詳細検索
注目のキーワード:
池井戸潤
百田尚樹
有川浩
アンと青春
ガソリン生活
精霊の守り人
真夜中のパン屋さん
幸せになる勇気
ONE PIECE
鬼灯の冷徹

全品ポイント2倍(0620-30)

  1. hontoトップ
  2. ネットストア
  3. 文庫
  4. Yes・yes・yes

Yes・yes・yes(河出文庫)

  • 発行年月:1992.7
  • 出版社:河出書房新社
  • レーベル:河出文庫
  • サイズ:15cm/248p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:4-309-40340-9

文庫

  • 国内送料無料

Yes・yes・yes (河出文庫)

比留間 久夫 (著)

紙書籍

508 ポイント:4pt

発送可能日: 1~3日

欲しい本に追加する | 本棚に登録する

商品説明

【文藝賞(第26回)】【「TRC MARC」の商品解説】

このセットに含まれる商品

前に戻る

  • 対象はありません

次に進む

おすすめ商品

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前に戻る

  • 対象はありません

次に進む

予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

ユーザーレビュー

全体の評価 3.6
3.6
評価内訳 全て(14件)
★★★★★(2件)
★★★★☆(4件)
★★★☆☆(6件)
★★☆☆☆(1件)
★☆☆☆☆(0件)

この商品に関するあなたの感想やご意見をお寄せください。 レビューを書く

並び順を変更する :
評価の高い順
役に立った順
投稿日の新しい順
評価の低い順

今読んでも斬新な青春小説

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

2001/12/10 17:18

評価4 投稿者:Eni - この投稿者のレビュー一覧を見る

 ジュンは自分の中に〈歌〉がないのに気付き、とことんまで傷付きたくて男娼の世界に足を踏み入れる。特異な環境に見えるけれども、そこで繰り広げられる物語の数々や、ジュンの心情の動きはまさしく青春小説である。
 ジュンはYes,yes,yesの名の通り自分を肯定出来るのかそれとも———。
 文体は軽妙、会話もリズミカルで読み易い。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

綺麗な体がうらやましいぞ、こら。

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

2003/02/01 21:33

評価3 投稿者:あかり - この投稿者のレビュー一覧を見る

少年は、16才にして自分の中の空虚に気付き、家を飛び出す。内から溢れるものが何もなく、歌いたいこともない。どうしてそう思ってしまったのか、自分をそんなふうに決めてしまわなくてもいいのにと思う。それで少年は夜の世界に足を踏み入れ、男娼となる。
自分をわざとヒドイ状況に置いてみたくなったのだ。

自分で身を落とすことは、不幸とはいわない。自分の意志で行動する限り、それは自由だし、幸せともいえる。だから、私は少年が何を言ってもしても、心が芯から揺さぶられることはなかった。どっちかというと、綺麗な顔と体を持っているらしい少年がねたましいくらいだ。

自分を空しく感じた時、どこに向かっていくかは、人それぞれだろうけど、まったく逆方向を行く人のことは、あんまりわかってあげられないと思う。
わたしはあんたよりは前向きに人生生きてるよ、とひとりごちたわたしでした。

少年が、へんに冷静でたんたんとしているので、無機質な空気があり、熱いシーンも
湯気はない。ガラスを隔てたむこうのお話という感じ。文章は少年の一人称語りで、
誰かに話しかけている口調だ。今までのことを思い出しながらふふっ。なんて笑ったりして。これは1980年代の作品なので今の感覚からすると、もうこういう男の子はいないかもなあと思った。

ひとつ、男同士のセックスについて詳しくなれるというおまけがある。おまけというのは、ソレが目当ての小説じゃないからだ。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

