詳細検索

全品ポイント2倍(0620-30)

明治文学遊学案内

  • 発行年月:2000.8
  • 出版社:筑摩書房
  • サイズ:19cm/311p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:4-480-82342-5

  • 国内送料無料

明治文学遊学案内

坪内 祐三 (編)

紙書籍

2,052 ポイント:19pt

発送可能日: 購入できません

欲しい本に追加する | 本棚に登録する

商品説明

〈愉しみ〉〈発見〉〈回想〉という3部構成の中に、明治の作家・作品が織りなす世界が活き活きと立ち上がる。明治文学を楽しむ達人がセレクトしたガイド・アンソロジー。【「TRC ...続きを読む

このセットに含まれる商品

前に戻る

  • 対象はありません

次に進む

おすすめ商品

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前に戻る

  • 対象はありません

次に進む

予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

商品説明

〈愉しみ〉〈発見〉〈回想〉という3部構成の中に、明治の作家・作品が織りなす世界が活き活きと立ち上がる。明治文学を楽しむ達人がセレクトしたガイド・アンソロジー。【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

坪内 祐三

略歴
〈坪内祐三〉1958年東京生まれ。評論家。著書に「ストリートワイズ」「古くさいぞ私は」「シブい本」などがある。

関連キーワード

ユーザーレビュー

全体の評価 未評価
0.0
評価内訳 全て(1件)
★★★★★(0件)
★★★★☆(0件)
★★★☆☆(0件)
★★☆☆☆(0件)
★☆☆☆☆(0件)

この商品に関するあなたの感想やご意見をお寄せください。 レビューを書く

並び順を変更する :
評価の高い順
役に立った順
投稿日の新しい順
評価の低い順

書評後編:例外的なアンソロジー——明治の日本を知るだけでなく、現代の日本を知るために

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

2000/11/27 18:15

評価0 投稿者:越川芳明 - この投稿者のレビュー一覧を見る

  〜 書評前編より 〜
 このように、本書は明治文学に関して、主張も異なれば、時代もことなる多種のすぐれたエッセイを集めている。そのことで、明治文学への複層的なアプローチが可能になる。しかし、もっと重要なのは、明治に始まるといわれる口語文体の、現代での多様な可能性を幻視する機会もまた与えてくれるということだ。それがこの本の隠れた大きな魅力ではないか。

 さて、この本に収められたエッセイや対談や座談会の細部もまた捨てがたい。たとえば、第二部の冒頭に収められた伊藤整の「近代日本の作家の生活」と、巻末の座談会「明治時代の文豪とその生活を語る」(昭和七年の『新潮』より)を併読すると、職業人としての作家の成り立ちがわかって面白い。と同時に、平成のいまだって、事情は似たり寄ったりだな、と思わずにはいられない。

 伊藤整は正直に自分の稿料を暴露して、明治初期の作家の生活について、こう述べている。「私自身の今の小説稿料の中位の標準で言うと一枚が千円であるから、六十六枚の原稿に対して、私は六万六千円を期待する。魯文はそれに対して五千円しかもらえなかった。そういうような状態であったから、それを書き上げた日に米が無くって、その金で買った米を炊いたという生活であったのも当然である」と。

 伊藤整が奇しくも「……を期待する」という微妙な言葉を使っているように、若干の例外はあるが、締切りと枚数だけをいい、稿料のことは話さない原稿依頼のシステムは、いまもって日本の出版業界の悪しき習わしだ。一方、座談会では、夏目漱石の稿料のことが話題になって、にわかに色めき立つ。

久米(正雄) 丁度僕ら行ってた頃に『中央公論』の滝田樗陰氏が斯ういふことを言ってたがね、「夏目先生が書いて呉れヽば一枚十円位出すがね」といふんです。十円といふのは素晴らしい値段を出すと言ってるものだなと吾々評判して居たんですが、その時分には僕らは一枚一円の原稿料です。
長田(秀雄) 僕らも一円です。
久米 僕ら最初に『新潮』から貰ったのは五十銭だったと思ふね。
長田 しかしあの当時一円貰へるといふと、非常に高い原稿料のやうな気がしたね。

おそらくいま「昭和の作家の生活」という座談会をやっても、稿料のことはきっと話題になるだろう。逆にいえば、いまもって作家と出版社が値段の交渉するのはタブーであるということだ。日本のプロ野球(ようやく代理人制度を認めつつあるが、選手はまだ球団本位の契約を強いられている)と同じで、日本の出版業界も明治以来つづいていいる前近代的なシステムを改めるべきではないか。そうしないと、スティーヴン・キングのように、インターネットを使ってダイレクトに読者に作品を売るような作家がいっぱい出てくるぞ。(bk1ブックナビゲーター:越川芳明/明治大学教授)

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

レビューをもっと見る

この著者・アーティストの他の商品

前に戻る

  • 対象はありません

次に進む

お気に入り登録
(新刊お知らせメール)

この著者の新着情報
  • 受け取る
  • 受け取らない

こんにちはゲストさん

新規会員登録(無料)

ログイン

買い物カゴを見る
通販商品(計0点)
電子書籍(計0点)

Copyright (C) 2Dfacto,Inc.