サイト内検索

詳細検索

送料無料

全品ポイント2倍(~9/30)

クレーの絵本
  • みんなの評価 5つ星のうち 4.5 47件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 発売日:1995/10/01
  • 出版社: 講談社
  • サイズ:18×20cm/1冊
  • 利用対象:一般
  • ISBN:4-06-207824-4
  • 国内送料無料

紙の本

クレーの絵本

著者 パウル・クレー (絵),谷川 俊太郎 (詩)

クレーの40点の絵と、谷川俊太郎の14編の詩が奏でる二重奏。クレーの絵にうながされて詩を書いてきたという谷川が、クレーの作品の奥にある深い感情を見つめ、イメージを詩で表す...

もっと見る

クレーの絵本

1,728(税込)

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

クレーの40点の絵と、谷川俊太郎の14編の詩が奏でる二重奏。クレーの絵にうながされて詩を書いてきたという谷川が、クレーの作品の奥にある深い感情を見つめ、イメージを詩で表す。【「TRC MARC」の商品解説】

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー47件

みんなの評価4.5

評価内訳

  • 星 5 (22件)
  • 星 4 (8件)
  • 星 3 (8件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

悲しいけど優しい、ひとりじゃないけど孤独・・・そんな気持ち

2005/06/28 21:28

3人中、3人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ゴン狐 - この投稿者のレビュー一覧を見る

クレーの絵は、明るい色調で描かれていても、その中にどれも暗い悲しみと静けさを湛えている。谷川氏の詩とリフレインして、クレーの絵が暗い背景から浮かび上がってくるように頭から離れない。クレーの絵の中の言葉にならない思いをすくい取って、谷川氏の平仮名ばかりで書かれた詩が響いていく。
幾つか紹介すると、「階段の上の子供」は、明るい家の外に置き忘れられた人形のような子供の絵に添えられた、伝えられない想い。見えているのに手が届かない何か、自分の身近にもある気がする。
「黒い王様」、富んでいても、貧しさで飢えていても共通の悲しみは存在する。黒い王様の人には解らない悲しみを、クレーは暗い背景に溶け込んだどこか滑稽な王様で表している。
「選ばれた場所」は、一番好きな詩。『ことば』『たましい』『ゆめ』というありきたりな言葉が、なぜか心に沈むように残っていく。
「黄金の魚」は、表紙もなっている一見きらびやかな黄金の魚だが、深遠の蒼の海に泳ぐ姿は他の魚が皆背を向けて泳ぎ去っていき、ひどく孤独に思える。谷川氏の詩にある涙が海の泡に溶けて見えるような気がする。
クレーの世界に住むことができるのは、肉体でも精神でもなく、魂だと谷川氏は述べているが、私ごときは外から眺めているだけで精一杯という気がする。クレーに興味があるというより、谷川氏が詩を付けていることに惹かれ購入したが、クレーの絵に促されて詩を書いてきた、という谷川氏の透明なイメージとはかけ離れたように思えるクレーの絵が、読み進むうち次第に調和していく。
夜寝る前の一時、声を出して読んでいると、その世界に少しは近づける気がする。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

時空を超えたコラボレートです

2005/11/19 23:53

2人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:みなとかずあき - この投稿者のレビュー一覧を見る

発売当初から気になる本でした。特に表紙にもなっている「黄金の魚」は非常に印象的で、そこに谷川俊太郎の名前を合わせて見つけると、つい手にとってしまいそうになる本でした。
でも、よく見るとこの本に収められている谷川俊太郎の詩は、いずれも過去に発表されたことのある詩ばかりでした。すでに発表された詩と有名な画家の絵を両方そろえて二度売りしているようで、それで今まできちんと読む(?)ことをせずにきてしまいました。
2005年に『谷川俊太郎詩選集3』が出版されて、その中に収められていたこの本の詩を改めて読んだ時に、何か忘れていたものを思い出したようにして、急にこの本を手にしたくなってしまったのです。
改めて読んでみると不思議な本です。単なる詩集でもありません。と言って、クレーの画集というのでもありません。谷川俊太郎の詩と、クレーの絵が互いに互いを引き立てるようにして成り立っている本です。陳腐な言い方かもしれませんが、時間を超えたコラボレートが成立している本です。
もっと早く、自分の気持ちに素直になって手にしていれば良かったと、今更ながらに思う本です。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

クレーの絵と、谷川俊太郎の詩と。まるで魔法のような

2004/05/09 14:53

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:風(kaze) - この投稿者のレビュー一覧を見る

   心の中にしずかな余韻を残してくれるクレーの絵
   gone gone それはどこへ行ってしまったの?
   美しいなげきの歌のように  gone gone 
   音もなく降り積もっていく雪のように  gone gone 
   透き通った魂の底に眠る旋律のように  gone gone 

気持ちをふっと落ち着かせ、しずめてくれる、そんなクレーの絵と
不思議にきれいなハーモニーを響かせている、谷川俊太郎の詩。
ひとりの絵描きのイマージュと、ひとりの詩人のイマージュとが、
ささやき交わし、溶け合い、織り上げながら結ばれているような。
しんとした気持ちに包まれながら、絵本の頁をめくっていきました。

表紙のクレーの絵、黄金色のおさかなの絵。綺麗でしょう?
収められた40のクレーの絵と、谷川俊太郎の14の詩の言葉。
青海原の上をわたる緑の風のように、駆け抜け、響き合っています。
湧き上がってはこぼれる泉のような、モーツァルトのオペラのような、
汲めども尽きぬハーモニー。
きらきらひかるイメージの美しさと魔法に、うっとりさせられました。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

