サイト内検索

詳細検索

全品ポイント2倍(~8/31)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. ライトノベル
  4. 戦うボーイ・ミーツ・ガール
戦うボーイ・ミーツ・ガール(富士見ファンタジア文庫)
  • みんなの評価 5つ星のうち 4.2 61件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

  • 国内送料無料
文庫

紙の本

戦うボーイ・ミーツ・ガール (富士見ファンタジア文庫 フルメタル・パニック!)

著者 賀東 招二 (著)

戦うボーイ・ミーツ・ガール (富士見ファンタジア文庫 フルメタル・パニック!)

670(税込)

ポイント :6pt

現在お取り扱いができません

フルメタル・パニック!戦うボーイ・ミーツ・ガール(新装版)

463(税込)

フルメタル・パニック!戦うボーイ・ミーツ・ガール(新装版)

ポイント :4pt / 紙の本より207おトク

電子書籍をカートに入れる

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認くださいヘルプ

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
iOS EPUB 無制限
Android EPUB 無制限
Win EPUB 無制限
Mac EPUB 無制限

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

「戦うボーイ・ミーツ・ガール」が含まれるセット商品

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー61件

みんなの評価4.2

評価内訳

紙の本

武力技術が無駄に発達しすぎてしまった世界

2015/02/08 18:12

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:アイラ - この投稿者のレビュー一覧を見る

私たちの現在の世界と一緒の様でちょっと違う…
戦争分野の技術がロボット当たり前で発達しすぎてしまっている様な世界

ライトノベルはこの作品で初めて読みましたがこの世界感がすごく良く作りこまれていて物語に引き込まれました。

またシリアスとギャグとのギャップが激しい作品でもあります。
本編のシリアスな感じも好きですが、ギャグ方面の短編も本編の設定を生かした上でとことん笑える作品になっており本当に面白いです!

本編ではプロフェッショナルでカッコイイ主人公ですが、短編ですと日本の平和さに慣れない哀れな主人公さが最高です♪

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

いつまでも古めかしくならない構図

2010/07/29 20:47

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:くまくま - この投稿者のレビュー一覧を見る

 初版は10年以上前だが、どうして戦う少年と少女という構図は古めかしくならないのだろう?

 軍事組織ミスリルに属する軍曹・相良宗介は、普通の高校に転校し、秘密裏に千鳥かなめという少女を護衛する命令を受ける。ソ連が秘密裏に行っている人体実験と関連して、彼女が拉致される可能性があるらしい。
 宗介の軍人としての実力は、幾多の戦場を生き残ってきた事実が示す通り、わずかの懸念も抱く余地がない。しかし心配なのは、彼が普通の生活を送ったことがないこと。そしてその懸念は現実となり、かなめが通う高校と彼女の生活に波乱を巻き起こす。
 そんな生活が日常になって来た頃、修学旅行に向かうかなめに恐れていた魔の手が忍び寄って来る。宗介は彼女を守りきり、再び日常の生活を手に入れることが出来るのか?

 かなめに潜在する能力とミスリルの超科学力との関係、アーム・スレイブという人型兵器による戦闘、宗介が日常に巻き起こす騒動と、見どころと伏線はたくさんある。先の長い物語の始まり。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

真面目に闘ってます。

2003/12/23 00:53

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:魔法使い - この投稿者のレビュー一覧を見る

短編から入って読むと、サガラの勤労精神に目を瞠ってしまう。相良宗介が桁外れの常識外れ(日本の生活に適応出来ないだけ?)である理由の導入部作品。
世界最強の秘密武装集団《ミスリル》の最年少エリート戦士・相良宗介が任務として潜入した陣内高校で、同輩の美少女・千鳥かなめを護衛するという物語。シリーズ初作の戦闘設定は、修学旅行のハイジャック。派手にドンパチやってます。
私には、闘い続ける人生で失っていった精神を取り戻そうとする、相良宗介の軌跡の始まりという印象でした。闘って負傷して、それでも守っている相手から、恐怖を抱かれるという場面は切ない。
しかし、千鳥かなめ嬢は強い! サイコ−! 頑張れサガラ! 彼女に追いつくには修行が必要だ!…と思うような作品。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

少年向けの良質なエンターテイメント作

2001/10/29 20:28

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:おおさわ - この投稿者のレビュー一覧を見る

 ヒロインの千鳥かなめは,「人類が未だ知りえない知識を知ることのできる能力」を持つため,テロリスト達からその能力を狙われます.彼女を守るため,ミスリルと呼ばれる超国家的組織から派遣されたボディガードが主人公,相良宗介です.ところが,彼は極強度の戦争ボケの持ち主で,千鳥かなめの平和な高校生活を破壊の渦に叩き込んでしまいます.ああ,千鳥かなめの運命はどっち?
 本作品はロボットモノとして,結構シリアスな作りをしています.その辺りでも読み応え十分です.しかし,注目は主人公,相良宗介の強度の戦争ボケっぷりと,かなめの彼へのつっこみっぷりです.平和な日本の高校に歴戦の戦士が転校してきた,というギャップから生み出される話が非常に面白い.これは設定の勝利でしょうね.また,渋い親父から美少女まで,実に多彩なキャラクターが生き生きと描写されていて,素直に「格好いいなぁ」「かわいいなぁ」という感想を持たせてくれます.少年向けの小説として,素直にお勧めできる作品です.

