詳細検索

TAC_『おとな旅プレミアムシリーズ 発売記念フェア』

  1. hontoトップ
  2. ネットストア
  3. 小説・文学
  4. ダーシェンカ あるいは子犬の生活

ダーシェンカ あるいは子犬の生活

  • 発行年月:1998.12
  • 出版社:メディアファクトリー
  • サイズ:22cm/119p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:4-88991-656-3

  • 国内送料無料

ダーシェンカ あるいは子犬の生活 (リエゾン・リーブル)

カレル・チャペック (著), 保川 亜矢子 (訳)

紙書籍

1,296 ポイント:12pt

発送可能日: 購入できません

欲しい本に追加する | 本棚に登録する

商品説明

チェコの国民的作家カレル・チャペックが、愛犬ダーシェンカに捧げるユーモアと愛情。子供にも大人にも受け入れやすいやさしい文章と、ユーモアたっぷりのイラストにダーシェンカの写...続きを読む

このセットに含まれる商品

前に戻る

  • 対象はありません

次に進む

おすすめ商品

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前に戻る

  • 対象はありません

次に進む

予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

商品説明

チェコの国民的作家カレル・チャペックが、愛犬ダーシェンカに捧げるユーモアと愛情。子供にも大人にも受け入れやすいやさしい文章と、ユーモアたっぷりのイラストにダーシェンカの写真を交え綴る。SEG出版95年刊の再刊。【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

カレル・チャペック

略歴
〈カレル・チャペック〉1890年生まれ。チェコを代表する作家。劇作『R・U・R』で有名になり、新造語「ロボット」は世界中に広まる。SF以外にも幅広いジャンルの作品を残した。1938年没。

関連キーワード

ユーザーレビュー

全体の評価 4
4.0
評価内訳 全て(4件)
★★★★★(1件)
★★★★☆(2件)
★★★☆☆(1件)
★★☆☆☆(0件)
★☆☆☆☆(0件)

この商品に関するあなたの感想やご意見をお寄せください。 レビューを書く

並び順を変更する :
評価の高い順
役に立った順
投稿日の新しい順
評価の低い順

評価5 投稿元:ブクログ

2005/05/06 13:37

頂き物の本だけどとにかく可愛い♪著者カレル・チャペックが小さなダーシェンカを相手にてんてこ舞いしている様がほほえましい

評価4 投稿元:ブクログ

2009/02/22 21:43

ダーシェンカ・・・口に出してみると実に可愛い響きである。
これはチェコを代表する作家カレル・チャペックが
飼っていたテリアの名前で、
彼が愛犬との毎日をユーモアたっぷりに語った
日記のような、童話のようなどこにも属さない
自由な文章と、心の柔らかい部分が
くすぐられるような絵や写真も沢山入った、
子供が読んでも、大人が読んでも、
楽しい本のタイトルである。

前半は、ダーシェンカが生まれた時から
もらわれていくまでの成長記録。

飼い主チャペックは新聞記者の仕事もしていた人で、
そんな彼らしく些細な変化やちょっとした
出来事さえも見逃さない細やかな観察眼と
愛情たっぷりに日々の成長を見守る飼い主の優しい視点で
やんちゃな子犬の毎日が綴られている。

作品の中盤には、そんな元気でちっともじっとしていない
愛犬の写真を撮る時の苦労話や、
ダーシェンカをいい子にするために語られる
「犬のお話集」が収録されていて、
作者チャペックの微笑ましい日常が目に浮かぶようである。

そして最後にはその涙ぐましい苦労が実った結果(?)の
愛らしいダーシェンカの姿満載の写真集。

作品中に溢れている、ダーシェンカの無敵の可愛さと
飼い主の深い愛情と優しさで、
愛犬家ならずとも、多くの読者が、
読んだ後にとても温かな気持ちになれる「犬のお話」。

評価3 投稿元:ブクログ

2009/06/27 00:02

カレル・チャペックさんの愛犬ダーシェンカの本です。
写真と挿絵で少し絵本のような感じですが、カレル・チャペックさんの
人柄の温かさが感じられます。素敵な作家さんです。

評価4 投稿元:ブクログ

2016/05/13 15:49

生れたばかりの「物体」みたいだったダーシェンカが自然の声に従って「犬」になるためにミルクを飲んだり運動したり。そして著者は撮影のためにじっとさせておこうとお話しを聞かせる一方、お客のズボンや靴にダーシェンカが飛びついても面白がって知らんぷり。ところが園芸家でもある著者の花壇をダーシェンカが掘り起こしたときには可愛さ余って憎さ百倍といったところか。そんな可愛い悪魔もやがて新しい飼い主に貰われていく。チェコ版の初版と同じ表紙がオシャレ。フォックステリア特有の上あごの内側の黒いアザってどんなのだろ?

レビューをもっと見る

この著者・アーティストの他の商品

前に戻る

  • 対象はありません

次に進む

お気に入り登録
(新刊お知らせメール)

この著者の新着情報
  • 受け取る
  • 受け取らない

こんにちはゲストさん

新規会員登録(無料)

ログイン

買い物カゴを見る
通販商品(計0点)
電子書籍(計0点)

Copyright (C) 2Dfacto,Inc.