詳細検索

暮らし実用&児童書絵本ポイント3倍(エントリー)(0520-29)

  1. hontoトップ
  2. ネットストア
  3. 児童書・絵本
  4. ともだちがほしかったこいぬ

ともだちがほしかったこいぬ

  • 発行年月:1999.11
  • 出版社:マガジンハウス
  • サイズ:24×24cm/1冊
  • 利用対象:幼児
  • ISBN:4-8387-1154-9

絵本

  • 国内送料無料

ともだちがほしかったこいぬ

奈良 美智 (絵と文)

紙書籍

1,728 ポイント:16pt

発送可能日: 1~3日

欲しい本に追加する | 本棚に登録する

商品説明

ぼくは、いつもひとりぼっちでさみしかった。どうしてかというと、ぼくがあまりに大きすぎて、みんなには見つけられないから。でも、ある時一人の女の子がぼくに気づいてくれたんだ。...続きを読む

このセットに含まれる商品

前に戻る

  • 対象はありません

次に進む

おすすめ商品

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前に戻る

  • 対象はありません

次に進む

予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

商品説明

ぼくは、いつもひとりぼっちでさみしかった。どうしてかというと、ぼくがあまりに大きすぎて、みんなには見つけられないから。でも、ある時一人の女の子がぼくに気づいてくれたんだ。寂しがりやの子犬と少女の出会いを描く。【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

奈良 美智

略歴
〈奈良美智〉1959年青森県生まれ。ドイツ国立デュッセルドルフ芸術アカデミーでマイスターシュウラーを取得。現在は、ケルンをベースに制作を行い、世界的規模で活躍。著書に「Ukiyo」ほか。

ユーザーレビュー

全体の評価 3.9
3.9
評価内訳 全て(23件)
★★★★★(6件)
★★★★☆(6件)
★★★☆☆(6件)
★★☆☆☆(1件)
★☆☆☆☆(0件)

この商品に関するあなたの感想やご意見をお寄せください。 レビューを書く

並び順を変更する :
評価の高い順
役に立った順
投稿日の新しい順
評価の低い順

子犬であって小犬ではない。

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

2006/09/30 05:38

評価4 投稿者:ISH - この投稿者のレビュー一覧を見る

かわいくない犬〜。やなツラした子供〜。
でも別に悪いことしてるわけじゃない。
ただ好き〜。わーい嬉しいな〜。
人間単純じゃないからそうはなれないな。特になりたくもないな。こんな奴らきらーい。
私もかわいくないしやなツラしてんな。
よく「かみさまは誰も見てくれなくてさみしいからいろんなもの作ったのかも」とか聞くけどこの犬さんはそれなのかなー。
大人になっても意味は分からない。どうとでも読める。奥の深い絵本でありました。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

動物愛護

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

2016/02/08 02:34

評価4 投稿者:テラちゃん - この投稿者のレビュー一覧を見る

寂しがりやの子犬と、少女の出会いの物語。奈良美智氏は、子供の心を捉えるのが抜群に上手いと思う。引き込まれてしまうのは、絵の魅力か。動物を身近に感じさせるのは、情操教育の上でも良いことだ。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

世界で唯一の存在

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

2002/11/25 15:55

評価4 投稿者:しろ - この投稿者のレビュー一覧を見る

この本の主人公(犬)?は、大きなこいぬです。あまりにも、大きすぎて、誰にも気づいてもらえず、寂しい思いをしていました。 しかし、そこへ、女の子が、友達になって、いっしょに歌を歌ったりして、いつまでも仲良くくらしたというお話です。
誰にも気づいてもらえなかったこいぬにとって、その女の子は、自分の存在を確かめる唯一の存在であったのはないでしょうか。
この女の子の存在によって「こいぬ」は、本当の大きないぬへと変わっていったのではないでしょうか。
この女の子のような自分の存在を確かめることのできる唯一の存在を、私達も、見つけて大事にしたいものです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

大きな犬は好きだけど…

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

2001/02/08 12:14

評価3 投稿者:かれん - この投稿者のレビュー一覧を見る

 表紙をめくると、大粒の涙を流している 友達のいない犬が描かれています。なぜ友達が出来ないか… それは、その犬が、世界をまたぐ程 大きかったから。大きすぎて、誰も犬の存在に気付いてくれません。

 でも、ある日、一人の女の子が犬に気付いてくれます。足からどんどん登り、頭の所までやってきます。足は中国辺り、頭はアメリカにあるのに… 一体この女の子の大きさは(^^;

 ストーリーが進むにつれ、犬の大きさが小さくなっているような気がします。でも、 それはお話だからよしとして。大きな犬と友達になった女の子は、これからも楽しく遊びます。やっぱり、犬でも人間でも一人ぼっちは寂しいです。今は一人ぼっちでも、きっと、あなたとの出会いを待っている友達がいます。人の出会いって何がきっかけは分かりません。出会いを大切にしたいです。吉本ばななさんの装丁でおなじみの奈良美智さんの絵本。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

評価5 投稿元:ブクログ

2004/11/22 17:30

奈良美智による絵本。「おおきすぎて」誰にも見つけてもらえなかった仔犬とそれを見つけた女の子のお話。画集としても楽しめます。

評価3 投稿元:ブクログ

2005/01/10 10:40

おおきな子犬は友達が欲しかったの。さびしくって友達を探していたら、小さな女の子が見つけてくれた!
大きくても小さくても、関係ないよ。大事なのは、「探す気持ち」。

評価5 投稿元:ブクログ

2007/02/03 23:09

奈良美智サンのイラストによる絵本。
犬は苦手だったリナのトコロにアル日突然ちびっちい仔犬が着た。
現在ベランダで暮らすワンコにリナは興味津々。
俄然 ワンコグッズが気になる。
大人でもしんみり読めるじわっと暖まる素敵な絵本。