とことん落ちていけばいい。

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

2002/07/18 17:15

評価3 投稿者:絢子 - この投稿者のレビュー一覧を見る

17歳の少年が足を踏み入れたゲイ・ホモセクシュアルの世界。
1989年刊行当時、かなりの話題をさらったという。が、今の視点で読むと、もはやこのテーマは語り尽くされてしまった感を否めない。
17歳の少年の空虚な心の叫び、落ちるところまでとことん落ちていけばいい、と自分を突き放す。初めて少年が醜い中年男性を受け入れる時の描写などはなかなか艶かしい。しかし読んでいても「なるほど、これは10数年前なら衝撃的だったのかもしれないな」とやけに醒めた気持ちになってしまう。別に、衝撃的な描写を売りにした小説でないことは分っているし、一番作者が書きたかったことはきっと内面の揺れなんだろうと思うが。
時代性を感じる青春小説は好きだ。分かれ目は、読んでいるときに古さを感じるか、新鮮な気持ちでもって感動できるか、だと思うがこの作品は私にとってはどうも前者のほうであった。「歌舞伎」のママとのエピソードなんか可笑しくて心が痛むような絶妙な感じだったんだけど。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

評価5 投稿元:ブクログ

2006/12/14 10:46

一度自分を壊す為に男娼となるジュン。壊した先には何が見えたのか。体を切り売りしながらも、冷静に周囲を見つめるジュンの眼差しはどこか優しく、そのアンバランスさが胸を打つ。

評価3 投稿元:ブクログ

2006/08/26 23:02

男娼を生業とする青年たちの話。
虚無と高揚。
生活の糧としての肉体関係と淡い気持ち。
男性作家によるゲイの話。

評価4 投稿元:ブクログ

2011/07/20 19:41

p9「僕は自分を壊そうと思ってここに来た。ぼくは一回バラバラに壊れる必要があったのだ。」
■1980年代後半に描かれたお話のようで。
夜の街で“ボーイ”として身体を売る少年と、その周りの少年たちの話です。
描写は直接的ですが、濃厚というより説明的。
しかしBL的な感覚で読むと少し違和感が生まれますのでご注意。
現実的というか、主人公のジュンの淡々とした虚な感じが切ない。
でも凄く暗い話って訳でもないのが救い。愛の無い性描写と行為を“仕事”ととする彼らの描写は新鮮でした。

とりあえず『ノスタルジア』で出てきた千裕は男の娘で妄想した。
千裕かわいいよ千裕。そしてあの夢は何を示しているんだろう。


個人的に残しておきたい台詞が
『ユタカのモノローグ』よりp135「だってやってる方よりやられてる方が美しいっていうのは人類誕生以来の心理ってやつだろう?」
あと柿沼瑛子さんの解説p243「だったらなんだって男同士のベッドシーンに女の子が熱狂するのかといわれれば、彼女たちがむしろ男だからこそ何をしても許される、ある意味では人と人とのもっとも根源的なかかわり方の実験室としてとらえているからではないかと思う。」

評価5 投稿元:ブクログ

2008/01/13 01:53

男娼の少年が主人公って言うのに興味を持って・・・。
確かに事後処理の様子とか結構衝撃的かも。 識と千裕も好きです。エデンとかナルシスとかそういう葉遣いがちょっと独特でちょっと苦戦。尾崎豊とか好きそうなイメージです作者←

評価4 投稿元:ブクログ

2010/02/17 15:31

僕は男に愛しさみたいなものを感じてきている。
お願いだから、もっと汚く、ひどく、僕を侵してくれ。
薄汚い欲望で僕を壊すほどに踏み躙ってくれ。
僕はシーツから男の背中に手を回した。
目を開け、天井の鏡を見ようとした。
が、僕を映す鏡はもうどこにもなかった。
僕はただ、ただ、こう叫んでいた。
「うん、とっても、とっても気持ちいい!」

はははっ、この気持ちに嘘はない。

評価3 投稿元:ブクログ

2011/12/03 21:47

読んだのは文庫じゃなくて新書のほう。
この本、出版当時にも読んだことがあります。
当時中学生だったか、小学校高学年だったか…
当時はただどぎつい本としか思わなかったけど、今読んでもやっぱりどぎつかった 笑

