サイト内検索

詳細検索

送料無料

全品ポイント2倍(~7/31)

女から男になったワタシ

立ち読みする

hontoアプリの確認

立ち読みには最新の「honto」アプリ(無料)が必要です。

  • バージョンの確認はアプリの「設定/情報」から確認できます。

最新の「honto」アプリをご利用の方

立ち読みする

最新の「honto」アプリをダウンロードされる方

hontoビューアアプリ

  • みんなの評価 5つ星のうち 4 2件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:1996.4
  • 出版社: 青弓社
  • サイズ:20cm/219p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:4-7872-3123-5

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

  • 国内送料無料

紙の本

女から男になったワタシ

著者 虎井 まさ衛 (著)

「私は間違って女の身体に生まれてきてしまった」 子供の頃から自分の肉体に違和感を持って育った元女性が、性転換手術によって念願の男体になり、男として生きていく喜びを真摯に語...

もっと見る

女から男になったワタシ

1,944(税込)

ポイント :18pt

現在お取り扱いができません

女から男になったワタシ

1,944(税込)

女から男になったワタシ

ポイント :18pt

電子書籍をカートに入れる

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認くださいヘルプ

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
iOS EPUB 無制限
Android EPUB 無制限
Win EPUB 無制限
Mac EPUB 無制限

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

「私は間違って女の身体に生まれてきてしまった」 子供の頃から自分の肉体に違和感を持って育った元女性が、性転換手術によって念願の男体になり、男として生きていく喜びを真摯に語る。【「TRC MARC」の商品解説】

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー2件

みんなの評価4.0

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (1件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

2005/12/01 20:09

投稿元:ブクログ

性同一性障害に関する書籍で、著者の自伝す。
虎井氏はFtMTSで、日本を代表する性同一性障害者の一人です。

2016/07/19 15:44

投稿元:ブクログ

(7月 ライフストーリーより 遅くなってすみません)
この本では、筆者、虎井さんが男性の体になった理由、サンフランシスコでの手術内容とその後について、当時のアメリカの性転換の為に必要な治療について、筆者が出会ったMTF(男体だが女体になりたい人)、美加さんの手術を看病する様子について、最後に日本でのTS(トランスセクシャル)のための「FTM(女体から男体)日本」という雑誌の創刊から、日本の当時の課題や世界の状況について書かれている。

女性から男性になる気持ちについて知りたくてこの本に決めた。読んでよかったのは、男女について、全く知らない視点を知れたことである。筆者は女体で生まれてきた男性である。最近LGBTなど話題になっているが、この本は私が生まれた頃に出版されている。今よりTSに対しての理解が無かった頃、男と女の境目がはっきりしていた頃だと思う。
その時代に両性を経験した筆者が、どちらが得とか損とかではなく、「プラスマイナス0」と言っている。これにはすごくわくわくした。女性が輝く社会、とか、今の社会の女性への注目に、私は少し戸惑いがあるからだ。虎井氏は、女性であるが故に生理や社会での地位の低さなど辛さがあるが、男性は女性と同じ給料でも重労働に選抜されたり、女性料金など女性への優遇'のために損をする場面があると言っている。実際に社会に出ないとわからないが、今思うのは、女性への支援とは何のためだ?労働力、少子高齢化の改善だけなら、違う、男女の平等のためじゃないならきっと今まで女性が抱えてきた悩みは根本的には消えないのだ。
また、少しぎょっとしてしまったのは、手術後の陰部の写真や胸をなくす手術のイラストなどが載っていること。本当にTSしたい人も学べる内容になっているんだろうが、やはり性や体の見方が違う。FTM(女体から男体)の筆者がMTF(男体から女体)の手術をしている美加さんを看病する日記では、美加さんが持つ手術した後の陰部の形についての不満や、便の調子を記録していた。ほんとに生物学的な記録で、全くいやらしくない。でもこれは私たちでは中々無いやり取りだと思う。2人とも男になりたい、女になりたいと強い気持ちがある人で、ゲイやレズとは違う存在。けれど、この場面を見ると、やはり男でも女でも無いような気がしてしまう。これは侮辱になってしまうかもしれない。だが、やはり性は二択ではなく、どこに点が置かれるかという範囲なのかもしれない。いや、やはりこれを言うと彼らが手術を受けるほど違う!と思う性への感覚が理解できなかったことになるか…。
子供の頃、男の子扱いされて嬉しかったという経験は私にもあった。だが、小学校の性教育で自分が社会的には女であるとわかった時の絶望するというのは全く分からない。
なにより「生理の日には、頭を壁に打ちつけて涙を流してきた。」という一文は、頭ではなく感覚に訴えるものだった。もし男の自分が女の体と戸籍を勝手に与えられて、ある時生理になったら。ぞわぞわっと、そういう本当の気持ち悪さが感じられて、それを避けられず毎月我慢するのを思うと、自分には想像できない戦いを生きてきた人だと思った。
また、筆者は、あまり深く書かれていなかったが、そんな時両���からも自分が男だと認めてもらえなかったようだった。親の力がなくてもこんなに立派に大人になる力がある人もいるんだと思った。

性・セクシュアリティ ランキング

性・セクシュアリティのランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む