サイト内検索

詳細検索

全品ポイント2倍(~8/31)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. 暮らし・実用
  4. 胃腸は語る 胃相腸相からみた健康・長寿法
胃腸は語る 胃相腸相からみた健康・長寿法
  • みんなの評価 5つ星のうち 4 3件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:1998.7
  • 出版社: 弘文堂
  • サイズ:20cm/346p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:4-335-76001-9
  • 国内送料無料

紙の本

胃腸は語る 胃相腸相からみた健康・長寿法

著者 新谷 弘実 (著)

30年間に約25万人の胃腸内視鏡検査を行ってきた著者が、その体験をもとに、健康と長寿を保つポイントをわかりやすく解説。その人それぞれがもつ胃相、腸相から健康状態をチェック...

もっと見る

胃腸は語る 胃相腸相からみた健康・長寿法

1,944(税込)

ポイント :18pt

現在お取り扱いができません

電子書籍化を希望する

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

30年間に約25万人の胃腸内視鏡検査を行ってきた著者が、その体験をもとに、健康と長寿を保つポイントをわかりやすく解説。その人それぞれがもつ胃相、腸相から健康状態をチェック、病気の対処法、予防法を説く。【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

新谷 弘実

略歴
〈新谷弘実〉1935年福岡県生まれ。順天堂大学医学部卒業。大腸内視鏡によるポリープ切除術のパイオニア。米国アルバート・アインシュタイン医科大学外科教授、ベス・イスラエル病院内視鏡部長。

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー3件

みんなの評価4.0

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (2件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

2008/11/16 20:53

投稿元:ブクログ

同著者の本はすでに『病気にならない生き方』(サンマーク出版、2005年)を取り上げた。世界で始めて、大腸内視鏡を使うことでポリープを切除することに成功した胃腸内視鏡外科医として著名だ。その著者の最初の本がこれである。内視鏡でこれまでに30万人以上の胃腸を診てきた結果に基づいて書かれている。その膨大な臨床結果から「胃相、腸相」にもっとも大きな影響を与えるのは、食生活だという。

著者は、内視鏡で多くの人の腸相を見てきて、獣肉食がどんなに腸相を悪くするかをつぶさに見てきた。肉を常食にするアメリカ人の腸は、固く短く、粘膜にもひだが多発し、宿便も多く「胃相」が悪いという。そういう腸は、大腸ポリープ、大腸ガンが多い。 それに比べ欧米人でも穀物、豆類、野菜・果物など複合炭水化物をよくとる人や菜食主義者の大腸はたいへん柔らかく、比較的長いという。柔らかくてひだが少なく動きがスムーズであり、排泄も順調で宿便になりにくい。したがってポリープやガンにもなりにくい。 つまり、著者が勧める食事内容は、大枠において甲田医学やマクロビオティックの主張と同じである。長年の内視鏡による「胃相、腸相」の臨床観察が、西医学や甲田療法、マクロビオティックスの主張を裏付けたとも言えるだろう。

よく言われることだが人間の歯は、臼歯(穀物用):門歯(野菜・果物用):犬歯(肉・魚用)=5:2:1の割合になっている。このような歯の構成の割合で食べるととてもバランスのよい食事になる。穀物は、もちろん白米や白パンおり、玄米など精白されないものがよい。食べ始めて一年後に胃腸の検査をすると、胃相・腸相が非常に改善されているのが分かるという。

動物性食品は、10から15%とし、でくるだけ小魚などでとる。一日100グラムでよい。 私自身が注意したいと思ったのは、コーヒー、日本茶、中国茶、紅茶、どくだみ茶などタンニン酸が多く含まれる飲料を避けること。コーヒーはほとんど飲まないが、茶はよく飲んでいるからだ。タンニン酸が多く含まれる飲み物を空腹時に大量に飲んでいると胃相が悪くなり、委縮性の変化が見られるという。これからはタンニン酸の少ない飲み物(たとえば十六茶)をできるだけ飲もう。

さらには、夜寝る前に決して食べたり飲んだりしないこと。なぜなら、胃が空っぽになっているときは人間のからだは正常に強い胃酸を出し、胃中の雑菌やヘリコバクター・ピロリ菌を殺して、自然治癒力・抵抗力・免疫力をつかさどる腸内細菌のバランスを保つからである。 最近、食に関する本を取り上げることが多いが、私自身が健康への関心が深く、またこうした食についての考え方が現代の医学や栄養学の盲点、問題点を浮き彫りにする点にも深い興味を感じるからである。

2012/12/23 09:49

投稿元:ブクログ

たしか2001年1月にこの本に出合い、読んで実践しています。
おかげさまで、体重は69キロから約10キロ減り、腹周りも4~5センチ細くなり維持しています。
牛乳はそれ以来1滴も飲んでいませんし、肉もできるだけ食べないようにしています。
野菜しかもなるべく熱を通していないものを食べるようにしています。

2014/02/08 21:27

投稿元:ブクログ

牛乳は良くないと主張する先生の本です。それに関しては私も同感で、しばらく牛乳は飲んでません。アイスとかはたまに食べますけど。
他にもたくさん書かれています。全て実行できれば健康体は間違いないでしょうが、全部出来ませんよ・・・。

病気の知識 ランキング

病気の知識のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む