評価2 投稿元:ブクログ

2011/01/14 21:56

初めから衝撃的な表現があり戸惑った。自分を壊そうと思って男娼になった僕、ジュン。 
内容がきわどいわりには文章全体に透明感を感じた。

評価4 投稿元:ブクログ

2011/04/06 21:46

バンドで歌を歌っていた主人公ジュンは、自分の歌の中身が空っぽであることに気付く…虚っぽな自身を一度壊してしまえ。と思ったジュンは、夜の街で男娼として体を売ることに、、、
というなかなかに刺激的な内容です。
ジュンはゲイではなく、普通の男性としての感覚がありつつも、男の客に人形の様に乱暴に扱われる事に快楽を覚えたりと…
でも熱っぽく身体を合わせているのに本人は自暴自棄に冷めてたりするのでその落差にちょっと切なくなったりします。

評価3 投稿元:ブクログ

2012/09/30 00:58

男娼として男に体を売る少年の話。表現に独特の言葉を使っているわりに、描写は直接的。特に注意書きなどはないけれど、これ読めない人もいるんじゃないだろうか。そういう特徴的なところを引き算すれば、バブル期の退廃的、刹那的な雰囲気がそこかしこから漂う物語。

評価3 投稿元:ブクログ

2013/03/09 15:36

この作者は美少年だったんだけど、ゲイではなくて、ノンケだったそうだ。
そういうノンケが新宿2丁目で売り専ボーイをしていて、ノンケの好きなホモセクシャルの人が買っていた、という物語。
この作者は今、どこで何をしてるんだろう?と思ったら、作家は辞めてた。
作家じゃ食えないから、って。
それに、もともと本をそんなに読むほうじゃなかったみたい。
しかも、もう53歳?くらいになってるらしい。
衝撃だった。
ノンケで売り専ボーイだった美少年が53歳に!
トレーダーやってるんだって。
鎌倉で暮らしてるって。
ノンケだってことは、結婚とかしたのかな?
HP見る限り、独身みたいな気もするけど。

・・・その後、HPをよく読んでみたら、結婚して、息子が高2だって!

高2の息子は、『yes yes yes』を読んで、どう思うんだろう?
作家の子供って、いろいろたいへんなのではないだろうか。
三島由紀夫の息子も、せっかく一流の中高一貫校に入ったのに、途中で辞めちゃったみたいだし。だってお父さんが三島由紀夫だったら、誰だって、まともじゃいられないよ。

奥さんと、共働きかな?
トレーダーだけでは、家族が生活していけないのでは?
奥さんがけっこう稼いでいるのかもしれない。

もういちど、売り専ボーイがトレーダーになって、高2の息子と鎌倉で暮らしている小説を書いてほしい。
それぞれの瞬間に、その一瞬しか書けない、何かがあるはずだ。

このHPも、ホントに、本人が書いてるのか、定かではないけど。
オレは、ホントだと思う。
http://chao213.blog.shinobi.jp/

評価0 投稿元:ブクログ

2015/01/29 05:28

10代の頃に自分の中に何もない気がして自分を壊したくなったけど、いまだに中身はそんなに変わってないのかも。40もとうにすぎて、手にしたのは未整理の経験と自動化された要領だけだとすれば、何も生み出せそうにない。これからも、主人公のようにいろんな人に会って衝撃的に生きていきたいなぁ。男同士のセックスが出てくるし、表現の陳腐さが目立つけど、89年刊行だし。そのころにも読んだ文藝賞受賞作でした。

レビューをもっと見る

この著者・アーティストの他の商品

前に戻る

  • 対象はありません

次に進む

お気に入り登録
(新刊お知らせメール)

この著者の新着情報
  • 受け取る
  • 受け取らない

こんにちはゲストさん

新規会員登録(無料)

ログイン

買い物カゴを見る
通販商品(計0点)
電子書籍(計0点)

Copyright (C) 2Dfacto,Inc.