サイト内検索

詳細検索

全品ポイント2倍(~8/31)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. 文庫
  4. グレイソン攻防戦 上
グレイソン攻防戦 上(ハヤカワ文庫 SF)
  • みんなの評価 5つ星のうち 4 3件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:1999.12
  • 出版社: 早川書房
  • レーベル: ハヤカワ文庫 SF
  • サイズ:16cm/335p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:4-15-011294-0
  • 国内送料無料
文庫

紙の本

グレイソン攻防戦 上 (ハヤカワ文庫 SF 紅の勇者オナー・ハリントン)

著者 デイヴィッド・ウェーバー (著),矢口 悟 (訳)

グレイソン攻防戦 上 (ハヤカワ文庫 SF 紅の勇者オナー・ハリントン)

691(税込)

ポイント :6pt

現在お取り扱いができません

電子書籍化を希望する

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー3件

みんなの評価4.0

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (1件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

2008/02/25 14:09

投稿元:ブクログ

オナー・ハリントン・シリーズの2作目。これも2008年2月現在、上巻はすでに手に入りにくくなっている。
マンティコとヘイブンがグレイソンを舞台にした代理戦争を闘うというストーリーだが、味方も敵も、欝陶しい政治家を相手に苦戦するというのが面白い構成。最後は、相手を騙し続けたか、相手の信頼を勝ち得ようとしたかという態度の差が決定的差となって表れる。一作目より面白かった。

2013/04/19 22:11

投稿元:ブクログ

ハリントン艦長2作目。外交使節団とともに派遣された先は、ユタ州辺りのある宗派の信者たちと同じような歴史を持ち、中東の首長国のような女性観を信じる人々の住む惑星。案の定…の展開。さらにここと対立する国家には、あの敵役の手がもちろん伸びてます。
さて、1作目では艦長は「美しい」とは描かれていなかったと思ったけれど、なにやらやたらと「美貌」が強調されて、なんだかなぁ。その上、相変わらず女言葉。まあ、日本語は男言葉と女言葉の差が大きくて、しかもはっきりさせないと話し手の性別がわからなくなるから仕方ないけど。でも、「紳士および淑女の諸君」といったあとに「がんばってちょうだい」などと言われると、一気に膝がへなへな。
それから、威圧するならいいけれど(?)、現役の武官が民間人を殴っちゃまずいでしょう、艦長。
あ、ひとり魅力的な人物発見。ビュコック提督的な香り(断じて加齢臭ではありません)に惹かれました。ついお名前の「ォ」と「ジ」の間に「ア」を入れて呼びたくなるのですが…、ああ、残念。

2004/06/15 00:00

投稿元:ブクログ

http://shinshu.fm/MHz/67.61/archives/0000304603.html

ハヤカワ文庫 SF ランキング

ハヤカワ文庫 SFのランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む