詳細検索

暮らし実用&児童書絵本ポイント3倍(エントリー)(0520-29)

増殖商店街

  • 発行年月:1995.10
  • 出版社:講談社
  • サイズ:20cm/188p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:4-06-207899-6

読割50

  • 国内送料無料

読割50とは?

紙書籍を購入すると同一の電子書籍が50%OFF!

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。

購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

読割50または読割50のアイコンがついている商品が対象です。
一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • 書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しくみる

増殖商店街

笙野 頼子 (著)

  • 全体の評価 未評価
  • あなたの評価 この商品を評価して本棚に反映 評価しました! ×

紙書籍

1,677 ポイント:15pt

発送可能日: 購入できません

欲しい本に追加する | 本棚に登録する

電子書籍

514(4pt) 増殖商店街 【復☆電書】

紙書籍より:1163円おトク

欲しい本に追加する | 本棚に登録する

商品説明

次にお金が入るまで1週間ほどの間に使えるお金は1500円余り。保存食品を主としたメニューを作っているうちに、著者は夢の中で商店街を歩いていた…。シュールで生活臭いっぱいの...続きを読む

このセットに含まれる商品

前に戻る

  • 対象はありません

次に進む

おすすめ商品

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前に戻る

  • 対象はありません

次に進む

予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

商品説明

次にお金が入るまで1週間ほどの間に使えるお金は1500円余り。保存食品を主としたメニューを作っているうちに、著者は夢の中で商店街を歩いていた…。シュールで生活臭いっぱいの描写の表題作他4編。【「TRC MARC」の商品解説】

収録作品一覧

増殖商店街 5-38
こんな仕事はこれで終りにする 39-62
生きているのかでででのでんでん虫よ 63-100

ユーザーレビュー

全体の評価 未評価
0.0
評価内訳 全て(0件)
★★★★★(0件)
★★★★☆(0件)
★★★☆☆(0件)
★★☆☆☆(0件)
★☆☆☆☆(0件)

この商品に関するあなたの感想やご意見をお寄せください。 レビューを書く

並び順を変更する :
評価の高い順
役に立った順
投稿日の新しい順
評価の低い順

評価3 投稿元:ブクログ

2013/02/03 18:00

笙野頼子氏の作品を読むのは三作目。短編が5本。最後の、柘榴の底、以外は、著者の私小説(というよりエッセイ)かと思われるが、途中でエッセイとは違うというようなことが書いてある。ノンフィクションに近いフィクションなのかもしれない。ほかの作品と同様、観念と現実が入り交じっていて、難解。正直、途中三作はよくわからなかったなぁ。

●増殖商店街
表題作。夢と現実を、お金という媒体を挟んで行き来している。増殖していく商店街は、欲望の増殖ではなく、「私」の不安の増幅の現れか。

●こんな仕事はこれで終わりにする
猫の話。中身だけ見ると、なぜ私が最初の猫に異常といえるほどの愛情を感じていたのかちょっとわからない。可憐なものだから?自分の弱い部分の投影?

●生きているのかでででのでんでん虫よ
二匹目の猫の話。私の世の中に対して斜に構えている部分がばーっと横並びに書いてある感じ。

●虎の襖を、ってはならなくに
夢と現実とを、言葉という媒体を使って往復。言葉というものが、意味をなさずに襲いかかってくる!?そもそも、タイトルの意味が謎。ならなくに、が言葉の親玉みたいにして攻めてくる。という夢?

●柘榴の底
おそらく、精神的に障害のある、社会不適合者の内面をえぐる話。本人は、奇行や失職を繰り返しているが、それが親への、家庭への恐怖という観念から出てきているという点で、人間失格と似ていると感じた。ただ、人間失格はその本人の行為に焦点を当てているのに対し、こちらはその行為の意識にかなり焦点を絞っている。異肉、やモチ、などの表現で、自分と社会との隔たりを、自分の内部に生じる部分が原因だとしている感じ。結局、親の庇護から逃げられない、という点も人間失格的。この作品が、この作品集では一番面白かった。

レビューをもっと見る

この著者・アーティストの他の商品

前に戻る

  • 対象はありません

次に進む

お気に入り登録
(新刊お知らせメール)

この著者の新着情報
  • 受け取る
  • 受け取らない

こんにちはゲストさん

新規会員登録(無料)

ログイン

買い物カゴを見る
通販商品(計0点)
電子書籍(計0点)

Copyright (C) 2Dfacto,Inc.