サイト内検索

詳細検索

送料無料

経済・ビジネス・コンピュータ・新書 ポイント2倍(~9/29)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. 小説・文学
  4. あたしの一生 猫のダルシーの物語
あたしの一生 猫のダルシーの物語
  • みんなの評価 5つ星のうち 4.5 22件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2000.7
  • 出版社: 飛鳥新社
  • サイズ:19cm/189p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:4-87031-427-4
  • 国内送料無料

紙の本

あたしの一生 猫のダルシーの物語

著者 ディー・レディー (著),江国 香織 (訳)

人間と暮らした一匹の猫が、頭と体と心だけを使って猫の生涯をまっとうしようとする自分とその周囲を、一人称で描写していく。動物と暮らすことが醸し出す、ストレートで、強く、正確...

もっと見る

あたしの一生 猫のダルシーの物語

1,404(税込)

ポイント :13pt

現在お取り扱いができません

電子書籍化を希望する

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

人間と暮らした一匹の猫が、頭と体と心だけを使って猫の生涯をまっとうしようとする自分とその周囲を、一人称で描写していく。動物と暮らすことが醸し出す、ストレートで、強く、正確で、濃密な愛の物語。【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

ディー・レディー

略歴
〈レディー〉ジャーナリスト、作家。ミネソタ州在住。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー22件

みんなの評価4.5

評価内訳

  • 星 5 (10件)
  • 星 4 (3件)
  • 星 3 (3件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

猫の愛着

2004/12/11 01:47

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:くおん - この投稿者のレビュー一覧を見る

人間と暮らした一匹の猫の物語。
猫のダルシー(あたし)にとって、飼主(あたしの人間)はしもべ。ダルシーは彼女の女主人。飼主は、猫のご機嫌をとり、やさしく抱きあげ、食事を用意したりするものだから、猫の立場からしたらこれは当然の考え方かもしれません。
この物語が、人間と猫の愛の物語であることに疑いの余地はないのですが、「愛」の中でも、これは強い「愛着」の物語だ、という考えが私にはぴったりきました。心理学用語として「愛着(attachment)」には「人間(動物)が、特定の個体に対してもつ情愛的きずな(affectional tie)」という定義があります。幼い子どもが母親へ求めるきずながわかりやすいですが、愛着は動物に対してだって物に対してだってもつことができます。ダルシーと飼主は、きっとお互いにそんな関係じゃなかったのかなぁ。
毅然としていて、人間に惜しみなく愛を与え、愛を求めた、ダルシーの一生に胸を打たれました。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

ある猫のプライドと愛

2001/09/11 14:24

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:もくれん - この投稿者のレビュー一覧を見る

 幼年期から成猫までの蜜月を経て、色々な出来事の中で確固として距離を保った時期もありながら飼い主である著者への愛情を決して失う事無く人生を全うしたダルシーの物語はせつない。

 猫との愛情の物語としてこの本を読むのならば、ちょっと想像とは違うかもしれません。
 前半では、猫と暮している人なら思い当たる色々な仕草や出来事もありますが、彼女(この物語の主役猫、ダルシー)は決していつも飼い主である著者に近づいていたわけでもなく、その人生の中では著者との交流がなされない時期も長かったのです。
 それでも彼女は飼い主を愛してた。無条件の愛、というのはすばらしいですね。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

