詳細検索

経済ビジネス ポイント5倍(0601-05)

  1. hontoトップ
  2. ネットストア
  3. 小説・文学
  4. 指輪物語 新版 3 第一部 旅の仲間 下1

指輪物語 新版 3 第一部 旅の仲間 下1

  • 発行年月:1992.7
  • 出版社:評論社
  • サイズ:15cm/246p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:4-566-02364-8

文庫

  • 国内送料無料

指輪物語 新版 3 第一部 旅の仲間 下1 (評論社文庫)

J・R・R・トールキン (著), 瀬田 貞二 (訳), 田中 明子 (訳)

紙書籍

756 ポイント:7pt

発送可能日: 1~3日

欲しい本に追加する | 本棚に登録する

このセットに含まれる商品

前に戻る

  • 対象はありません

次に進む

「指輪物語 新版 3 第一部 旅の仲間 下1」が含まれるセット商品

指輪物語 文庫版 10巻セット

指輪物語 文庫版 10巻セット

  • J.R.R.トールキン 〔著〕
  • 評価4.6レビュー:34件
  • 税込価格:7,77672pt
  • 発送可能日:1~3日

おすすめ商品

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前に戻る

  • 対象はありません

次に進む

予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

ユーザーレビュー

全体の評価 4.3
4.3
評価内訳 全て(31件)
★★★★★(11件)
★★★★☆(11件)
★★★☆☆(5件)
★★☆☆☆(0件)
★☆☆☆☆(0件)

この商品に関するあなたの感想やご意見をお寄せください。 レビューを書く

並び順を変更する :
評価の高い順
役に立った順
投稿日の新しい順
評価の低い順

旅の仲間結成、そして…

2人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

2005/01/19 19:44

評価5 投稿者:tomojp - この投稿者のレビュー一覧を見る

本書は黒の乗り手に襲われ重傷を負ったフロドがエルロンドの館で目を覚ますところから始まり、エルロンドの会議で指輪の処遇と旅の仲間が決められ、旅に出るまでが前半になっています。
そして後半でモリアの地下宮殿に入り、出口を探す途中までで話が終わります。

映画と比較すると、より登場人物の心情を細かく描写していて、個々人の心の変化を理解することができます。
指輪の処遇と中つ国の歴史を知る上で重要な1冊になっています。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

旅の始まり。

1人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

2002/02/25 14:58

評価4 投稿者:みやぎあや - この投稿者のレビュー一覧を見る

 指輪物語の映画化「ロード オブ ザ リング」の試写会に行き、その面白さにつられて原作本を何冊か読んだ。本作は三冊目。この巻で主人公のフロドと仲間たちの旅が始まる。物語として面白くなってくるのもここからだろう。ただ、正直言うと「〜でした」「〜しました」というデスマス調の文章が読み難く、さらっと物語に入れる感じではない。登場人物や聞き慣れない用語が多いのも、ファンタジーを普段読まない人にはキツイかも。
 原作に向かって映画を見てからが良い、なんて言うのは本末転倒な気もするが、個人的にはそちらをオススメしたい。登場人物も多く名前を覚えるのにも混乱するため、映画でちょっとイメージを固めてから手を出すのも良いのでは?

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

評価3 投稿元:ブクログ

2004/11/04 13:13

徐々に勢い良く話しがすすで行き読む立場もスルスルっと物語の中に引き込まれてきました 旅の仲間ではフロド・サム・ピピン・メリーの旅の序盤が描かれ、この後どうなるの?という興味がわいてきます

評価4 投稿元:ブクログ

2008/11/13 00:25

※旅の仲間が集結。本格的な冒険が始まります。
映画を見た後に読むと、実はいろいろあったんだなぁと思うことがたくさんありますね。

評価5 投稿元:ブクログ

2006/03/27 15:18

小学生の私を一気にファンタジーの世界に引き込んだ作品。最近は映画で知られてるけど、あの世界観をあの時代に作ったこと自体がすごい。

評価4 投稿元:ブクログ

2006/06/16 19:19

ホビットたちの使命が実はけっこう大変なものだということがヒシヒシ伝わってくる。エルロンドの館を出てからの苦労は「ひたすら忍耐」の世界で読んで想像するだけでもしんどい。個性的な仲間たちが素敵。

評価5 投稿元:ブクログ

2011/07/03 10:26

映画見た時に、このシーンが一番好きだった。
フロドが「僕が・・・」って言うシーン。

指輪物語の醍醐味ってここに尽きると思う。
大魔法使いも、エルフもドワーフも、王族も戦士も尻込みする大仕事。
その中で手を挙げる小さいドワーフ。
自信なんて全然ないのに、本当は早くおうちに帰りたいのに、でも虚勢を張るわけでもなく、おずおずとなけなしの勇気を振り絞って。

