サイト内検索

詳細検索

送料無料

経済・ビジネス・コンピュータ ポイント2倍(~7/31)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. 小説・文学
  4. 気狂いモハ、賢人モハ
気狂いモハ、賢人モハ
  • みんなの評価 5つ星のうち 5 3件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:1996.7
  • 出版社: 現代企画室
  • サイズ:20cm/196p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:4-7738-9606-X
  • 国内送料無料

紙の本

気狂いモハ、賢人モハ (越境の文学/文学の越境)

著者 タハール・ベン・ジェルーン (著),沢田 直 (訳)

詩、小説、評論の3つのジャンルにわたって旺盛な執筆活動を続けているベン・ジェルーンの第3作目の小説。70〜80年代のモロッコを背景に、イスラーム社会に渦巻く前近代と近代・...

もっと見る

気狂いモハ、賢人モハ (越境の文学/文学の越境)

2,376(税込)

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

詩、小説、評論の3つのジャンルにわたって旺盛な執筆活動を続けているベン・ジェルーンの第3作目の小説。70〜80年代のモロッコを背景に、イスラーム社会に渦巻く前近代と近代・男と女の相克の姿を描き出した。【「TRC MARC」の商品解説】

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー3件

みんなの評価5.0

評価内訳

  • 星 5 (3件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

魘されるような声/言葉の網

2008/09/09 15:01

4人中、3人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:わたなべ - この投稿者のレビュー一覧を見る

ここ最近読んだ小説の中で一番面白かった。著者はモロッコ出身のフランス語作家、いわゆる、マグレブ作家としてはじめてゴンクール賞を受けた現役の詩人、作家、評論家で、これまで私は短編集の『最初の愛はいつも最後の愛』を読んだことがあって、それはとてもテクニカルで優雅な物語集だったのだけれども、長篇第三作に当たるこの作品は、もっと荒々しく、熱く、錯綜した語りと複雑な時空間の構造を有した現代小説だった。舞台は70年代から80年代にかけてのモロッコ。デモで警察に捉えられた若者が拷問のために死ぬ。田舎の村から連れてこられた娘は言葉が通じないために唖ということにされてしまう。女奴隷は主人の子供を産み虐げられて魔術に縋り、主人は女奴隷の魔術のために狂って卑猥な言葉を吐き散らす。ほかにも資本家、ユダヤ人、子供たち、さまざまな人物が現れ、狂人であり賢者であるモハに言葉を聞かせる、語りかける、モハはときにはそれに鋭く対立し、ときには優しく愛撫するように、また祈るように言葉を紡いでいく。これら語られた言葉を読んではいけない、聴くのだ、とほとんど不可能な言葉とともに、さまざまな人々、時間、空間をあっちにいったりこっちにいったり彷徨する《声》のエクリチュール。とてつもなく優雅で、暗く、黒い笑いに彩られた素晴らしい作品。激しく原文にあたりたくなった。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2008/08/08 21:11

投稿元:ブクログ

新作を出すにつれ、だんだん質が落ちているような気がしてならないベン・ジェルーンですが、比較的初期に書かれたこの一作は本当に傑作だと思います。フランス在住のモロッコ人という特殊なバックボーンから、この作家の作品世界を本当に理解し、共感するのはなかなか難しいことだと思います。実際、政治的な問題に絡んでくると、無条件に賛同することはできません。でも私はこの作家を愛しています。

モハと呼ばれる語り部=預言者=狂人=賢者の口を通じて語られる、名もなき人々の無数の意識。
それは声なき声でありながら、紛うことなく言葉=言の葉であるところが、日本人の私にもヴィヴィッドに来る部分なのかもしれません。力強く、繊細な詩のような言葉の奔流には、溜め息をつくばかりです。
原書(フランス語)で読めたらよかったのに、と、本気で口惜しく思った一冊。

2011/02/24 00:42

投稿元:ブクログ

風刺的作品だ。
この本の素晴らしさは、風刺色が強いという事だけではなく、文章も詩的でとげとげしく、美しいという事だと思う。
モハは賢いが故に道化と化し、様々な弱者の叫びを代弁する。真実を語る者はいつだって多数の嘘つきの前では、ただのピエロだ。
あとがきに「言葉を射精する」とあったが、まさしくその通り。
排出された無数の文字がこの本の至る所に散らばっていた。