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

癖はあるけれど、面白い

2002/06/24 02:36

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:エリック@ - この投稿者のレビュー一覧を見る

ドラゴンマガジン誌上で短編連載をしつつ、同時に長編も刊行するという、近年の富士見ファンタジア文庫の路線を如実に示している作品。著者・賀東招二はこれまで、シェアノベル形式での短編作品は幾つか出しているが、シリーズは今回が初めてだろう。

作品は、秘密組織に属する少年・相良宗介が「極秘任務」として、女子高生・千鳥カナメを守る為に謎の組織と戦うというもの。主人公が、秘密組織のエージェントをしているという設定はありきたりだが、その彼が極度の常識はずれというのは、意表を突いていて面白い。ある意味平和ボケともいえる日本で、あえてこの戦場を生きる少年を投げこんでみることで、滑稽さが引き立っている。それが面白い。

勿論、本筋としては主人公それを取り巻く組織とのシリアスな展開が売りであるが、そこはジュニアノベルということもあり、所々で息抜きがされている。いささか物騒な設定なのに、すんなり読みこめるのはその辺が原因だろう。常識はずれな主人公を引き立てる為に、彼にかなりのオーバーリアクションを強いている点は、まさにその典型だ。著者の配慮を感じる。

一つ難を挙げるとするならば、登場人物の殆どが高校生であるが故に、やけに「高校生した」キャラが出ていることだ。設定自体がありえない世界観であるものの、描写がリアリティのあるものになっているので、ライトSFとしても読めるものになるはず。しかし、やけに不自然な「高校生」を作中に量産してしまった為、かえって作品全体の雰囲気を台無しにしている感がある。特に、短編の方に感じるのだが、ギャップの大きさが魅力ではなく見苦しい部分になっているのではないだろうか。個人的には、その点が引っかかる。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

相良宗介

2001/05/17 23:39

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:T.K - この投稿者のレビュー一覧を見る

 場違い戦争ボケ、相良宗介は学校ではただのバカ。しかし本当は千鳥かなめを守るために送られてきたエリート戦士だった。かれは彼女を守るために巨大な敵に一人で挑む!!

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2010/01/30 18:37

投稿元:ブクログ

最終巻が出るというので数年ぶりに最初から読み直し中。
シリアスとコミカルの混ざり具合がほどよい。
ストーリー自体は普遍的。
ごった煮すぎるのに面白い。

2004/11/20 02:51

投稿元:ブクログ

フルメタの長編の方。今何冊出てるか解らんけど。
出てる限り、ほぼ全部借りて読んだー。漫画は読んでない。

2004/11/17 04:01

投稿元:ブクログ

フルメタ第一巻である。ええ、評価するのもおこがましい位にキャラ作りなど申し分なくうまく独特の世界など作者様の能力が伺える。相良、千鳥の両メインもキャラがしっかりしているしサブキャラの立ち方もかなりのもの。読みやすい良作品。

2005/06/06 23:43

投稿元:ブクログ


長編1巻を表紙買いして大好きになったシリーズ。どシリアスとテンポ良いギャグとラブコメの素敵な融合(笑)
短編の方も何度腹を抱えて笑ったことか。

2006/01/29 22:53

投稿元:ブクログ

いまや押しも押されぬ人気を誇るフルメタル・パニック!シリーズ第一弾。いやー、ようやく読みました。キャラ設定が凄い良いね、王道アニメ的というか、みんな良いキャラだ…。物語に凄くスムーズにのめり込める、ライトノベルの教科書のような作品。面白かった。

2006/01/27 01:53

投稿元:ブクログ

学園ラブコメの器にミリタリーロボットアクションを詰め込んだキャラクター小説。その構成自体に目新しいものはないので、純粋に登場人物や設定を好むか否かで評価が分かれるだろう。
個人的には、チャカチャカと動き回って愛嬌のある本作のヒロインが好きなので、数ある類似品の中からこのシリーズを好んで読ませてもらっている。
また、ミリタリー部分のプロットについては、さほど子供だましと言うわけでもなく、軍事・安全保障を専攻する大学院生数名が見ても納得できるレベルのデフォルメであることを、一応付記しておく。
(本シリーズには長編モノと短編モノの二つがあるのだが、ここでは基本的に長編のみを取り扱うことにする)

2006/02/21 06:23

投稿元:ブクログ

戦争バカにふりまわされるかなめ…なんとなく戦闘機とかでてくるとガンダムとか思いだいちゃう↓
戦いが校内に持ち込まれたりするときには面白さがふくらんだvv

2006/04/13 21:19

投稿元:ブクログ

 いわずと知れたフルメタルパニック第一巻。
 「護衛対象」が特別な存在に変わる瞬間。少年兵はようやく生きる意味を知る?

2006/07/02 19:03

投稿元:ブクログ

陣代高校の平和は、たったひとりの転校生の訪れとともに終わった。うなる弾丸、飛び散る薬莢、鞄にギッチリ銃器類。出てくる言葉は「キケンだ。ふせろっ!」。そう、やってきた転校生、相良宗介は、拳銃持った大ボケ君だった!彼の脳に“平和”の文字はない。勘違いで校内狙撃、思い込みで路上爆破―ケタ違いの常識外れ宗介。だがしかし!戦争ボケとは仮の姿。その実体は…世界最強の武装集団『ミスリル』のエリート戦士、相良軍曹だったのである!KGBの魔の手から、美少女・千鳥かなめを守るため、今日も相良軍曹は校内で銃を撃つ!ごく普通の女子高生かなめに隠された壮大な秘密をめぐり、今、ボケと涙と感動の戦いが始まった!!巨大スケールで描くSFアクション・コメディ、堂々見参。

富士見ファンタジア文庫 ランキング

富士見ファンタジア文庫のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む