サイト内検索

詳細検索

送料無料

2016秋 メディア化キャンペーン(~10/7)

推理短編六佳撰(創元推理文庫)
  • みんなの評価 5つ星のうち 3 5件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:1995.11
  • 出版社: 東京創元社
  • レーベル: 創元推理文庫
  • サイズ:15cm/354p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:4-488-40051-5
  • 国内送料無料
文庫

紙の本

推理短編六佳撰 (創元推理文庫)

著者 北村 薫 (選),宮部 みゆき (選)

推理短編六佳撰 (創元推理文庫)

648(税込)

ポイント :6pt

現在お取り扱いができません

電子書籍化を希望する

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

収録作品一覧

万相談百善和尚 遠田緩 著 13-46
崖の記憶 釣巻礼公 著 47-118
試しの遺言 永多正夢 著 119-168

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー5件

みんなの評価3.0

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (1件)
  • 星 3 (2件)
  • 星 2 (1件)
  • 星 1 (0件)

2010/06/25 09:29

投稿元:ブクログ

創元推理短編賞候補収録
(収録作品)憧れの少年探偵団(那珂井聖)/象の手紙(植松二郎)/瑠璃光寺(永井するみ)/試しの遺言(永多正夢)/崖の記憶(釣巻礼公)/萬相談百善和尚(遠田緩)

2008/01/17 19:24

投稿元:ブクログ

賞に漏れたアマチュア作家の作品。
それぞれ優れたところがあるけど一番面白かったのはは批評対談していた宮部さんと北村さんでした。的確すぎる。

2010/12/30 01:17

投稿元:ブクログ

平成7年度“創元推理短編賞”応募数362作。
最終候補作10編。
そのうち、6作が協議にかけられたものの、受賞作は無しという結論に達したという。
北村薫さんと宮部みゆきさんによって、選ばれた最終候補6作品。

すべて、確かに楽しく読むことができた。
ただ、あんまり切替の早くない私には色んな作家さんが書かれたお話が一冊で読めるという短編集は勿体無い。
わたわたしてしまう…情けない。

お気に入りは『試しの遺言』。
暗号は分からなかった・・・頭を柔らかくせねば。
あと、『憧れの探偵少年団』。
けっこうすきなタイプのお話。
宮部さんの言う通り、子供を描く時に“大人の視点”を出さないようにするのって、難しそう。
“大人が書く子供”=“リアル子供”に結びつくことができるかどうかというのもあるけれど。

推理作家を志す方向け…というようなことも書いてあったが、確かに北村薫さんと宮部みゆきさんの評を読めるのは面白かった。
志されている方はこういったコメントも参考にされるのだろうか、なんて想像をしたり。

2010/05/05 13:59

投稿元:ブクログ

第二回創元推理短編賞最終候補作六編収録。
最優秀賞に該当する作品がなかったが、どの作品も何かちょっと惜しいのでこのような形で出版になった模様。
大変興味深く読みました。
日常の謎を扱ったミステリを書くのは優れた先人が既にいらっしゃるので、すごくすごく難しいとのこと。
むーん。勉強になります。

2013/12/27 22:56

投稿元:ブクログ

2013.12.27再読 処分

平成7年度創元推理短編賞の最終候補作10作の中で、優秀だった6作品を纏めたもの。
どの作品も読みやすく、やや物足りなさを感じたものの、下手なプロの作品よりも面白く読めた。

創元推理文庫 ランキング

創元推理文庫のランキングをご紹介します一覧を見る