サイト内検索

詳細検索

送料無料

小説・文庫・ラノベポイント2倍(~9/29)

空とぶ宝石トンボ
  • みんなの評価 5つ星のうち 未評価 1件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:小学生
  • 発行年月:1998.4
  • 出版社: 福音館書店
  • サイズ:26cm/40p
  • 利用対象:小学生
  • ISBN:4-8340-1524-6
  • 国内送料無料

紙の本

空とぶ宝石トンボ (たくさんのふしぎ傑作集)

著者 今森 光彦 (文・写真)

水田、池、湿地、雑木林など様々な場所に棲むトンボの仲間をそれぞれの場所に棲む種類ごとに紹介。生息する環境が人間によって少しずつ失われていっている実態も伝える。93年刊の再...

もっと見る

空とぶ宝石トンボ (たくさんのふしぎ傑作集)

1,404(税込)

ポイント :13pt

現在お取り扱いができません

電子書籍化を希望する

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

水田、池、湿地、雑木林など様々な場所に棲むトンボの仲間をそれぞれの場所に棲む種類ごとに紹介。生息する環境が人間によって少しずつ失われていっている実態も伝える。93年刊の再刊。【「TRC MARC」の商品解説】

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー1件

みんなの評価0.0

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

トンボのすみかとトンボの名前をしらべる

2001/07/12 20:08

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:藤田千枝 - この投稿者のレビュー一覧を見る

 この本は、トンボのすみかとくらしを美しい写真でみることができ、トンボの名前をしらべたいときには、図鑑として使うこともできます。
 美しい青い目とであったときから、アオヤンマは作者のあこがれのトンボになりました。
 トンボの目は、こうしてならべてみると、色もかたちもさまざま。どの種類も宝石のように鮮やかで美しいことがわかります。
 この本の舞台は、琵琶湖の西側 。水田がひろがり、池や湿地がちらばっていて、竹林や雑木林や人家もあります。まだ90種以上のトンボがすんでいます。それらのトンボを紹介しています。これだけ多くのトンボに出会えるところは、日本ではめずらしいのではないでしょうか。トンボから、自然の豊かさを診断することができます。ここでも、いつのまにか池がゴミでうずまって枯れてしまったり、農薬がまかれたりしてトンボが生きにくくなってきています。
 トンボは人間のきらいな カやハエを食べてくれるから益虫とよばれますが、えさのカやハエがいなくなるとトンボは生きられなくなるのです。「トンボの楽園は、カやハエの天国でもあるのです」と。
 最後に作者は、「カやハエからうけるすこしくらいの不愉快さは、がまんしてもいいのではないかとおもうのだが、みなさんはどうだろうか」とむすんでいます。
 このトンボのすみかも、人間のためにいつ追われてしまうかわからないと心配する作者のトンボを愛するおもいが思いが伝わってきます。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

理科・自然科学 ランキング

理科・自然科学のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む