BlueHearts

2003/12/17 00:09

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:すなねずみ - この投稿者のレビュー一覧を見る

僕がむかし付き合っていた女の子はパウル・クレーが好きで、ちょっと強情で、ちょっと寂しがりやで、ちょっと不器用で、ちょっと自信なさげで、とてもかわいい女の子だった。僕はそんな彼女が隣にいて、とても、鼻高々だった。そして、パウル・クレーが好きになった。

この絵本のさいしょのところには、「Paul Kleeに」ということばを添えて、谷川俊太郎さんの「愛」という詩が、さりげなく、そぉっと置いてある。


<愛>

いつまでも
そんなにいつまでも
むすばれているのだどこまでも
そんなにどこまでもむすばれているのだ
弱いもののために
愛し合いながらもたちきられているもの
ひとりで生きているもののために
いつまでも
そんなにいつまでも終わらない歌が要るのだ

(つづく)


僕が「まじめな顔つき」で「愛」を語り始めると、きまって彼女は「ぷっ」と吹き出した。そんな笑顔が嬉しくて、僕は「愛」を語りつづけた。「愛」の何たるかも知らないくせに。


<まじめな顔つき>

まじめなひとが
まじめにあるいてゆく
かなしい

まじめなひとが
まじめにないている
おかしい

(つづく)


谷川俊太郎さんの詩は、パウル・クレーのちょっと強情で、ちょっと寂しがりやで、ちょっと不器用で、ちょっと自信なさげで、とてもかわいい絵に、とてもやさしげに、とても静やかに寄り添っている。だから僕は、ちょっとだけ嫉妬を感じてしまう。

もしもいま、あなたの隣に愛する人がいるのなら、よけいな言葉のひとつもなく、そぉっと、この絵本を手渡してあげたらどうだろう。

谷川さんは言う。そして僕もそう思う。
「クレーの絵は私たちから具体的な言葉を引き出す力をもっている」と。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

闇に光る魚

2002/06/17 02:12

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:アセローラ - この投稿者のレビュー一覧を見る

表紙にもなっている「黄金の魚」、この絵に惹かれて買いました。とにかくキレイな絵です。他にもまるで子供が描いたかのような絵もあったり…。クレーの絵を観て感じることはたくさんあると思います。幻想的な絵を前に、様々な感情が湧き上がってきます。谷川さんの詩と合わせてみるとまた違った表情も出てきて、何度観ても美しい絵本です。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

音楽が響き合うクレーの絵画

2016/04/04 06:54

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:タヌ様 - この投稿者のレビュー一覧を見る

クレーは音楽家の家に育ち、幼少時から秀でたプロ級の才能を示したが、結局、画家の道を選んだ人である。
彼の絵はタイトルが主題で旋律を奏でる音楽が描かれている。どこか無駄をそぎ落とした、主旋律だけのモノクロ画、きらめく夢幻の世界の響きを聴かせてくれる油絵画である。
これに詩人の心が響かないはずが無い。そして谷川俊太郎氏にはこう響くのかと。見本を見せてくれた。
 それでもまだ捉えきれないものが響いていると思うのである。
クレーの絵は引き込む、言葉を超えた旋律の響きの世界に。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2004/10/16 09:29

投稿元:ブクログ

抽象的な絵はあまり好きではなかったんですが、色とか形とか難しいことを考えずにみてもすばらしくきれいなので良いです( ´∀`)

2004/10/23 18:55

投稿元:ブクログ

かわいらしくも神秘的なクレーの絵と、谷川俊太郎さんの詩が絶妙にからみあってとても深い世界ができあがっています。

2004/10/28 22:56

投稿元:ブクログ

大好きで大好きな谷川俊太郎とクレーのコラボレーション!
絵も詩も、心に沁みる一冊。
私が好きなのは「死と炎」「黄金の魚」。

2006/06/05 23:19

投稿元:ブクログ

パウル・クレーの絵にうながされて詩を書いてきたという谷川俊太郎の詩と、クレーの絵のコラボレーション第一作。新聞書評で『黄金の魚』を読んで、即書店に走りました。クレーが好きで、谷川俊太郎が好きならぜひ読んでおけな一冊です。

2005/05/23 08:31

投稿元:ブクログ

パウル・クレーの絵がとても気になる時期があって、そのときに買いました。クレーの絵に谷川俊太郎さんが詩をつけています。

2005/12/24 02:23

投稿元:ブクログ

クレーが好きで、谷川俊太郎が好きな人なら各々一冊は持っているはずだ。絵も言葉も綺麗で、優しいみたいな孤独感がある。

ちなみに自慢ですが私のは谷川俊太郎さんのサイン入りです!

2010/04/04 04:05

投稿元:ブクログ

パウル・クレーの展覧会に行って、ファンになりました。なかなかお目にかかれないので、絵本で我慢。笑 谷川俊太郎さんの詩とあいまって、素敵な本です、癒されます。

2006/07/31 18:29

投稿元:ブクログ

絵も詩もどちらも楽しめてしまう素敵な一冊。 気持ちがピリピリしてる時なんかに開いて慰めてもらってます。

2009/01/05 16:47

投稿元:ブクログ

クレーは素敵。印刷もなかなか良いけれど、渋谷の文化村で本物の「黒い王様」を観たらやっぱり全然違った!!
神々しさっていうのかな、ものすごく魅力的で金縛りにあったみたいに見入ってしまう作品でした。黒がすごい。
谷川さんの詩はどこかで読んだことがあると思ったら、「夜中に台所で僕は君に話しかけたかった」に全部入っていたのだね!

西洋画 ランキング

西洋画のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む