詳細検索

TAC_『おとな旅プレミアムシリーズ 発売記念フェア』

  1. hontoトップ
  2. ネットストア
  3. 歴史・地理・民俗
  4. キットラー対話 ルフトブリュッケ広場

キットラー対話 ルフトブリュッケ広場

  • 発行年月:1999.11
  • 出版社:三元社
  • サイズ:22cm/109p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:4-88303-062-8

  • 国内送料無料

キットラー対話 ルフトブリュッケ広場

フリードリヒ・キットラー (著), シュテファン・バンツ (著), 前田 良三 (訳), 原 克 (訳)

紙書籍

2,160 ポイント:20pt

発送可能日: 1~3日

欲しい本に追加する | 本棚に登録する

商品説明

キーワードは「アート」「デジタル/アナログ・システム」「戦争」。数学によって可能となったテクノロジーと、それを前提に出現した文化表現を、ルネサンスから現代のメディア・アー...続きを読む

このセットに含まれる商品

前に戻る

  • 対象はありません

次に進む

おすすめ商品

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前に戻る

  • 対象はありません

次に進む

予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

商品説明

キーワードは「アート」「デジタル/アナログ・システム」「戦争」。数学によって可能となったテクノロジーと、それを前提に出現した文化表現を、ルネサンスから現代のメディア・アートまでたどる。【「TRC MARC」の商品解説】

関連キーワード

ユーザーレビュー

全体の評価 3.5
3.5
評価内訳 全て(2件)
★★★★★(0件)
★★★★☆(1件)
★★★☆☆(1件)
★★☆☆☆(0件)
★☆☆☆☆(0件)

この商品に関するあなたの感想やご意見をお寄せください。 レビューを書く

並び順を変更する :
評価の高い順
役に立った順
投稿日の新しい順
評価の低い順

評価3 投稿元:ブクログ

2007/11/16 05:26

邦訳されているキットラー先生のご本の中ではごくごく理解しやすいものだと思っています……キットラー先生はベルリン・フンボルト大学でメディア論を研究しておられる方で、私の大学では、一時期、生き神のような存在でした(笑)キットラー先生知らずんば独文にあらず、みたいな……
文学というまな板の上でメディア論を論ずるというのは、たぶん、実学志向の現代にあって、とかく文学が生き残るためになければならないことなのだと思う。この本がわかりやすいのは、対談相手がロック歌手だ、という点にあると思います。ちなみにルフトブリュッケ(空の橋)というのは、ベルリンの壁の建設時、孤立した西ベルリンに食料などの生活物資を運びこんだ飛行機での輸送作戦のことです。キットラー先生の言葉で印象に残っているのはふたつあって、ひとつは、テレビの出現によって「遠くが見える=世界が縮まった」と感じられているけれど、実際はそうではなくてむしろ遠のいているのだということ(ちなみにドイツでテレビのことはテレヴィジョンでも通じるのだけれど、ドイツ語では正確にはフェルンゼーエン、「遠くを見る」という言葉なのだ)もうひとつは、手書きの文字には文字と文字の間の意味があってあたたかいもの、デジタルの文字は1と0しか含意せず、その1と0の間の空隙はいかようにも埋められないと思われているけれど、実際はアナログの文字と文字の間にだって空隙があるのだという認識です。後者に関しては、この本で説明されています。

評価4 投稿元:ブクログ

2010/05/08 08:24

sichを使わない。再帰動詞を使わない。自身との関係性の中に閉じるのではなく、外部に向かって開く。

それが、キットラーの書き方。

レビューをもっと見る

この著者・アーティストの他の商品

前に戻る

  • 対象はありません

次に進む

お気に入り登録
(新刊お知らせメール)

この著者の新着情報
  • 受け取る
  • 受け取らない

こんにちはゲストさん

新規会員登録(無料)

ログイン

買い物カゴを見る
通販商品(計0点)
電子書籍(計0点)

Copyright (C) 2Dfacto,Inc.