サイト内検索

詳細検索

送料無料

カレンダーポイント5倍キャンペーン(~9/30)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. 文庫
  4. カリフォルニア物語 1
カリフォルニア物語 1(小学館文庫)
  • みんなの評価 5つ星のうち 4 10件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:1994.12
  • 出版社: 小学館
  • レーベル: 小学館文庫
  • サイズ:16cm/351p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-09-191001-1
  • 国内送料無料
文庫

紙の本

カリフォルニア物語 1 (小学館文庫)

著者 吉田 秋生 (著)

カリフォルニア物語 1 (小学館文庫)

627(税込)

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

「カリフォルニア物語 1」が含まれるセット商品

カリフォルニア物語(小学館文庫) 4巻セット(小学館文庫)

カリフォルニア物語(小学館文庫) 4巻セット

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー10件

みんなの評価4.0

評価内訳

  • 星 5 (2件)
  • 星 4 (5件)
  • 星 3 (2件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

ニューヨーク、ニューヨーク

2001/08/27 00:06

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ポーリィーン - この投稿者のレビュー一覧を見る

 カリフォルニアからニューヨークへやってきたヒースの青春グラフティ。日本人がアメリカ人を描いているのでおかしな点もあるが、読み手も日本人なので充分リアルに感じられる。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2006/03/31 16:38

投稿元:ブクログ

全4巻読破。そもそも自分自身が内層に孤独をいつまでも(そしてどこまでも)孕んでいるせいか(誰もがどこかに孤独を孕んでいるのだろうけれど)、すっごい入り込んでしまった。。ヒース。イーヴ。テリー。なんて切ない物語なのか。。生きる強さ。死ぬことの無常さ。僕らは自分自身のことだけで精一杯で、他人のことを誤解ばかりしながら生きている。それでも生きている。自分が一番かわいくて、自分のことばかり考えていて、それでも誰かに認めてほしくて、褒めてほしくて。我儘で、エゴイストで、くだらないのかもしれないけれど、じゃあどうしたらいいのか。あー、駄目だ、頭こんがらがってきた。(06/2/20)

2005/11/09 21:52

投稿元:ブクログ

吉田秋生の初期の長編。舞台はカリフォルニアとNY。ハイティーンのひりひりする痛み、無力感、時代は一昔前だが、一読あれ。

2010/10/05 22:03

投稿元:ブクログ

「河よりもながく~」や「櫻の園」が私は吉田作品との出会いだったのですが、さらにさかのぼってみる。 「11人いる!」みたいにシリアスとまったりが混ざっていてかわいいんだけど、次買おうか迷う・・・

「夢見るころを過ぎても」って良いのかな?

2009/10/08 20:55

投稿元:ブクログ

お店にあって夏休みごとにちょっとずつ読むのが楽しみだった。ヒースの花ってどんなだろうとずっと気になっていり、「殊勝」ってどういう意味だろうかとか。「吉田秋生」はいっぱつ変換できるんだ。

2011/04/21 17:23

投稿元:ブクログ

とある一瞬からはじまって、だんだんと
それぞれのキャラクターの過去や生い立ちが
語られ始める物語形式であるために、
ちょっと読みづらい…のかな、と思ってしまう。

あとがきで、「外国」という土地が
憧れのイメージの土地であるか
治安の悪いという現実的なイメージの土地であるか、
吉田秋生のイメージは前者であろう、という
指摘がありましたが、むしろはじめから
作者は「ニューヨーク」を東京のようなものと
捉えていたのだろうと思うのです。
ある意味、理想郷で、でも、理想とか現実とかがごっちゃな、
なんでも叶う気がするけど何も手に入らない街…という。
虚構としては理想的な舞台だなあと思います。

2011/11/15 10:49

投稿元:ブクログ

人生に迷いニューヨークに流れ着いた若者たちの青春物語。

また大好きな吉田秋生。ほぼデビュー作なので荒削りな面はあるが、人種差別やら同性愛を含んだこのシビアな漫画を20歳で描いてるからやっぱり凄まじい才能だと思う。
吉田秋生の作品を読むといつも思うけど彼女の過去が知りたい。作者の器のでかさが漫画ににじみ出ている。

2012/04/09 20:34

投稿元:ブクログ

思い出すなぁ。「真夜中のカーボーイ」や「風と木の詩」の後半を。
しかしそれらとは決定的に異なるところがあり、それが美点でもある。
絵柄がごろごろと変容するのがまたよい。

2013/06/23 13:16

投稿元:ブクログ

1970年代の病めるアメリカを舞台にした群像劇です。
 カリフォルニアに生まれ、厳格な父との確執、優等生の兄へのコンプレックスから麻薬中毒になった過去を持つヒースはニューヨークで育ち、カリフォルニアに憧れる少年、イーヴと出会います。
 すっかり心を閉ざしていたヒースですが、生きるためには男娼までしながらも荒まず、きれいな心を持つイーヴと暮らすうちに元の明るさを取り戻します。また、同じアパートに住むアレックス、ケイシー、ブッチという仲間に囲まれ、ようやく自分の場所を見つけることが出来た、かのように思えたのですが…
 
 人間は同じ場所に留まらず、回り道をして成長していくもの、必死に生きる姿は希望に満ちている、ということがこの作品で再発見できます。

2015/05/24 17:17

投稿元:ブクログ

イーヴの死はショックでした…
が、そのことをきっかけに現実と、自分の持つ夢や憧れとのギャップに気づかされました。吉田秋生先生の描く物語はとてもリアル。性に関しても開放的。このリアルさを良しとするか辛いといって読めないかは人によると思う。