襲撃を逃れながらの灼熱の砂漠の逃避行と、大スペクタクルの連続です。

でも、今回のテーマは異文化との衝突。水が全ての起点となるフレーメンにいかに受け入れてもらえるか。ポールとジェシカの適応しようとする姿がすさまじい。過酷な環境では死者の体の水分までが社会の共有資源としてリサイクル・配分されます。そのような根底の違いを、気持ち悪いとか一方的な善悪の判断によって断罪して自分の世界を押し付けることをせず、違い・文化として尊重することから理解が始まっていく姿を描いていきます。これこそが、真のグローバルな思想ではないでしょうか?最近読み返した「火星年代記」は人間って、そもそもそういううことができないオロカな生き物なのよねって哀しみをこめて描いているのと対照的で、興味深いです。

設定は惑星級ですが、このような文化や慣習の衝突は、国家間の関係から、友人、夫婦間の関係にいたるまで日常でもあふれているわけで、いまさらながらハッとします。

再読して良かった。これは傑作!

評価5 投稿元:ブクログ

2014/01/19 21:15

デューンシリーズの3  
表紙   5点映画のカバー
展開   8点1965年著作
文章   7点
内容 880点
合計 900点

レビューをもっと見る

この著者・アーティストの他の商品

前に戻る

  • 対象はありません

次に進む

お気に入り登録
(新刊お知らせメール)

この著者の新着情報
  • 受け取る
  • 受け取らない

こんにちはゲストさん

新規会員登録(無料)

ログイン

買い物カゴを見る
通販商品(計0点)
電子書籍(計0点)

Copyright (C) 2Dfacto,Inc.