サイト内検索

詳細検索

送料無料

全品ポイント2倍(~9/30)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. 文庫
  4. うぐいす色の旅行鞄 杉原爽香二十七歳の秋
うぐいす色の旅行鞄 杉原爽香二十七歳の秋(光文社文庫)

立ち読みする

hontoアプリの確認

立ち読みには最新の「honto」アプリ(無料)が必要です。

  • バージョンの確認はアプリの「設定/情報」から確認できます。

最新の「honto」アプリをご利用の方

立ち読みする

最新の「honto」アプリをダウンロードされる方

hontoビューアアプリ

  • みんなの評価 5つ星のうち 4 4件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2000.9
  • 出版社: 光文社
  • レーベル: 光文社文庫
  • サイズ:16cm/294p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:4-334-73048-5

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

  • 国内送料無料
文庫

紙の本

うぐいす色の旅行鞄 杉原爽香二十七歳の秋 (光文社文庫 杉原爽香シリーズ)

著者 赤川 次郎 (著)

うぐいす色の旅行鞄 杉原爽香二十七歳の秋 (光文社文庫 杉原爽香シリーズ)

555(税込)

うぐいす色の旅行鞄~杉原爽香 二十七歳の秋~

540(税込)

うぐいす色の旅行鞄~杉原爽香 二十七歳の秋~

ポイント :5pt / 紙の本より15おトク

電子書籍をカートに入れる

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認くださいヘルプ

  • iOS
  • Android
  • Win

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
iOS XMDF 無制限
Android XMDF 無制限
Win XMDF 無制限

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー4件

みんなの評価4.0

評価内訳

  • 星 5 (2件)
  • 星 4 (2件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

2011/07/03 23:07

投稿元:ブクログ

2つのうぐいす色の旅行鞄の話が出てきた時に,
どこかで間違って交換されるのだろうなということは分かりました。

2つの旅行鞄がどういう意味があるのかは分かりませんでした。
杉原爽香の旅行先にも,必ず事件が待ち受けているところも推測できました。

結論はいつも、思わぬ方向へ進んで行き,よい意味で期待を裏切ってくれる。
そこが飽きないところです。

2016/04/09 15:11

投稿元:ブクログ

明男との結婚を間近に控え、温泉旅行へ行く爽香。うぐいす色の鞄を購入し、宿泊先で不倫カップルの鞄と取り違えてしまいます。死のうとしている不倫カップル、その事を利用しようとしている別のカップルに巻き込まれていく爽香。巻が進んでいくうちに面白いのですが、不倫カップルばっかり。。。世の中はこんなに不倫だらけなんでしょうか(T_T)

2013/03/31 13:37

投稿元:ブクログ

爽香シリーズ第13弾。杉原爽香、二十七歳の秋。丹羽明男との結婚式を間近にひかえ、爽香は新婚旅行用に「うぐいす色の旅行鞄」を買った。一方、同じころ、向かいのデパートで、爽香と全く同じ鞄を買う不思議な二人の男女が...。そして、無事に結婚式を迎えた爽香たち。その新婚旅行先に親友が・・・そして同じ旅館に同じ鞄を買った不思議なふたりの男女があらわれて・・・新婚旅行でもトラブルに巻き込まれる爽香カップルが気の毒だった。(2000/09 発売)

2013/06/15 22:28

投稿元:ブクログ

恋愛と結婚について少し考えさせられる作品。せめて、悲しい犯人が立ち直ることをいのる。平行ストーリーは、今後の河村家に暗雲をもたらすものだけど、メインストーリーに関係しないのにうまく読ませている。

光文社文庫 ランキング

光文社文庫のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む