猫と人お互いに癒される愛の日々

2001/06/11 14:20

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:田中ひろみ - この投稿者のレビュー一覧を見る

「あたしの一生」は私の大好きな江國香織さんが訳してるというだけで、きっとせつないすてきなお話なんだろうなと思ったが、期待をうらぎらない内容だった。「あたしの一生」は、一貫して猫の視線で描かれてる物語。
猫を飼ってる人が、自分の猫のことを「あたしの猫が」 と思ってるように、又猫も飼い主のことを「あたしの人間」と思ってるなんて、この本を読むまで考えもしなかった。
 はじめ、主人公の猫ダルシーは飼い主のことを「あたしのしもべ」とさえ思ってる。だから飼い主が、ダルシーのことを「私の小猫よ」と紹介するのも多いに不満で、所有も従属もしてないといいはる。犬は人間に従うけど、確かに猫は自由気ままで自己中心だ。でもダルシーにとって飼い主はやがて、しもべから友達になるんだけど。
 泣き声でやしぐさでダルシーは、飼い主に自分の欲求がわかるようにしつけた。確かによく見てると猫のしぐさや泣き声でなんとなく言いたいことは、わかる様な気がする。でも、それは自分の意志を訴えてるだけかと思ってたけど、猫が人間をしつけてるつもりだっとは、考えるだけでおもしろい。飼い主をしつけてるつもりでも、飼い主の愛の言葉や愛情に甘えてるところがなんともかわいい。
 ダルシーの家に、もう1匹猫バートルビーがやって来た時、ダルシーは飼い主が自分だけじゃ満足できずに新しい猫を連れてきたことに怒りをおぼえる。まるで、人間の子供に兄弟ができて、下の子供に焼きもちをやくようだ。だけど、バートルビーをいとしく思ってやさしく接する。それとはうらはらに、飼い主にはすなおに甘えなくなる。猫は、本当に複雑な動物だ。
 飼い主が悲しみに打ちひしがれてる時に、ダルシーはそばにいてあげることで飼い主を慰めた。誰かがそばにいるっていうことだけで、すごく気持ちは癒されると思う。その飼い主の悲しみは、父親が亡くなったこと以外にもあるようだと、それ以上詳しい内容は書かれてないのが、かえって猫の視線で書かれてるという感じがした。私なら、きっと飼い主の悲しみの原因をことか細かく書いてしまうだろう。
 その後またもう1匹新しい猫がバートルビーの家にやってきて、バートルビーは又ショックを受ける。
「自分とバートルビーだけでは、満足できないなんて!」
 確かに私が同じ立場に置かれたらそう思うかもしれない。でも、人間サイドの考えとしては、「仲間が増えて楽しいでしょ?」ぐらいしか思わない。
 友達で4匹猫を飼ってる子がいるんだけど、その猫たちが「互いに相性が悪い」となげいていたことがある。私も、どうして猫同士なのに仲が悪いんだろう?って思ってたけど、ダルシーの気持ちになって考えたらよくわかる。ダルシーは深く飼い主を愛してるのだ。また、飼い主もダルシーがこの世からいなくなるのを恐れるほど、ダルシーを深く愛してる。私も時々大好きな人が、この世からいなくなったらどうしようと考えることがある。そう考えるだけでも怖い。
 愛する相手が人間だったら、事故や病気で死なないかぎり70、80歳まで生きるけど、猫は20年も生きずに死んでしまう。愛するものが、自分より先に死んでいくのなんてとっても悲しすぎる。だから、私は生き物を飼うのが怖い。
 でも、この本を読んで亡くしてしまう悲しみよりも、いっしょに過ごすしてお互いに癒される愛の日々がとてもすばらしく感じられて、私も猫を飼いたくなってしまった。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2004/12/14 05:19

投稿元:ブクログ

感動で大泣き。
生きるって事、愛するという事をダルシーが教えてくれました。
私の1番好きな話です。

2006/03/20 22:16

投稿元:ブクログ

ダルシーを一人称として書かれたこの物語は、胸がつまるほど濃い愛の物語。決して従属することなく生きながら、一途な愛を求め、すべての愛を捧げていく、ダルシー。時に嫉妬し、拗ね、孤高を装えば装おうほど、求める愛の大きさと深さに気づいていく。歳を重ね、老い、病に苦しみ、死の淵に彷徨うダルシーは、持てる全ての愛を捧げ尽くして、ついに逝く。
<感想>猫と飼い主、いいや命と命の絆の強さとでもいえるだろうか、互いを求め、互いを必要とし、ここまで切ない絆をあたしは知らない。

