詳細検索

全品ポイント2倍(0620-30)

ドン・キホーテ 新版(岩波少年文庫)

  • 発行年月:2000.6
  • 出版社:岩波書店
  • レーベル:岩波少年文庫
  • サイズ:18cm/375p
  • 利用対象:中学生
  • ISBN:4-00-114506-5

文庫

  • 国内送料無料

ドン・キホーテ 新版 (岩波少年文庫)

セルバンテス (作), 牛島 信明 (編訳)

紙書籍

821 ポイント:7pt

発送可能日: 1~3日

欲しい本に追加する | 本棚に登録する

商品説明

スペインはラ・マンチャ地方の田舎騎士ドン・キホーテは、騎士道小説の読みすぎで正気を逸し、自ら遍歴の騎士となって世の不正をただそうと旅に出る。狂気と夢が引き起こす、滑稽な冒...続きを読む

このセットに含まれる商品

前に戻る

  • 対象はありません

次に進む

おすすめ商品

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前に戻る

  • 対象はありません

次に進む

予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

商品説明

スペインはラ・マンチャ地方の田舎騎士ドン・キホーテは、騎士道小説の読みすぎで正気を逸し、自ら遍歴の騎士となって世の不正をただそうと旅に出る。狂気と夢が引き起こす、滑稽な冒険物語。87年刊の新版。【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

セルバンテス

略歴
〈セルバンテス〉1547〜1616年。スペインの小説家。枢機卿の従僕、税吏などの経験を持つ。徴税吏時代の不手際から投獄され、獄中で「ドン・キホーテ」を書き始めたといわれる。

ユーザーレビュー

全体の評価 3.5
3.5
評価内訳 全て(15件)
★★★★★(2件)
★★★★☆(2件)
★★★☆☆(6件)
★★☆☆☆(1件)
★☆☆☆☆(0件)

この商品に関するあなたの感想やご意見をお寄せください。 レビューを書く

並び順を変更する :
評価の高い順
役に立った順
投稿日の新しい順
評価の低い順

結構奥の深い物語

2人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

2001/03/29 12:41

評価4 投稿者:つる - この投稿者のレビュー一覧を見る

 ドン・キホーテというと風車を怪物と勘違いして向かっていく、というイメージしかなかったが、なんのなかなか深い物語だった。
 特に後半はドン・キホーテも有名になっており、公爵夫妻がドン・キホーテに悪ふざけするなど結構面白い。とくに従者であるサンチョがその悪ふざけの一端として島の領主にしてもらうところがあるのだが、サンチョの身の程をわきまえた判断力に感嘆する。
 この本にはセルバンテスの思想がきちんと盛り込まれている。ドン・キホーテと言われて、風車しか思い浮かばない人はぜひ一度読んでほしい。ただの狂人の物語ではない。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

わかるようでわからない。

3人中、3人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

2011/05/28 10:12

評価3 投稿者:kumataro - この投稿者のレビュー一覧を見る

ドン・キホーテ セルバンス 牛島信明編訳 岩波少年文庫

 初めて読みましが、よくわからないということが正直な感想です。スペインのお話です。50歳独身のやせた男が騎士物語を読んで騎士の生活にのめりこんで狂人となり、それがドン・キホーテ・デ・ラ・マンチャとなる。風車や水車を敵と思い込み斬りかかっていく。彼はこの世に実在しないドゥルシネーア・デル・トボーソという女性に憧れと恋心をもつ。彼の家来が百姓のサンチョ・パンサですが、彼は常識人です。後半は、サンチョがひとつの島を統治するところまでいきます。
 キリスト教を背景にした道徳話のようでもあります。罪とは、傲慢(ごうまん)であること。忘恩であることです。神の存在があり、魔女による魔法があります。礼節を重んじることも説かれています。ドン・キホーテは認知症のようでもあり、夢想家のようでもあります。精神病のケもあるのだろうか。ドン・キホーテは、人生の最期を迎えるときに正気に戻ります。
 翻訳では、発言者が明確なのがいい。現代小説では、誰が話しているのかわからないものが、みうけられます。
 物欲に対して素直です。人生訓を読むがごとしの面もあります。サンチョの言動に、リーダーになるよりも、その他大勢のなかのひとりでいるほうがいいと読み取れるものがあり共感します。
 書かれた時代背景とか作者の人生体験を事前に仕入れておかないと理解できない内容でした。1605年に書かれた小説です。日本では1600年に関が原の戦いがありました。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

評価3 投稿元:ブクログ

2007/03/31 11:34

狂人ドン・キホーテ可愛い・・・でも妄想狂のくせに(笑)物事の本質を付きまくったことをいうのでびっくりします。サンチョパンサは何となくドラクエ8のヤンガスを彷彿とさせます。

評価3 投稿元:ブクログ

2008/02/14 14:49

16世紀のスペインの作家、セルバンテスの名作。かなり読みやすく編訳されています。ホセ・セグレーリェスが描いた挿絵が物語りの世界観に合致!

