詳細検索

全品ポイント2倍(0620-30)

バレエ入門

  • 発行年月:2000.11
  • 出版社:新書館
  • サイズ:20cm/277p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:4-403-23082-2

  • 国内送料無料

バレエ入門

三浦 雅士 (著)

紙書籍

1,728 ポイント:16pt

発送可能日: 1~3日

欲しい本に追加する | 本棚に登録する

商品説明

バレエを鑑賞する人のために、バレエの踊り方を具体的に説明するのではなく、むしろバレエがどれほど深い奥行きをもっているかを解説する。バレエの誕生からその発展、魅力、ダンサー...続きを読む

このセットに含まれる商品

前に戻る

  • 対象はありません

次に進む

おすすめ商品

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前に戻る

  • 対象はありません

次に進む

予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

商品説明

バレエを鑑賞する人のために、バレエの踊り方を具体的に説明するのではなく、むしろバレエがどれほど深い奥行きをもっているかを解説する。バレエの誕生からその発展、魅力、ダンサーなどを紹介する。【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

三浦 雅士

略歴
〈三浦雅士〉1946年生まれ。詩誌、思想誌の編集長として活動。80年代に評論家に転じ、文学・芸術を中心に執筆活動を展開。『ダンスマガジン』『大航海』編集長。著書に「バレエの現代」など。

関連キーワード

ユーザーレビュー

全体の評価 4
4.0
評価内訳 全て(6件)
★★★★★(1件)
★★★★☆(1件)
★★★☆☆(1件)
★★☆☆☆(0件)
★☆☆☆☆(0件)

この商品に関するあなたの感想やご意見をお寄せください。 レビューを書く

並び順を変更する :
評価の高い順
役に立った順
投稿日の新しい順
評価の低い順

バレエが如何に素晴らしい芸術であるかを文明史的視点から力説した本

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

2001/02/09 16:32

評価0 投稿者:稲倉 達 - この投稿者のレビュー一覧を見る

 2000年には、著名な舞踊評論家によるバレエ鑑賞の入門書が2冊出た。それぞれにまったく違う個性を持っているから面白い。先に出た鈴木晶『バレエの魔力』(講談社現代新書)が、初心者が劇場でバレエに親しむための実用的なガイドという基本方針に貫かれているとすれば、こちらは、バレエが如何に素晴らしい芸術であるかを文明史的視点から力説した本である。

 しかし、だからといって難解な本ではない。まるで講演録のような文体で平易に書かれている。ポイントを箇条書きでまとめるなど、入門書としての心配りも憎い。一方、バレエは「人間というものの神秘の核心」であると説く冒頭の部分は駆け足で、著者のこれまでの仕事に馴染みのない読者にはいささか強引に感じられるかも知れない。が、それはそれ。バレエ入門をこのように書き出さずにはいられなかった著者の熱い思いが全編に溢れており、読み応えは十分。最後に、ギエムや熊川哲也、マラーホフなど現役スターダンサーたちの魅力に言及するところまで、一気に読ませてしまう。観るか習うかして、すでに少しバレエに触れている人が、改めてバレエとはなんであろうか、もっと深く理解したいと思ったときに最適の本。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

評価3 投稿元:ブクログ

2013/02/14 18:50

初めてのバレエの鑑賞に際して、最低限の背景を知ろうと思い、読みました。書き方は、よく言えば平易、悪くいえば論理性は高くないと言ったところでしょう。
興味を持ったのは、やはり人間だけが踊り得る存在だということ。それに続く、生きる限り、人間は言葉を持ち、表現をする手段を持つという指摘。特に、20世紀という戦争に塗れ、生死の意識が顕在化した時代を潜り抜け、踊りは進化し続けた。
またバレエを見終えたら、もう一度この本を読みたい。

評価0 投稿元:ブクログ

2014/02/08 18:46

http://scheherazadeoflight.blog.fc2.com/blog-entry-1507.html

http://scheherazadeoflight.blog.fc2.com/blog-entry-1516.html

評価4 投稿元:ブクログ

2013/04/02 17:48

・モードリス・エクスタインズという人が『春の祭典』という本を書いています。バレエの本というよりは、第一次大戦前後のヨーロッパ社会の姿を浮き彫りにした本ですが、そこに『春の祭典』初日の状況が描かれています。というより、どうしても描けないということが描かれているのです。その場に居合わせた人々の証言がてんでんばらばらで、検証しはじめると、どの証言が正しいのかわからなくなってしまうというのです。ただ、ものすごい事件であったことだけは分かる。これはどういうことかといえば、歴史的な事件というのはほんとうは人間の心のなかでしか起こらないということなのです。そして、人間の心のなかで起こる以上は、その意味は決して一様ではないということなのです。
世界の歴史も日本の歴史も何度も書き直されてきました。今後も書き直されつづけるでしょう。歴史は客観的なものではありません。それは過去と現在の関係、現在を生きる人々との関係なのです。現在が変われば歴史も変わるのです。


・意味が変わりつづけるなら、バレエはとて不確かな芸術であるということになりそうです。歴史も不確かな学問ということになる。でも、そうではありません。逆です。不確かなものを確かなものにしようとして、人はバレエをさらに熱心に見ようとします。感動を確かめようとして再び劇場に足を運ぶ。そのとき人は、よりいっそう深く感じる心を養っているのです。


・生きることの歓びと哀しみをどれだけ深く感じることができるか、それは感動する心の豊かさにかかっています。ほんとうは歴史もそういうものなのです。歴史の本質は文学であり芸術です。人類という持続する生命に感動する心なのです。ほんとうの歴史家ならばそう考えていると思います。歴史はそこで神話や伝説に接しています。

評価0 投稿元:ブクログ

2012/10/11 16:38

有名作品やマイムやパの解説ではなく、ユリイカや現代思想の編集長だった著者ならではの思想史文化史をからめてのバレエ史入門。平易な語り口で知識がなくとも読みやすいし、かつ、バレエ、振付師、ダンサーの魅力を熱く語っているのでとても楽しい血の通った入門書。連載エッセイか講演録をまとめたものなのかな。簡略に語る大筋からそれないように、ここでお話することではないので、このへんで元に戻ります・・と書かれ、そこをもうちょっとお聞きしたいんですがという箇所が幾つか(笑) メモ)三浦さんの対談http://www.brh.co.jp/seimeishi/journal/027/talk.html

評価5 投稿元:ブクログ

2016/01/04 23:02

著者のバレエへの愛が伝わる。
そんなに愛しているのなら、僕も観てみたい。そう思わせる。
スポンサー付きの愛なんて、くだらない。
対象への情熱が、僕の心を動かしてくれる。

レビューをもっと見る

この著者・アーティストの他の商品

前に戻る

  • 対象はありません

次に進む

お気に入り登録
(新刊お知らせメール)

この著者の新着情報
  • 受け取る
  • 受け取らない

こんにちはゲストさん

新規会員登録(無料)

ログイン

買い物カゴを見る
通販商品(計0点)
電子書籍(計0点)

Copyright (C) 2Dfacto,Inc.