サイト内検索

詳細検索

送料無料

全品ポイント2倍(~7/31)

ルビーフルーツ(新潮文庫)

立ち読みする

hontoアプリの確認

立ち読みには最新の「honto」アプリ(無料)が必要です。

  • バージョンの確認はアプリの「設定/情報」から確認できます。

最新の「honto」アプリをご利用の方

立ち読みする

最新の「honto」アプリをダウンロードされる方

hontoビューアアプリ

  • みんなの評価 5つ星のうち 3 8件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:1996.11
  • 出版社: 新潮社
  • レーベル: 新潮文庫
  • サイズ:16cm/199p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-10-149511-8

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

  • 国内送料無料
文庫

紙の本

ルビーフルーツ (新潮文庫)

著者 斎藤 綾子 (著)

ルビーフルーツ (新潮文庫)

432(税込)

ポイント :4pt

現在お取り扱いができません

ルビーフルーツ

432(税込)

ルビーフルーツ

ポイント :4pt

電子書籍をカートに入れる

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認くださいヘルプ

  • iOS
  • Android
  • Win

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
iOS XMDF 無制限
Android XMDF 無制限
Win XMDF 無制限

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

収録作品一覧

婦人警官正美 7-16
誰も許してくれない 17-42
月あかりは蜜の色 43-76

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー8件

みんなの評価3.0

評価内訳

2005/07/31 02:18

投稿元:ブクログ

短編が詰まった小説。
行方不明になった人がバリにいるという情報を元に主人公もバリへ。
そこでは人魚伝説というものがあった。
そこで主人公は女性同士の交わりを体感するというような内容。
斎藤綾子さんはセックスを交えた小説をよくお書きになってますね。
切り口がおいらには心地よくいくつか読ませて頂いてます。
セックスってやらしいこと?いかがわしいこと?
そんな風に考えることの出来る文章を書く人だな〜と感じてます。
おいらの好きな作家さんの一人です(*^-^*)
ちなみに映画化されたのですが、新宿に行って一人で観ました。
きれーだったなぁー。

2007/08/25 21:39

投稿元:ブクログ

この人の書く話を読むと思うのは、何でもありだなこの世界ってこと。
独自の感覚は、結構好き。エロスっていうか、ねちっこいエロです(笑)なぜかいやらしくないのが不思議。

2007/07/22 17:37

投稿元:ブクログ

斎藤さんの作品はかなりすごい強烈でした。同性愛もSMもギャグテイストに仕上がっていて、さらりと読み流せます。

2014/06/03 01:10

投稿元:ブクログ

女性のためのポルノ短編集、という感じ。
SMや同性愛や色んなパターンを書いているけど、
やっぱり主題はどれもセックスなので、
私は途中で飽きちゃった。(笑)
想像力豊かなお若い人は、どうぞ。
私はあまり好みじゃなかったですね~。

2010/05/26 15:18

投稿元:ブクログ

感想ですが、エロい事はエロいですが
爽快です。
どっかーんあっさりと書いてあったりするので女性でも読みやすい。
と言うか女性が読みやすい。女性向け。

中にはあっけらかんすぎて嫌いな作品もあったけど
(ここははっきりと)
ちょっとその手のが読みたい気分の時は(笑)手に取る感じかも。

斉藤さん自身がバイセクシャルで性癖多趣味(笑)と公言されているようで
単純な性描写だけでは終わらず「こんな世界もあるのね」的な
驚き発見もあります。

2010/11/08 14:40

投稿元:ブクログ

雑誌掲載時はポルノ小説だったらしいが、まとめて短編を読むと、作家の実力がわかる。続けて読むには過激過ぎてちょっとしんどかったのは事実。
大いに刺激的で、ストーリーもじっくり味わえる。

2013/04/05 08:36

投稿元:ブクログ

内容(「BOOK」データベースより)
激しくセックスに溺れ、こね回されたり、舌を這わせたり、痙攣したりするのが気持ちイイ。愛したり、愛されたりするのは、相手が男でも女でも、SでもMでも心地イイ―。真由美は、マレーバクみたいな婚約者よりも、涙が出るほど佐和子に夢中だ。亜紀は、妻子持ちの男に緊縛されながらも、蓮子の愛撫を忘れない。性の快楽を貪る女性たちの姿をリアルに描いたアヴァンポップな恋愛小説集。

2014/12/22 20:43

投稿元:ブクログ

レズビアンの性行為が執拗に描かれていた。生理的に気持ち悪くなった。女性向けのポルノ小説なのだろうか。女性はこの本を読んで興奮できるのだろうか。文章は良く書けていたが、斎藤には他の作品を読んで期待していただけに残念である。いやな作品は1日で読むのに限る。