評価5 投稿元:ブクログ

2015/02/05 03:10

ボケることが幸福と水木サンがゆうてたけど、まさにそのお手本。サンチョとの掛け合いがオモチロイ。
もっともっと旅は長いはずで、会田訳がよいらしい。色々読み比べてみたいが!出来るかな。

評価3 投稿元:ブクログ

2011/02/07 14:58

かの有名なドン・キホーテ

ドン・キホーテっていう騎士(になりたい?)おじいさんと
サンチョパンサとロシナンテの名前は知ってたけど
実は未読だったので
読んでみました。

最初の4章くらいは
ドン・キホーテのきちがいっぷりにひいちゃって
つまんないから読むのやめようかと思ったんですが

ひまだったので読んでたら
だんだん面白いような気になってきて、
結論→面白かったです^^

なんだよーおもしろいじゃん!笑

ドン・キホーテが気ぃ狂っててこわいんですが
さいご訳者あとがきにもかいてあったけど、
ドン・キホーテの奇行をあざ笑っていいのか賛美(はしないけど)していいのか
狂気なのか正気なのか
馬鹿なのか利口なのか
あいまい性というより両方の同時的認識が「ドン・キホーテ」なのではないか、みたいな

なるほどー

ほんとはもっと引用があったりこの6倍くらい長いお話らしい。

でもそんなに読めないし、ちょうどいいかな

最後正気にもどったけど、
何かに夢中になるのってこわいなーとか、物語ばっかり読んでるとこうなっちゃうのかなー

とかは思わなかったけど。笑

評価2 投稿元:ブクログ

2012/10/13 18:04

最初だけ読んでおしまい。自分が小学生でドン・キホーテのようなおっさんがいればすごく楽しんだに違いないが、今読むと「大変だな」という気分が先にきてしまう。表紙の絵がこんなにてらてらしたかんじじゃなくて、もう少しドワーフ小人風のルックスなら受け入れられるかもしれない。

評価0 投稿元:ブクログ

2010/01/01 12:27

なんと利口なコンビか。

サンチョあってのドン・キホーテ。
だけど、ドン・キホーテなければ、サンチョもない。

この絶妙のバランス。


サンチョをモデルにしたキャラクターは数あるけれど、やはり元祖は一味違う。

………

 「ほほう、なるほど」と、この時、緑色外套の紳士がつぶやいた、「われらの騎士どのがとうとう正体をあらわしたぞ。」

………

評価5 投稿元:ブクログ

2011/04/28 18:26

中一の時に、母と祖母と三人で神戸へ旅行した際に伴った本。
私の一番の文学であり、Picassoの一番の文学。

評価0 投稿元:ブクログ

2014/09/17 22:37

岩波文庫版に挑戦して敗北したが、岩波少年文庫版でリベンジ。文体が冗長なので、抄訳じゃないと読み切れない。とはいえドン・キホーテとしての最初と最後は載っている。とくに最後のエピソードには泣ける。あれ、風車の話あったっけ?

評価3 投稿元:ブクログ

2012/04/11 21:23

わりと好き。サンチョみたいな陽気な従者は指輪物語のサムと一緒で、いい役してるよね
ただの狂人じゃなくて学のある人。いつの間にか応援してた

評価3 投稿元:ブクログ

2011/07/16 16:07

『ドン・キホーテ』はかなり長い作品らしいです。その中から、つじつまが合うように抜粋して編集してあるのが、この岩波少年文庫版です。この作品にどっぷり浸かって読む分には滑稽で面白いですが、ちょっと引いた目で眺めると、悲しいお話になります。

評価0 投稿元:ブクログ

2016/04/22 22:30

結局、悪い人を懲らしめるのではなく、勝手に悪いと思った人を攻撃し、勝ったり負けたりするおじいさんのお話だった。

サンチョが、島(?)の領主になった話が一番面白かった。

評価0 投稿元:ブクログ

2013/07/22 01:59

表紙のドン・キホーテの目つきがなにかしらすべてを物語っているように感じる。

騎士道にハマり、従者のサンチョ・パンサを引き連れていきながら遍歴を繰り返していくドン・キホーテの半生が語られている。

「ドン・キホーテ」なんて聞くと、やはりイメージとしては、しゃにむに風車に突っ込んでいく狂騎士のイメージが強いけれども、
著者のセルバンテスの生きた時代は、スペインの国力、キリスト教勢力がともに没落しつつしていた時代。
そんな時代にセルバンテスはこの物語に何を訴えかけたかったのだろう、と思ってみる。

評価4 投稿元:ブクログ

2014/06/17 23:36

昔の作品なのに楽しく読めました

現在でも小説の読み過ぎで頭がおかしい人が出てきてもおかしくない

そこに普遍性を感じました

周りの狂人(主人公)に対する態度が暖かくて微笑ましかったです

レビューをもっと見る

この著者・アーティストの他の商品

前に戻る

  • 対象はありません

次に進む

お気に入り登録
(新刊お知らせメール)

この著者の新着情報
  • 受け取る
  • 受け取らない

こんにちはゲストさん

新規会員登録(無料)

ログイン

買い物カゴを見る
通販商品(計0点)
電子書籍(計0点)

Copyright (C) 2Dfacto,Inc.