サイト内検索

詳細検索

小説&文庫&ラノベポイント2倍(~9/4)

ことばの道草(岩波新書 新赤版)
  • みんなの評価 5つ星のうち 3 2件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:1999.1
  • 出版社: 岩波書店
  • レーベル: 岩波新書 新赤版
  • サイズ:18cm/175p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:4-00-439006-0
  • 国内送料無料
新書

紙の本

ことばの道草 (岩波新書 新赤版)

著者 岩波書店辞典編集部 (編)

ことばの道草 (岩波新書 新赤版)

756(税込)

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー2件

みんなの評価3.0

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (2件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

2012/10/24 17:21

投稿元:ブクログ

一言で言えば、ただの薀蓄(うんちく)本。
ただ、それ故間違いなく、そうなのか、知らなかった!と思わされる内容は含んでいる。

ことばをより深く使おうとするのであれば、こういった本を通して原義を知ることも大事か。

2012/08/10 20:30

投稿元:ブクログ

いろんな言葉の語源を解説したもの。
漢籍・仏典だったり、植物や動物の名前だったり、時代を感じさせたり、江戸時代だったり、カタカナ語、はたまた新語…。
おもしろく読める本でした。

とくに印象的だったものを抜粋。
「だふ屋」 ふだ→だふで、こういう倒語は陰語の代表的手法だったらしい。
ちなみに、
「ねたがわれる」←たね
「がさをいれる」←さが(す)
「ドヤ街」←やど
「ポシャる」←シャッポ(をぬぐ)
という感じらしい。


くのいちが「女」を分解したものだとは知ってたけど、
「恋」の旧字が「いとしいとしと言う心」とは知らなかった。

語源がわかれば、言葉はもっと身近になる。

一般 ランキング

一般のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む