詳細検索
注目のキーワード:
池井戸潤
百田尚樹
有川浩
アンと青春
ガソリン生活
精霊の守り人
真夜中のパン屋さん
幸せになる勇気
ONE PIECE
鬼灯の冷徹

暮らし実用&児童書絵本ポイント3倍(エントリー)(0520-29)

  1. hontoトップ
  2. ネットストア
  3. 文庫
  4. 新艦長着任! 上

新艦長着任! 上(ハヤカワ文庫 SF)

  • 発行年月:1999.1
  • 出版社:早川書房
  • レーベル:ハヤカワ文庫 SF
  • サイズ:16cm/351p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-15-011258-5

文庫

  • 国内送料無料

新艦長着任! 上 (ハヤカワ文庫 SF)

デイヴィッド・ウェーバー (著), 矢口 悟 (訳)

紙書籍

691 ポイント:6pt

発送可能日: 購入できません

欲しい本に追加する | 本棚に登録する

このセットに含まれる商品

前に戻る

  • 対象はありません

次に進む

おすすめ商品

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前に戻る

  • 対象はありません

次に進む

予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

ユーザーレビュー

全体の評価 3.8
3.8
評価内訳 全て(7件)
★★★★★(2件)
★★★★☆(0件)
★★★☆☆(3件)
★★☆☆☆(0件)
★☆☆☆☆(0件)

この商品に関するあなたの感想やご意見をお寄せください。 レビューを書く

並び順を変更する :
評価の高い順
役に立った順
投稿日の新しい順
評価の低い順

六本足のモリネコを肩に、颯爽と登場するオナー・ハリントンの宇宙戦争物語。

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

2001/04/01 14:32

評価3 投稿者:伊藤克 - この投稿者のレビュー一覧を見る

 紅の勇者、オナー・ハリントンシリーズの幕開けである。太陽系から遠く離れたマンティコア王国の星間宇宙軍の巡洋艦フィアレスの艦長オナーハリントンは、6本足のモリネコのニミッツを肩にのせ、颯爽と登場する。しかし、その登場直後に、なじまない部下達を引き連れた、僻地バシリスク星系での過酷な任務。ヘヴィン商人との軋轢。そして敵対するヘイヴン人民共和国との熾烈な戦い。やがて部下達の信頼を得、過酷な戦いに勝利し、凱旋するまでを描いた作品である。
 一作目で登場するヘィヴン人民共和国と王国軍の先任艦長であるヤング艦長にはシリーズを通して苦しめられる。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

評価3 投稿元:ブクログ

2008/02/12 09:12

最近、最新刊の「女提督の凱旋」を見かけて、読んでみたくなった一冊。ヒロインが期待したほど魅力的ではなかったのと、読んでいて痛くなる壮絶な戦闘シーンが生理的に受け付けず、今一つ。まぁ「グレイソン攻防戦」までは買っちゃったので、もう一冊は読むつもりだけど。現在ではかなり手に入り難くなっているが、ハヤカワの取り寄せにはまだ在庫があるみたい。

評価5 投稿元:ブクログ

2006/11/12 11:21

もうこのシリーズとは長い付き合いで、ハリントンが様々な困難を乗り越えていく立身出世物語。相棒(というよりもっと深いつながり)のニミッツという猫のような生物や、戦った敵/見方の軍隊の周辺人物についても、細かい記述により馴染みとなってしまいました。*2

評価5 投稿元:ブクログ

2008/03/08 23:12

スペオペ。女艦長さんです!なでしこ!(違)。当初は洋書の挿絵のようなアメコミぽいというかアノ独特なイラストだったのに、とある巻よりいきなり美麗なイラストになってビビリました(苦笑)。SF知識がなくても十二分に楽しめます。

評価3 投稿元:ブクログ

2011/07/10 18:29

SFです
宇宙ものです
kitano的には銀河英雄伝説を期待して読みました
もう少しスッキリと会話を中心に話を進めて
欲しかったのですが、面倒な部分は飛ばしながら
読みました♪

人が死ぬシーンが多く、戦闘シーンをきっちりと
欠く才能がある作家さんですね

評価0 投稿元:ブクログ

2013/03/04 21:11

「女性艦長」というので、正直、やや及び腰だった。男性作者が描く凄腕の女性というのに、今ひとつ信用が置けなかったため。妙にステレオタイプなのではないか、と。が、とりあえず、冷静だし、きびきびしててOK。言葉遣い(これはたぶん翻訳のせい。軍隊なのだから、某公安9課の少佐みたいに男言葉で十分だとおもうのだが)と、ソプラノという設定(高音はパニックを助長する)はいただけないが。
で、ストーリーはありがちだがテンポはいいし、若干ミステリー要素も。後半の展開に期待。
原住民の姿とか、武器などの描写を頭に描くのがちょっとむずかしかったなあ。冒頭の登場人物の絵より、こちらを図解してほしかった。
おまけ:著者は、やっぱりホーンブロワーファンらしい。

評価0 投稿元:ブクログ

2004/06/14 00:00

http://shinshu.fm/MHz/67.61/archives/0000304602.html

レビューをもっと見る

この著者・アーティストの他の商品

前に戻る

  • 対象はありません

次に進む

お気に入り登録
(新刊お知らせメール)

この著者の新着情報
  • 受け取る
  • 受け取らない

こんにちはゲストさん

新規会員登録(無料)

ログイン

買い物カゴを見る
通販商品(計0点)
電子書籍(計0点)

Copyright (C) 2Dfacto,Inc.