サイト内検索

詳細検索

送料無料

小説&文庫&ラノベポイント2倍(~7/31)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. 文庫
  4. 瑠璃色のステンドグラス
瑠璃色のステンドグラス(光文社文庫)

立ち読みする

hontoアプリの確認

立ち読みには最新の「honto」アプリ(無料)が必要です。

  • バージョンの確認はアプリの「設定/情報」から確認できます。

最新の「honto」アプリをご利用の方

立ち読みする

最新の「honto」アプリをダウンロードされる方

hontoビューアアプリ

  • みんなの評価 5つ星のうち 3.7 5件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:1995.9
  • 出版社: 光文社
  • レーベル: 光文社文庫
  • サイズ:16cm/310p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-334-72100-8

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

  • 国内送料無料
文庫

紙の本

瑠璃色のステンドグラス (光文社文庫 杉原爽香シリーズ)

著者 赤川 次郎 (著)

瑠璃色のステンドグラス (光文社文庫 杉原爽香シリーズ)

576(税込)

瑠璃色(るりいろ)のステンドグラス~杉原爽香 二十二歳の夏~

540(税込)

瑠璃色(るりいろ)のステンドグラス~杉原爽香 二十二歳の夏~

ポイント :5pt / 紙の本より36おトク

電子書籍をカートに入れる

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認くださいヘルプ

  • iOS
  • Android
  • Win

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
iOS XMDF 無制限
Android XMDF 無制限
Win XMDF 無制限

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー5件

みんなの評価3.7

評価内訳

  • 星 5 (1件)
  • 星 4 (1件)
  • 星 3 (2件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

2006/12/12 01:38

投稿元:ブクログ

爽香22歳です。

毎度のことですが・・・
明男、、、本当になんてやつだ。
お前は全部自分で問題起こしてんだから、自分で解決しろ。
爽香に頼るんじゃね〜よ!
って、誰か怒ってくれたらいいんだけど、誰も言ってくれないのでストレスが溜まります。
何で皆して明男を甘やかすんでしょう。

2011/07/03 22:48

投稿元:ブクログ

有名な作家の裏側をえぐるように描写している。
赤川次郎とはまったく違う人物で、自分の対極を描いたのだろう。

今回も、杉原爽香が活躍する。
どこから、こんなに楽天的な人物が描けるのだろうか。
誰がモデルになっているのだろうか。

解説を書いているファンクラブの人だろうか。

2016/01/24 14:34

投稿元:ブクログ

シリーズ第8弾です。姉と心中したはずの婚約者が人気小説家となって、妹良江の前に現れます。このシリーズに出てくる男の人ってどうしようもない人が多いです。今回は小説家の五十嵐さん。読んでいて、イライラしました。なんで、みんなこんな人の事好きになるんでしょうか。。彼女でもないのに、何かあったときにだけ頼ってくる、明男にイライラ。爽香は優しすぎて苦労が絶えないですね。

2013/03/31 19:24

投稿元:ブクログ

爽香シリーズ、第8弾。杉原爽香、二十二歳の夏。「姉と心中したはずの男が、生きていた」爽香が通う大学の“事務室のアイドル”和田良江は、講演に来た新人作家・五十嵐武士を見て愕然とする。姉と心中したはずの男が・・・しかも、五十嵐は婚約者と一方的に別れて良江に急接近してきた。相談をもちかけられた爽香も、愛と憎しみの渦の中に巻き込まれる。爽香は、野崎さんと交際。明男は教授の奥様と噂。1995年9月12日発売。

2013/06/10 22:36

投稿元:ブクログ

深くはないが、自然に読める作品。相変わらず事件に巻き込まれる爽香と運命に翻弄されつつ一生懸命に生きる脇役たち。もう少し脇役たちを幸せにしてあげてほしいとも思いますが(笑)

光文社文庫 ランキング

光文社文庫のランキングをご紹介します一覧を見る