詳細検索

全品ポイント2倍(0620-30)

きつねのスケート

  • 発行年月:1998.1
  • 出版社:徳間書店
  • サイズ:22cm/1冊
  • 利用対象:小学生
  • ISBN:4-19-860802-4

  • 国内送料無料

きつねのスケート

ゆもと かずみ (文), ほりかわ りまこ (絵)

紙書籍

1,728 ポイント:16pt

発送可能日: 1~3日

欲しい本に追加する | 本棚に登録する

商品説明

大きな湖のほとりの小さな森に、旅のきつねがやってきました。森の仲間たちは疲れたきつねを介抱してやります。でも元気になったきつねは湖の向こうの大きな森に行きたがります。のね...続きを読む

このセットに含まれる商品

前に戻る

  • 対象はありません

次に進む

「きつねのスケート」が含まれるセット商品

徳間書店児童書20周年記念 読み物セット 7巻セット

徳間書店児童書20周年記念 読み物セット 7巻セット

  • 税込価格:11,016102pt
  • 発送可能日:1~3日

おすすめ商品

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前に戻る

  • 対象はありません

次に進む

予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

商品説明

大きな湖のほとりの小さな森に、旅のきつねがやってきました。森の仲間たちは疲れたきつねを介抱してやります。でも元気になったきつねは湖の向こうの大きな森に行きたがります。のねずみは湖を渡る方法を言いますが…。【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

ゆもと かずみ

略歴
〈ゆもと〉1959年東京都生まれ。東京音楽大学作曲科卒業。脚本家を経て、児童文学作家に。児童文学協会新人賞受賞作「夏の庭」は映画・舞台化される。著書に「ポプラの秋」など。

ユーザーレビュー

全体の評価 4
4.0
評価内訳 全て(6件)
★★★★★(1件)
★★★★☆(3件)
★★★☆☆(1件)
★★☆☆☆(0件)
★☆☆☆☆(0件)

この商品に関するあなたの感想やご意見をお寄せください。 レビューを書く

並び順を変更する :
評価の高い順
役に立った順
投稿日の新しい順
評価の低い順

きつねとのねずみの友情ものがたり

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

2000/10/25 15:27

評価5 投稿者:かいかい - この投稿者のレビュー一覧を見る

 ある秋の日、みずうみのほとりの小さな森に、若いきつねがやってきました。住む場所を探していたきつねは、腹ペコでぼろぼろでみずうみのほとりにばったり倒れてしまいます。森の住人の小さな動物たちは、きつねを助けてあげました。

 すっかり元気になったきつねは、みんなにイタズラばかりします。毎日がつまらなくて、みずうみの向こう側にある大きな森に行きたいとばかり思っていました。大きな森に行けば、きっとわくわくするようなことが待っているに違いないと思ったからです。でも、どうやっていけばいいんだろう……。

 すると、小さなのねずみが、もう少し待てば向こう側に行けると言います。のねずみの言うことなど信用しないきつねは、なわでのねずみの体をしばりました。もし、うそをついていたことが分かったらのねずみをミトンにしてやるというのです。しばらくの間、ふたりで暮らしているうちに、2ひきの間に友情が芽生えてきます。

 少し乱暴でわがままなきつねと、素直でものしずかなのねずみは一見相性がとても悪そうですが、不思議と合うようです。しばられているのねずみの代わりに、木の実をとってあげるきつねは結構やさしい。とうとうきつねがみずうみの向こう側へ行ってしまってとても寂しく思うのねずみは、まるで恋人を待っているようでも
あります。そして……最後の展開には思わず胸が「きゅん」となるはず。

 ほりかわまりこさんの挿し絵がなんともおいしそう。秋の木の実や草の実にうっとりしているのねずみを見ると、こちらも幸せな気分になってしまいます。ゆもとかずみ/作&ほりかわまりこ/絵の本は、『くまって、いいにおい』があります。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