2006/05/07 10:22

投稿元:ブクログ

内容(「MARC」データベースより)
人間と暮らした一匹の猫が、頭と体と心だけを使って猫の生涯をまっとうしようとする自分とその周囲を、一人称で描写していく。動物と暮らすことが醸し出す、ストレートで、強く、正確で、濃密な愛の物語。

2006/06/29 15:29

投稿元:ブクログ

何度読んでも号泣。
そしてずっと手放せない作品。
愛すべきダルシーは、
私の心の中で生きています。

2007/06/09 04:35

投稿元:ブクログ

猫を飼ったことはないけれど、ほんとによく観察したんだなあと思う。こんなシンプルな人生、うらやましいです。

2007/01/15 15:14

投稿元:ブクログ

【人間と暮らした一匹の猫が、頭と体と心だけを使って猫の生涯をまっとうしようとする自分とその周囲を、一人称で描写していく。動物と暮らすことが醸し出す、ストレートで、強く、正確で、濃密な愛の物語。】
これが全てです。江國香織さんの翻訳も素晴らしい。
猫嫌いな人もダルシーを猫と思わず"一人の女"として読んで欲しい。

愛に泣けます。

2007/02/01 00:17

投稿元:ブクログ

ネコの一生を生まれてから死ぬまで一貫してネコの目線で描かれている。
「この人は前世がネコだったんじゃないのか?」
と疑うほどネコにゃんのこと良く見てるんだろうと読んでいてふと思った。

ネコと飼い主の愛情が克明に表現され、最後の方は涙で活字を追うことができなかった…
うん、「ネコと飼い主」と言うのは不適切な表現だ。
この「二人」は真のパートナーなんだろうな。

そして、この本をより生き生きとさせているのが訳者。
この様な世界観は江國香織さんの独壇場である。
僕はあんまり訳本に感動を覚えないのだがこれだけは数少ない例外の一つだった。

ネコがお好きな方は是非ご一読を…

2007/09/22 12:31

投稿元:ブクログ

洋物は読まないが、これは読んでしまった・・・
そして涙。
ウチの猫も最期はこんなふうに思ってくれるといいな。

2011/08/04 20:24

投稿元:ブクログ

飼い猫が亡くなるというストーリーは知っていた。
感情移入しそうで6年間積読していたが、
ページを開いたら一気に読んでしまった。
ねこの距離感がいい。
海外でも日本でも、ねこにとって人間って下僕なんだなーと面白かった。
ただ、2匹めのねことの別れ方(安楽死選択)や
病気のねこを外出させるという行動は共感しづらい。
飼い主のために必死に生きようとするダルシーがけなげで
涙が止まらなかった。

2010/04/01 23:14

投稿元:ブクログ

数多い猫本の中で、一番好きな本です。

あとがきで江國香織さんが書いていらっしゃるように、主人公のダルシーの目線は、猫の目そのもの。「あたしの人間」の外の生活に思いをめぐらせたりはしません。目の前の人間をただ愛するだけ・・・。

せつなくて、読み終わった後に、猫をぎゅーっと抱きしめたくなる本です。

2010/07/17 03:20

投稿元:ブクログ

読みたい。けど書店を巡ってもない…
評判が凄く良いみたいなので本気で探しているのですが><
アマゾンで購入するしかないのかー;

2014/04/27 23:28

投稿元:ブクログ

誰かの心に思い出という種を蒔く。誰もがそんな想いを抱いているのだと思います。誰かに依存しないと生きていけないと自覚している人も、自立して一人で強く生きていくのだと決めている人でも。無意識のうちにそんな願望を持っているのではないでしょうか。
この主人公達が素晴らしいのは、その想いをはっきり自覚し、表現しているところ。相思相愛とはこういうことなのだと真っ直ぐに伝えてくれています。


愛というのはとても抽象的な感情だと思っていますが、それを深く真っ直ぐに感じられて、年を重ねるごとに心の奥に追いやられていくものを掬いだされるような、心に食い込んでくる一匹と一人の世界に少し眩しさを感じました。

英米 ランキング

英米のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む