サイト内検索

詳細検索

送料無料(~12/31)

レビューキャンペーン(1201-31)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. 文庫
  4. 星界の戦旗 1 絆のかたち

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

電子書籍化お知らせメールサンプル

星界の戦旗 1 絆のかたち(ハヤカワ文庫 JA)

アプリで立ち読み

  • みんなの評価 5つ星のうち 4.2 11件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:1996.12
  • 出版社: 早川書房
  • レーベル: ハヤカワ文庫 JA
  • サイズ:16cm/275p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-15-030573-4

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

  • 国内送料無料
文庫

紙の本

星界の戦旗 1 絆のかたち (ハヤカワ文庫 JA)

著者 森岡 浩之 (著)

星界の戦旗 1 絆のかたち (ハヤカワ文庫 JA)

626(税込)

ポイント :5pt

紙の本をカートに入れる

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

星界の戦旗I ―絆のかたち―

486(税込)

星界の戦旗I ―絆のかたち―

ポイント :4pt / 紙の本より140おトク

電子書籍をカートに入れる

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
iOS .book 無制限
Android .book 無制限
Win .book 無制限
本の通販ストア全商品対象!1,000円以上のご注文で、3%OFFクーポンプレゼント

こちらは「本の通販ストア全商品対象!1,000円以上のご注文で、3%OFFクーポンプレゼント」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはエントリーが必要です。

キャンペーン期間:2016年12月2日(金)~2016年12月8日(木)23:59

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー11件

みんなの評価4.2

評価内訳

  • 星 5 (2件)
  • 星 4 (6件)
  • 星 3 (3件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

2005/05/10 16:49

投稿元:ブクログ

本編の位置付けの戦旗シリーズ。3巻で終わりではないらしいです。まずは紋章を気に入って頂けたのなら、まちがいなくお勧めのシリーズです。気になるのは、マルチメディア化されてから格段に遅くなった発刊のペース。

2005/12/05 16:06

投稿元:ブクログ

突撃艦バースロイルの艦長となったラフィールは、ジントと共にアプティック星系へ向かうことに。司令の名前はアトスリュア百翔長。なんとフェブダーシュ男爵の妹だった。いよいよ星界軍として出発した2人。上司たちの個性がものすごく強力。スポールとかドゥサーニュとかネレースとかネフェーとか。星界軍で出世するには普通の性格では役不足なんだろうか…。

2006/02/11 14:07

投稿元:ブクログ

筆者は森岡浩之。
前作、星界の紋章の続き。
「人類統合体」に領地を奪われたアーヴは、奪われた領地を取り返すために戦いを始める。
そして、ジントもまた奪われた故郷を取り返すために、アーヴの皇女、ラフィールが指揮する突撃艦「バースロイル」に乗る。
前回の続きで、共にあろうと誓い合ったジントとラフィールがまた同じ艦に乗ることとなったのはご都合展開か。
平面宇宙での大艦隊同士の戦闘は手に汗握るものでした。

2008/05/25 23:18

投稿元:ブクログ

宇宙空間を故郷とし、巨大な星間帝国を築いて、銀河の半分を支配するアーヴ。

三年前に人類統合体に制圧された星々を奪い返す為に、大規模な作戦が始まろうとしていた。

編成される大艦隊の中には、ラフィールとジントの乗る突撃艦バースロイルの姿も。


帝国の新時代を告げる先端は開かれた!!


待望のスペースオペラ、第二章開幕!!

2007/10/02 19:21

投稿元:ブクログ

前刊の最後でアーヴの種族の原型が判りました。
この間ではその他のことも次々と…推測の領域ですがね。
元の出身の国とかを推測するという、もしかしたら邪道な楽しみ方をしています。

2013/06/17 16:48

投稿元:ブクログ

『星界の紋章』を読み終えたので、次は『星界の戦旗』シリーズ。
『紋章』3冊のあとなので、だいぶ星界シリーズの用語にも慣れてきた。
今回は艦隊戦もあってなかなか盛り上がったけれど、何と言ってもそれぞれの艦隊の司令官と参謀のやりとりが面白い。
仲の良いさ司令官と参謀という組み合わせはないのだろうか?

2013/05/05 15:33

投稿元:ブクログ

内容(「BOOK」データベースより)

宇宙空間を故郷とし、強大な星間帝国を築いて、銀河の半分を支配するアーヴ。帝国では、三年前に「人類統合体」に制圧された星々を奪いかえすため、今まさに大規模な作戦行動が始まろうとしていた。戦争を前に、編成される大艦隊。その中に一隻の小さな突撃艦があった。艦の名は「バースロイル」。ラフィールが指揮する最初の船だった。

2014/05/17 23:32

投稿元:ブクログ

もう少しカメラを固定してくれないと読者としては非常に疲れる。
ややこしい名前があったりして頭の中にすんなりと入っていかない。

その点、紋章の方が明らかに面白かったと思う。主人公の考えやキャラクターの行動に一貫性があった。

本作では、立場上、仕方がないとは思うが、主人公たちは巻き込まれて流されていくだけなので感情移入することが出来ない。
星3かなぁ。と思いつつもとりあえず4。

2014/05/05 21:53

投稿元:ブクログ

SFが読みたいと思って本屋にいったらシリーズで展示されていたので購入してみた。多くの人が言うように「A boy meets a girl」の内容だが、宇宙航法の設定とかもしっかりしていてそれなりに楽しめた。ただ、仮想の言語のルビがやたらとふらていてなれるまでは正直読むのに苦労した。別世界の雰囲気を出すためらしいが、読んでいる最中は正直必要なのか疑問だった(今は慣れたので、それなりに効果はあることは理解できるが)。

2013/05/14 21:24

投稿元:ブクログ

 Vが出たので最初から読み直し中。紋章に比べて、戦旗はあまり記憶に残っていないのだが、アーブのキャラクターは結構強烈な人が多い。

2013/06/25 22:59

投稿元:ブクログ

 ディアーホ三部作の第一巻である本作では、ジント&ラフィールに加え、新キャラ・エクリュアの四者による複雑な四角関係が展開されている。
 罪深いオンナ(雄)であるディアーホはついに王宮へと隔離されてしまうが、これはつまり、しょうがないのである。

 さて、本作はタイトルの通り、戦争が主題となっている。
 そのため、みんな大好きスポール提督が活き活きと活躍し、アブリアル帝国元帥は副官の元彼を詮索し、ビボース提督は風呂に入る。皇族と根源貴族が多く出てきていて、なかなかにぎやかである。
 一方で、その分だけジントたち紋章組の出番が限られている。なので、物語としての密度は「戦記物」としては高いが、「ボーイミーツガール物」としては低くなっている。それでも濃いのだけど。
 この辺は、好みが別れるところだと思う。

ハヤカワ文庫 JA ランキング

ハヤカワ文庫 JAのランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む