サイト内検索

詳細検索

送料無料

エントリー限定! お店とネット利用で最大200ポイント(~9/30)

不思議の国のアリス(岩波少年文庫)
  • みんなの評価 5つ星のうち 4.2 30件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:小学生
  • 発行年月:2000.6
  • 出版社: 岩波書店
  • レーベル: 岩波少年文庫
  • サイズ:18cm/230p
  • 利用対象:小学生
  • ISBN:4-00-114047-0
  • 国内送料無料
文庫

紙の本

不思議の国のアリス (岩波少年文庫)

著者 ルイス・キャロル (作),脇 明子 (訳)

おおあわての白ウサギを追いかけてアリスが穴に飛びこむと、奇妙で不思議な冒険がはじまります。オックスフォードの数学者が創り出した、ユーモアとことばあそびに満ちたイギリス児童...

もっと見る

不思議の国のアリス (岩波少年文庫)

691(税込)

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

「不思議の国のアリス」が含まれるセット商品

宮崎駿監督が選ぶ少年文庫セット (岩波少年文庫) 56巻セット

宮崎駿監督が選ぶ少年文庫セット (岩波少年文庫) 56巻セット

  • 税込価格:42,941397pt
  • 発送可能日:購入できません

商品説明

おおあわての白ウサギを追いかけてアリスが穴に飛びこむと、奇妙で不思議な冒険がはじまります。オックスフォードの数学者が創り出した、ユーモアとことばあそびに満ちたイギリス児童文学の古典。【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

ルイス・キャロル

略歴
〈ルイス・キャロル〉1832〜98年。イギリスの童話作家・数学者。オックスフォード大学卒業。同校数学講師。「不思議の国のアリス」以下の幻想的・詩的作品で全世界に知られる。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー30件

みんなの評価4.2

評価内訳

  • 星 5 (12件)
  • 星 4 (7件)
  • 星 3 (7件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

2004/12/21 08:01

投稿元:ブクログ

登場人物たちの奇妙さ奇怪さといったら!『今度はどんないきものがでてくるのかな』ってわくわくしっぱなしです。
大切で大好きなものがたり。

2005/04/23 07:02

投稿元:ブクログ

アリスといえば、John Tennielの挿絵が頭に浮かぶのですが…勝手に「絵本」カテゴリに入れます。
結構、切っても切れない関係かも。
私はこの本でよく笑いますが…

2008/05/15 14:37

投稿元:ブクログ

やっぱり、英語をもっと勉強して原書を読んだほうがずっと楽しいのだろうと思う。長女にアニメを観せたら気に入った様子なので、そろそろ絵本でない本を読み聞かせてみようかと思ったのだが、数ページで飽きたらしい☆(2008-04-26L)(2013-12-22L)

2006/02/14 15:46

投稿元:ブクログ

絵本で読んでいて好きだった1冊。改めて読むとひねりがいっぱい(笑)原作にチャレンジしたい。ほぼ即興で作り出したキャロルは尊敬〜

2010/04/04 20:13

投稿元:ブクログ

原文で読むのも楽しい!
マザーグースを知ってるとさらに楽しめると思います^^
良い感じのナンセンスさと世界観が好きです。

2006/09/03 02:38

投稿元:ブクログ

論理と言葉遊びを交えた奇想天外な話にすっかり魅了されてしまった。僕はこういうへんてこなノリが本当に大好きだ。

様々な視点から物事を見ることが、どんなに刺激的な発見をもたらすのか。目を輝かせるような発見が、どれほど心を歓びで満たすのか。子供時代の自分を想い出して、今の自分に想いを馳せて、僕にそんな心を思い出させてくれた。

2006/05/31 19:08

投稿元:ブクログ

ルイス・キャロルの代表的な小説。
アリス以外のキャラクターがクレイジーで読むのが楽しい。
一生に一回は絶対読んでおきたい。

2007/01/23 11:12

投稿元:ブクログ

あることがきっかけで読んでみたくなった本。
なんとなく内容は知ってたけど、読んでみると面白かったし、ちょっと想像してたのとは違った。
ちょっと頭がこんがらがったけど。
お茶会で出合った帽子やさん好きw

2007/04/23 10:11

投稿元:ブクログ

アリス以外はマトモな人がいません。ていうか、人がいません。小さい頃は、アリスみたいな冒険がしたかったけど、今だったら、怖くて出来ません。

2007/02/19 22:34

投稿元:ブクログ

アリス!!きちんとすべてのお話が載ってるアリスです!今思うとアリスってすっげー怖い世界に行ったと思います(笑)愛がないもん、この世界。猫やら女王やら大好きです。いろんな人のアリスが読みたいです きゅんきゅんしたいよー

2007/05/08 19:42

投稿元:ブクログ

昔から一番好きなおはなし。
アリスの好奇心や順応性の高さはもはや才能だと思う。
可愛い女の子です。

2007/07/16 13:28

投稿元:ブクログ

驚くほどのナンセンス。驚くほどのブラック・ユーモア。こんなに面白かったっけ?子どもの頃に読んだことがある人も、再読のススメです。
特に、ブラックの方は、日本では在りえないなと思う程の強烈さ。お国の違いって、あるもんだなあ。言葉遊びも、こんなに手が込んでいるとは、知りませんでした。
日本の子どもには、たぶん・・・この本にちりばめられた言葉遊びと、ブラックを理解するのは難しい。でも、ナンセンスは、大人の何倍も楽しめるだろう。アニメなんかでは、このナンセンスの面白さは、半分も伝わらないと思うから、是非、子どものうちに一回読んで、大人になってから、再読すべき本だ!と思います。

2007/09/14 21:46

投稿元:ブクログ

傑作!久しぶりに読んだけど、大人になってから読んだらまた全然違う印象で面白い!!
ティーパーティのくだりがたまりませんね!
絵もカワイイ♪

2007/10/07 15:58

投稿元:ブクログ

この挿絵でのアリスが好き。原作のアリスの性格は面白くて、登場するキャラクターたちも個性的だったりで、読んでて楽しくなります。

2011/03/10 09:24

投稿元:ブクログ

定期的に読みたくなります。
もっと現代っぽい文章で読んでみたいかも。
「不思議」と「鏡」ほど読めば読むほど解釈が変わる本がないのではないかと思う本はあまりなように思います
何回か読みましたが、未だにきちんと読み込めたと思えない本

外国の作品 ランキング

外国の作品のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む