ゆもとかずみとして書いた理由

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

2002/04/24 20:41

評価4 投稿者:鴇  - この投稿者のレビュー一覧を見る

作者のゆもとかずみって湯本香樹実のことだと思うんですけど、この方はこういうのも書くのかあ…と思いました。湯本香樹実の描く子供向けの本は大人でも楽しめる感じですが、これはすっごく子供向け。正真正銘「童話」という感じです。
簡単言うと、ちょっとヤな子“きつね”と、いい子“のねずみ”の友情をあたたかく描いたお話。童話特有の、このデフォルメされたキャラクターがいい味出しています。秋から冬にかけての風景描写も美しい。
作者が湯本香樹実ではなく、ゆもとかずみとして書いたのも、読むとなんとなくわかる。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

やんちゃなきつねとやさしいのねずみの友情ものがたり

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

2001/04/06 17:46

評価0 投稿者:広瀬恒子 - この投稿者のレビュー一覧を見る

 とくに、ドラマチックなストーリィ展開があるわけではないのですが、心にあたたかい余韻をのこしてくれる幼年よみものです。
文とさし絵の調和もぴったりで、手もとにおいて、くり返しページをめくってみたくなる本づくりがいいです。
 
 お話は、ある秋の日、小さな森にやってきたきつねを、森のどうぶつたちは、しんせつに世話します。ところが、きつねは、りすやねずみをおいかけ、こわがらせたり、にんげんに化けたり、落とし穴を掘ってたぬきを落としたり、いたずらばかり。そのうちそれにもあきて、たいくつしたきつねは、湖の向こうの大きな森に行ってみたくなりました。すると、のねずみが「あと2回お月さまがまんまるになったらいける」ことを教えてくれます。満月の日、固い氷でおおわれた湖を渡ってきつねは大きな森へ行ってしまいます。
 きつねのことを忘れずにいたのねずみの前に、湖の氷がとけはじめる季節、大きな木を背負ったきつねが返ってきて、のねずみを感激させます。背負ってきた木はのねずみのほしかった青い実をつける木で、きつねはのねずみのねがいをおぼえていたのです。
 やんちゃで、どこか、さめた感じのするきつねと、心やさしいのねずみのキャラクターの組み合わせがこの作品の何ともいえない魅力になっています。大きな森へ行ったきつねは、いったい、何を見て帰ってきたのでしょう。想像してみるたのしさもあります。
 
 『夏の庭−The Friends−』『春のオルガン』『ポプラの秋』など、ティーンズ世代へすぐれた作品を書いてきた湯本香樹実が、幼年童話の分野にも、じいーんとする味わい深さを出してくれました。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

評価3 投稿元:ブクログ

2005/10/22 04:13

最初は優しかったきつねが、皆に助けてもらったのに、なんか悪戯をして、皆を困らせて、ある日、ネズミに出会っていいきつねに戻って、いい話だなあと思いました。(by ゆー)

評価4 投稿元:ブクログ

2012/04/25 12:46

きつねのいたずらぶりは、自分の中にある、うずうずした気持ちを思い出させてくれる。

それにしても、湖が凍ってスケートする、というのも、雪のあまり降らない地域に育った僕にとっては、あこがれ。そして、スケートして、見知らぬ森に行くのも、素敵。さらに、見知らぬ木の実を持って帰るなんて、粋だよね!

好奇心、食べる喜び、友情、という人生の三大要素がうまく詰まった物語です。

評価4 投稿元:ブクログ

2016/02/25 11:56

きつねを怪獣だと思ったのは、目が悪いのかと思った。紫のみがおいしいのでネズミに食べさせてあげて、優しかった。絵があってよかった。ねずみがかわいい。

レビューをもっと見る

この著者・アーティストの他の商品

前に戻る

  • 対象はありません

次に進む

お気に入り登録
(新刊お知らせメール)

この著者の新着情報
  • 受け取る
  • 受け取らない

こんにちはゲストさん

新規会員登録(無料)

ログイン

買い物カゴを見る
通販商品(計0点)
電子書籍(計0点)

Copyright (C) 2Dfacto,Inc.