サイト内検索

詳細検索

1,000円以上の注文で3%OFFクーポン(1001-04)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. 経済・ビジネス
  4. 外資系で働く人の英語入門 毎日のあいさつから会議・商談まで 外資系の英語が、仕事が、職場がわかる!
外資系で働く人の英語入門 毎日のあいさつから会議・商談まで 外資系の英語が、仕事が、職場がわかる!
  • みんなの評価 5つ星のうち 3 2件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:1998.12
  • 出版社: 中経出版
  • サイズ:19cm/223p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:4-8061-1201-1
  • 国内送料無料

紙の本

外資系で働く人の英語入門 毎日のあいさつから会議・商談まで 外資系の英語が、仕事が、職場がわかる!

著者 安達 洋 (著)

これからの厳しいビジネスの世界を生き抜くために必要なものを、外資系企業ではしっかりと学べる。その世界を、見開きに外資系企業の文化、仕事と、職場で日常使われる英語をパネル化...

もっと見る

外資系で働く人の英語入門 毎日のあいさつから会議・商談まで 外資系の英語が、仕事が、職場がわかる!

1,512(税込)

ポイント :14pt

現在お取り扱いができません

電子書籍化を希望する

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

これからの厳しいビジネスの世界を生き抜くために必要なものを、外資系企業ではしっかりと学べる。その世界を、見開きに外資系企業の文化、仕事と、職場で日常使われる英語をパネル化して紹介。【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

安達 洋

略歴
〈安達洋〉1964年岩手県生まれ。中央大学法学部法律学科卒業。外資系商社のプロダクトマネジャー。学生や若手企業人の国際化教育にも取り組む。著書に「TOEICテスト「超」勉強法入門」など。

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー2件

みんなの評価3.0

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (2件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

2007/05/08 23:30

投稿元:ブクログ

別に仕事で使う事はないのだけど、軽い読み物として入手。
著者の体験談とネイティブの表現、間違いやすい言い回し等が記載されていて、中々興味深い。
本気で利用する人には物足りるのかは解らないけど、履歴書の書き方、面接などの項目もあり。
やっぱ、勉強は必要だよ。うん。

2012/09/06 11:54

投稿元:ブクログ

外資系企業での生活の紹介と、ネイティブの英語表現をまとめた一冊。1998年の作品だけど、第一印象としては、まだこの頃は今ほど日本企業は追い込まれていなかったし、グローバル化の波も被っていなかったため、英語ができることや、実力主義の外資系企業で働くことが特別なことだったなということ。
今では、海外とのビジネスで英語は必須だし、外資が日本企業に入ることも全く珍しくない。よりあたりまえの環境として、我々を追い込んできている。本書は、日本企業にまだ体力があった頃の最後の古き良き時代の空気を感じさせる。

経営学・企業 ランキング

経営学・企業のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む