サイト内検索

詳細検索

経済・ビジネス・コンピュータ・新書 ポイント2倍(~9/4)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. 文庫
  4. マキアヴェッリと『君主論』
マキアヴェッリと『君主論』(講談社学術文庫)

立ち読みする

hontoアプリの確認

立ち読みには最新の「honto」アプリ(無料)が必要です。

  • バージョンの確認はアプリの「設定/情報」から確認できます。

最新の「honto」アプリをご利用の方

立ち読みする

最新の「honto」アプリをダウンロードされる方

hontoビューアアプリ

  • みんなの評価 5つ星のうち 4.2 6件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:1994.1
  • 出版社: 講談社
  • レーベル: 講談社学術文庫
  • サイズ:15cm/328p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:4-06-159109-6

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

  • 国内送料無料
文庫

紙の本

マキアヴェッリと『君主論』 (講談社学術文庫)

著者 佐々木 毅 (著)

マキアヴェッリと『君主論』 (講談社学術文庫)

1,134(税込)

マキアヴェッリと『君主論』

1,026(税込)

マキアヴェッリと『君主論』

ポイント :9pt / 紙の本より108おトク

電子書籍をカートに入れる

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認くださいヘルプ

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
iOS EPUB 無制限
Android EPUB 無制限
Win EPUB 無制限
Mac EPUB 無制限

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー6件

みんなの評価4.2

評価内訳

  • 星 5 (1件)
  • 星 4 (1件)
  • 星 3 (3件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

2005/07/19 23:40

投稿元:ブクログ

「君主論」全訳、さらにマキアヴェッリの時代背景・伝記的な部分まで含まれている。
岩波よりこっちのほうが、理解は深まります。

2007/05/01 11:21

投稿元:ブクログ

マキアヴェリの生涯についての解説と、『君主論』の訳・解説の二本立て。前者はかなり微細な事項まで書かれているので、『君主論』だけ読んでみたいという向きは読み飛ばしても可。君主論の訳はこなれていて読みやすい。
なんらかのグループでリーダーの立場にある人が読めば、役に立つ箴言が見つかるだろう。

2014/03/06 22:06

投稿元:ブクログ

当然ながら昔のイタリア人の名前が多く出てくるのだが馴染みがない文字列なので覚えにくかった。
マキャベリの書いた事自体は思ったよりも普通でしたが、当時の人には驚愕で迎えられたのでしょう。
前半がイタリア史とその中でのマキャベリ、後半がマキャベリの書いた君主論と言う構成です。

2009/04/08 21:48

投稿元:ブクログ

20081024
マキャベリ本。
今となっては特に驚くべきことは書かれていない。
ナイーブな人なら新鮮だろうけどね。

2014/11/01 06:58

投稿元:ブクログ

[ 内容 ]
小国分立し戦乱が絶え間なかったルネサンス期イタリアにあって、マキアヴェッリは権力の本質、その獲得と維持の方法、喪失の原因を追究した。
政変により2度も追放の憂き目を見る数奇な運命のなかで、彼が著した『君主論』は近代政治学の嚆矢となる。
本書はマキアヴェッリの主著『君主論』を全訳するとともに、その生涯をとりまく華麗な歴史群像を描写しながら思想形成の背景を明らしにした力作である。

[ 目次 ]


[ 問題提起 ]


[ 結論 ]


[ コメント ]


[ 読了した日 ]

2011/10/02 13:05

投稿元:ブクログ

<きっかけ>
先に読んだ本「選ばれるプロフェッショナル」で紹介されていた。

<学んだもの>
リーダーが備えるべき資質、取るべき配慮・行動

<内容/感想>
前半でマキアヴェッリの人生、後半で君主論の和訳を記述。
前半を受けて後半を読む構成はとても良かったが、前提知識がない中では前半の文章が非常に読みづらかった。後半はすっきり明快。

あるべき君主像を論じるというよりは、「傭兵は用いない」「万人受けを狙わない」「人に憎まれることだけは避ける」など、新しく君主になる際に気をつけること、君主になった後に気をつけることといった、君主が取るべき配慮や行動について具体的・実践的に記述されている。

講談社学術文庫 ランキング

講談社学術文庫のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む