だからこそ皆ひとつの目的に向かって行けたんだろうな。
「どうしたってだれか一人知恵者が加わってないとね」

評価5 投稿元:ブクログ

2013/09/02 09:49

(2003.01.31読了)(2003.01.28購入)
(「BOOK」データベースより)amazon
恐ろしい闇の力を秘める黄金の指輪をめぐり、小さいホビット族や魔法使い、妖精族たちの、果てしない冒険と遍歴が始まる。数々の出会いと別れ、愛と裏切り、哀切な死。全てを呑み込み、空前の指輪大戦争へ―。旧版の訳をさらに推敲、より充実して読みやすく美しい、待望の「新版」。

☆関連図書(既読)
「新版 指輪物語(1)旅の仲間」J.R.Rトールキン著・瀬田貞二訳、評論社文庫、1992.07.30
「新版 指輪物語(2)旅の仲間」J.R.Rトールキン著・瀬田貞二訳、評論社文庫、1992.07.30

評価5 投稿元:ブクログ

2014/05/20 02:08

原作を全部読み終わってから映画を観ようと思ってたんですが、ついこの間映画の旅の仲間だけ観てしまった…。
でもそのおかげか、「あ このシーンはあの場面だ」と思いながら読めるから案外すらすら読み切ることができた。
映画先の方がやっぱとっつきやすいのだろうか…。

今回は旅の仲間9人が全員集まってやっと指輪を捨てるための旅がスタートしたところ。
やっぱガンダルフはいてくれるとだいぶ心強い。
ビルボにやっと会えたのは良かったけど、取りつかれてるさまが痛々しい。
映画でもこのシーンはびくっ!とした…。
そしてバーリン…。

評価5 投稿元:ブクログ

2015/08/13 00:44

9人揃ってやっと出発。馳夫さんの笑顔ったら。
そうか、バーリンのお墓だったんだ…と、映画の場面を思い出す。よく分かってなかった。ホビットあとから観たし。
映画のおかげで読みやすいし、映画の補完にもなる。
やっぱりどっちも味わっとくべきだな。

評価0 投稿元:ブクログ

2011/01/05 12:11

指輪物語、実家に全巻持ってるけど、実はちゃんと読んだことなかったので再挑戦中。
確か本を買い揃えたのは中学生の頃だったかと。
当時、「馳夫さん」の音の響きに阻まれ、上2巻の途中で挫折。
今読むと、このちょっと古風な言葉の感じが良かったり。で、無事旅の仲間下巻に突入中。

訳者の瀬田 貞二さんはあの、「お父さんのラッパばなし」の作者だったのね。
小さい頃大好きで、何度も読んだ本。

評価4 投稿元:ブクログ

2010/01/27 01:04

この巻から特に面白くなってきたと思います。出会いと別れ、裏切りや死が交錯します。指輪をめぐる戦いが徐々に激しくなってきますが、まだまだこれからで、先がとても気になりました。

評価3 投稿元:ブクログ

2010/01/15 17:37

指輪のせいで果てしない冒険が始まる。裏切り、死、冒険とロマンすべてがまだ始りにしかすぎないのが怖かった。

評価0 投稿元:ブクログ

2013/04/23 10:37

この巻はモリアに尽きるよね。
洞窟とか好きだけど、これは読んでるとさすがに息苦しくなる。

ところでどりは、RPGとかでいつも、まずは魔法使い系のジョブを選んでしまうのだが、やはりガンダルフの影響かのう。
馳男さんも好きなんじゃがのう。
あ、あと弓系のジョブも好きだな……とか考えると、やはり指輪物語の影響は大きいな(笑)

評価4 投稿元:ブクログ

2014/10/26 01:18

前巻から期間が空いちゃったけどやっと読み終わった…
映画で見た裂け谷は綺麗だったけど、文で読むと本当に美しい場所なんだと想像できる。会議の様子、映画と違って割と淡々と進行してたのね…
モリアの坑道が意外と長くてびっくり。井戸のアレで落ち込むピピンは原作でも映画でも可愛い!バーリンまだかなぁとずっと待ってたんですが、最後の最後で悲しい締めくくりでちょっと涙出そうになった。

レビューをもっと見る

この著者・アーティストの他の商品

前に戻る

  • 対象はありません

次に進む

お気に入り登録
(新刊お知らせメール)

この著者の新着情報
  • 受け取る
  • 受け取らない

こんにちはゲストさん

新規会員登録(無料)

ログイン

買い物カゴを見る
通販商品(計0点)
電子書籍(計0点)

Copyright (C) 2Dfacto,Inc.