サイト内検索

詳細検索

送料無料

エントリー限定! お店とネット利用で最大200ポイント(~9/30)

日々の泡(新潮文庫)

立ち読みする

hontoアプリの確認

立ち読みには最新の「honto」アプリ(無料)が必要です。

バージョンの確認はアプリの「設定/情報」から確認できます。

最新の「honto」アプリをご利用の方

立ち読みする

最新の「honto」アプリをダウンロードされる方

hontoビューアアプリ

  • みんなの評価 5つ星のうち 3.9 77件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:1998.3
  • 出版社: 新潮社
  • レーベル: 新潮文庫
  • サイズ:16cm/302p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:4-10-214811-6

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

  • 国内送料無料
文庫

紙の本

日々の泡 (新潮文庫)

著者 ボリス・ヴィアン (著),曾根 元吉 (訳)

日々の泡 (新潮文庫)

637(税込)

日々の泡(新潮文庫)

659(税込)

日々の泡(新潮文庫)

ポイント :6pt

電子書籍をカートに入れる

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認くださいヘルプ

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
iOS EPUB 無制限
Android EPUB 無制限
Win EPUB 無制限
Mac EPUB 無制限

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー77件

みんなの評価3.9

評価内訳

紙の本

「見者」だけが書けるラブストーリー

2002/06/16 12:43

2人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:のらねこ - この投稿者のレビュー一覧を見る

 ヴァインもランボーやコクトーと同じく、れっきとした「見者」だったと思う。
 オーソドックスといえば、これほどオーソドックスなラヴ・ストーリーもない。ただし、デティールに関してはこの限りではない。なにせ、恋人の死因は、「肺に蓮の花が咲いたから」、なのだから!
 シュールといえば、これほどシュールな物語もない。が、同時にとてもありきたり、普遍的な物語でもある。
 ま、基本的に「恋人と死に別れるラヴ・ストーリー」であって、それ以上でもそれ以下でもないわけですから。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2013/03/24 10:11

投稿元:ブクログ

少なくとも私にとっては理解し難いというか理解する気が起きない小説でした。高く評価されているようなのでと、頑張って8割ぐらいまで読んだけど。。やめてしまった。まぁ無理しなくてもいいかなという感じ。

2004/09/27 23:33

投稿元:ブクログ

作者のボリス・ヴィアンは文学のみならず、音楽、芸術その他サブカルチャー全般に通じた多芸多才な人だった。絶版みたいだけれど、その人生をいくつもの側面から描いた伝記まで出ているくらい。日本でだれがこれに当てあまるだろうと考えると、まあ、これが、ビートたけし(=北野武)だったりするのだが。作品は胸に睡蓮の花を咲かせて死んでいく女性の愛の物語。セカチューに不覚にも涙を流したあなたなら、その100倍は泣けるはずだ。

2004/10/11 01:46

投稿元:ブクログ

設定はいたって普通なのかもしれないけれど、世界がふつうじゃなく、起こることはこの世界とは違っているし、作者の使う言葉も変わっているし、とにかく、不思議な世界の悲恋話。でも、思ったよりも悲しくはなくって、あーあ、ってかんじ。面白いとおもう。でも、間違いなく恋愛小説を期待してよむもんじゃない、帯間違ってると思う。あと、後ろの紹介文、すごく間違ってると思う。これって悲恋を描くためのおはなしだったのかなー?

2004/10/15 12:34

投稿元:ブクログ

これは、映画『クロエ』が公開される頃、JR品川駅の本屋さんで買った。『うたかたの日々』と訳されている伊東守男さんの本とは別物である。と、アタリマエだが、姫は思っている。こっちの訳の方が悲痛で気に入っている。初めて読んだのは、1995年の夏休みで、大学の図書館で借りたハードカヴァーのものを読んだのだ。そして、さいきん、お手軽に切なくなりたくて、ポータブルな文庫本を、姫は買った。表紙のイラストも気に入っているし、『日々の泡』っていうにほんごもいとおしい。

2004/11/03 17:26

投稿元:ブクログ

美しいものは同時に儚くなければならない。肺の中に蓮の花が咲く奇病というのが不気味だけど、いっそう綺麗な印象を引き立てている。

2004/11/12 20:59

投稿元:ブクログ

とても綺麗な愛の話で非常に詩的な作品だが 全編を通じて猛毒が盛られている感がする。 恋愛小説の中では一番好き。

2006/05/18 19:42

投稿元:ブクログ

うたかたの日々と一緒だということに後になって気付いたわたし。
でも昔2年前くらいに読んだときよりもなんだか自分の中でとても読みやすくなっていてびっくりした。とても悲しい美しい物語だけど、あまりに美しすぎて、好きすぎてわたしは泣くことができない。

2005/04/20 20:50

投稿元:ブクログ

永遠の青春小説と謳われている作品。
最初は『日々の泡』っていうタイトルに惹かれて買いました。
ファンタジックで実に美しい。

2005/06/03 08:03

投稿元:ブクログ

これを読んだとき、甘くておいしい毒入りお菓子を食べた気分になりました。
 話はハンサムで純情青年コランが親友の恋人の愛犬の誕生パーティーでクロエという女性に出会い恋に落ちるところから始まります。2人はやがて結婚しますが、幸せもつかの間、クロエが不治の病にかかってしまいます。その病は、肺に睡蓮の花が咲くというものなのです。
 印象的なのは、2人の絶望を反映するように彼らの家が日に日に狭くなり、例えば台所のカーペットが元は毛織物だったのがある日気付くと木綿に変わっていたり、みすぼらしい姿に変わっていくエピソードです。
 現実では生き物でナイものが命を得て夢のように動き回っているところと、ストイックでありながら、どこかスネたような可愛らしさのある独特な雰囲気が魅力です。

2005/05/25 22:34

投稿元:ブクログ

しかし、「日々の泡」より「うたかたの日々」のほうが訳としては正しくニュアンスを伝えている気がする。
いづれにしろ、享楽と没落、その中で変わらないのは、愛。

2005/07/29 09:40

投稿元:ブクログ

美しすぎて息が出来なくなるような、胸に枯れた花が詰まって窒息するような錯覚を覚えました。幸せな若い恋人同士の、幸福の崩壊。原因は浮気みたいな、よくある世俗的なものじゃなくて、もうどうしようもない、もっと避けられないもの。肺に花が咲くクロエの病気。慌てても、手を施しても、必死になってもどんどん衰えていく愛する恋人。少しずつ少しずつ、何かが壊れていくこと。狂気にも似た美しさをどこまでも追求したような作品です。まるで長い長い抒情詩のようです。10代で読めてよかった。

2006/03/17 21:58

投稿元:ブクログ

訳わかんないけどすき。
あと,死んだあと大事なひとが困らないように用意してから死ぬべきですっていう言葉に心が反応した。

2012/06/13 12:15

投稿元:ブクログ

こまかな描写がひとつひとつロマンチックだったり、おとぎ話だったり、極端に巨大だったり、いろいろと表情が豊か。そして物語も切なくてね。肺の睡蓮が咲いてしまう奇病とか。貧しくなっていく若者たちとか。イマジネーションがたまらなく愛おしいと思わせる。

2005/11/30 13:48

投稿元:ブクログ

親友マジョールの喪失感を念頭に置いて読んでしまう。一番泣けたのはシックの場面。おたくには身につまされすぎる