ぼくは、いつもひとりぼっちでさみしかった。
どうしてかというと、ぼくがあまりに大きすぎて、
みんなには見つけられないから。
でも、ある時一人の女の子がぼくに気づいてくれたんだ。
寂しがりやの子犬と少女の出会いを描く。

評価4 投稿元:ブクログ

2006/01/31 14:49

奈良美智さんの絵が好き。色合い、やわらかさ、ちょっとつりあがった目の犬と女の子。なんだかとても気になります。

評価3 投稿元:ブクログ

2008/12/09 03:33

なんだか矛盾を感じる絵本なんですが嫌いじゃないんですよね。
センスの良さはいいと思うのですが。
希望を持ち、待ってるだけで友達は出来ないと思うんだよね〜

評価4 投稿元:ブクログ

2008/10/18 17:50

作者の奈良美智さんは、青森県弘前市出身のポップアート作家。
ニューヨーク近代美術館(MoMA)とかの世界の美術館に作品が所蔵されたり、
吉本ばななの本の表紙の絵になったりで、10年近く位前から有名になりました。
国際的な知名度を誇る作家さんなのに、何度か地元弘前で美術展を開いていて
すべて見に行きました。古い酒造煉瓦倉庫をそのまま美術館に仕立てたものでしたが、
一般的な堅苦しい美術館ではなく、秘密基地を探検するようなワクワク感がとても魅力的でした。
この絵本はそのときに隣のショップで買ったものです。
ちなみにだいは読んであげてもあんまり反応なしでした。
奈良さんの絵はギロっとにらみつける女の子の絵が特に多いです。

評価3 投稿元:ブクログ

2011/02/05 23:04

うーむ、さすがに、こりゃ、子犬に友達は居ない。でも、この子犬の存在に気がついた一人の女の子との出会いが全て。大切なのは「さがすきもち!」と記す著者の気持ちが、出会った時の女の子の表情に出ている気がします。

評価5 投稿元:ブクログ

2011/11/02 19:16

表紙だけ見ると
一見普通の大人しい犬の話かなって
思ってたら
ところがどっこい(笑)


「ぼくはひとりぼっち…
それは大きすぎるから」


あまりにもデカすぎるため
誰にも犬だとは
気づいてもらえなかった
かわいそうな子犬だったんですね(笑)
(コレが雲を突き抜け地球の上に立つ、怪獣並みのデカさ笑)


そんな子犬の足を
果敢にもよじ登ってくる1人の少女。

この少女の
驚く顔がまたいいんですよ(笑)

女の子は勇気を出して近づき
沢山歌を歌ってあげて
やがて友達になる
一人と一匹。


奈良さんの持ち味である
独特の絵柄と
優しい色使いは、
大人のかたくなな
心も自然と溶かしてくれます。



女の子が家に帰る時に言う
『またね!』
という魔法の言葉。


このひとことで
子犬はもう、
1人ではないことを知ります。



「きみがもし
ひとりぼっちで寂しくても
きっとどこかで誰かが
君と出会うのを待っているよ。
大事なのは探す気持ち!」


奈良美智さんが
この絵本に込めた魔法は、


不思議なものへと向かっていく
『勇気』と、

『諦めない』
ドン・キホーテの精神、

本当に大事なものは、
実はすぐ近くにあるんだよという
『気づき』、

そして君は君でいいんだから
胸を張って突き進めという
『希望』。


そんな大人もハッとするメッセージは、

誰もがホッとできる
秘密の洞窟のようなイラストと共に、

孤独に立ちすくむ
誰の心にも
必ず響くハズ。


文章は少なめですが、
ユーモラス絵の魅力なのか
大人は勿論、
小さな子供たちにも
大人気の絵本ですよ♪

評価5 投稿元:ブクログ

2012/04/05 13:00

絵は最高ですが、ストーリーはどうかな?と思っていたところ、「だいじなのは さがすきもち!」の一文に、深く動かされました。

また、娘から説明を求められて気づいたのですが、終わりから2頁目にある英文を読んで、感動と笑いが渦巻きました。こういうところ、奈良さん、いいなぁ。

評価4 投稿元:ブクログ

2016/04/10 21:36

奈良さんの絵、好きだなぁ。
絵のことはよくわからないので
好きというだけなんだけど。

ストーリーも可愛い。

おともだちがほしいのに
誰も自分を見つけてくれないという理由が、
「え!そっち?」なんだよね。
実はね、でかすぎて見えないの・・・うふ

でも、ちゃんと出会いはあるのだよ。
女の子が見つけてくれるの。

きちんと出会うべく人に出会える世界がある。
そういうお話。
楽しかった。

評価2 投稿元:ブクログ

2011/06/06 23:43

奈良 美智さんの絵はわたしが好きで、子供が産まれる前に買ったものです。1歳半の娘に読んであげようとしたけれど、やはりまだ早いようで最後のページまでいかずに飽きてしまいました。もう少し大きくなったらまた読んであげたいと思います。

レビューをもっと見る

この著者・アーティストの他の商品

前に戻る

  • 対象はありません

次に進む

お気に入り登録
(新刊お知らせメール)

この著者の新着情報
  • 受け取る
  • 受け取らない

こんにちはゲストさん

新規会員登録(無料)

ログイン

買い物カゴを見る
通販商品(計0点)
電子書籍(計0点)

Copyright (C) 2Dfacto,Inc.