サイト内検索

詳細検索

紙の本 暮らし・実用書/児童書・絵本ポイント2倍キャンペーン

鳩の栖(集英社文庫)

立ち読みする

hontoアプリの確認

立ち読みには最新の「honto」アプリ(無料)が必要です。

  • バージョンの確認はアプリの「設定/情報」から確認できます。

最新の「honto」アプリをご利用の方

立ち読みする

最新の「honto」アプリをダウンロードされる方

hontoビューアアプリ

  • みんなの評価 5つ星のうち 4.2 94件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2000.11
  • 出版社: 集英社
  • レーベル: 集英社文庫
  • サイズ:16cm/195p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:4-08-747124-1
  • 国内送料無料
文庫

紙の本

鳩の栖 (集英社文庫)

著者 長野 まゆみ (著)

鳩の栖 (集英社文庫)

432(税込)

鳩の栖

486(税込)

鳩の栖

ポイント :4pt

電子書籍をカートに入れる

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認くださいヘルプ

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
iOS EPUB 無制限
Android EPUB 無制限
Win EPUB 無制限
Mac EPUB 無制限

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

収録作品一覧

鳩の栖 7-34
夏緑蔭 35-70
栗樹 71-114

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー94件

みんなの評価4.2

評価内訳

紙の本

特別じゃない、不幸じゃない、だからといって強くもない

2001/07/16 00:13

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:あふらま - この投稿者のレビュー一覧を見る

 病気を持っている、両親がいない。こういうシチュエーションだと、とかく周りが特別扱いしがちになる、少なくともそういう目でみてしまう。

 しかし、当人達はそんなことを望んではいないはずだ。普通に接して欲しい、遠慮のない方がいいと思っているのではないだろうか。

 だからといって、当人達に不安がないかというとそうではない。自分のおかれた環境に押しつぶされそうにもなることもあるだろう。

 この作品は、特別な事情をもった中学・高校生の微妙な心理状態と自分の置かれた立場を受け入れながら成長する姿を描いた短編集である。誰しもが、経験できるまた、想像できるシチュエーションではないが、読み終わった後の余韻は心地良い。中でも、3話「栗樹−カスタネア」は秀逸。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

現実世界にある幻想世界

2001/03/08 15:58

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:藍桐 - この投稿者のレビュー一覧を見る

 表題作を含む短編集。
 収録された全ての物語に共通して流れているのが幻想的な世界。ただ、それはファンタジー小説のように明らかに現実に存在することはありえない世界ではなくて、私達の生活の中でひょっとした瞬間に出会えるような、そんな、なんともいえない微妙な世界。
 大人ではないけれどだからといって幼児でもない、子供なのかもしれないけれど子供と言ってしまうと少し違和感がある、そんな少年達が性別を越えた人間という存在として悩み、愛し、成長していく姿はさすが長野まゆみとうならせます。

 読み終わった時に少しだけ幸せで、なんとなく暖かく、穏やかな気持ちになれる本です。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2005/01/28 19:50

投稿元:ブクログ

装画:長野まゆみ
装丁:松田行正

“少年たちの孤独と淡い愛情、儚い命の凛々しさを描く表題作など珠玉の短編五編。”(裏表紙解説より)
収録作品:『鳩の栖』、『夏緑蔭』、『栗樹―カスタネア』、『紺碧』、『紺一点』
お気に入りは『紺碧』、『紺一点』の紺シリーズ。
(文庫版)

2005/08/09 07:22

投稿元:ブクログ

受験を控えた中学3年生、初めて、長野まゆみさんに出会った本です。思い入れたっぷり
じんわりとした感情が胸の奥に広がります。内容は書きません。読んで下さい。

2008/04/30 18:57

投稿元:ブクログ

少年たちの4つの物語。
表題作はなんとも切ないテイストのお話です。
全編を通じ透明感の中に、少年たちの心の葛藤とか囚われ事とかが散りばめられていて
大変私好みの作品でした。
長野まゆみ以上に少年の葛藤を上手く書く人を私は知りません。
大人になりきってない少年のぐずぐずした悩みって素敵だよね!
オススメは紺一点シリーズ!

2006/01/21 21:43

投稿元:ブクログ

現在読書中!古本屋でみっけてついかってしまった!でもあんまりすきじゃないかなあ。いつものわくわく感がない、いまんとこ。

2006/03/02 10:26

投稿元:ブクログ

血縁だけではない家族の形と季節をテーマにした短編集。各話扉絵を飾る長野氏のイラストも素敵。お気に入りは表題でもある「鳩の栖」転勤族の家に生まれた操が何度目かの転入先でこれまで出会ったことない性質の少年、樺島に巡り合い、初めて楽しい学校生活を過ごせるようになったのに、実は樺島は病を抱えていたという…長野を読み慣れている人にはおなじみの展開なのですが。この物語で初めて"水琴沓"というアイテムを知ったのです。
血の繋がらない母と暮らしていた寧がひょんなきっかけで別れて暮らしていた実の兄と出会う「夏緑陰」唯一の肉親だった姉を亡くした亨の教師である義兄と親友・真木との関係を描いた「紺碧」「紺一点」の連作もお気に入り。

2006/03/30 16:22

投稿元:ブクログ

長野まゆみの短編集。これはそこはかとなく落ち着いた感じがします。「上海少年」とは違って、主人公は大抵、普通と言うか、おとなしめな子ではないかと。「鳩の栖」は「耽美」っぽい感じ。全体が靄に包まれたような、曖昧な雰囲気が好きでした。現代っぽい所を舞台にした小説の中ではこの短編が一番好きかも知れない。私が某シリーズ読めないせいなのかも知れませんけど…。

2006/04/06 20:36

投稿元:ブクログ

水琴窟をはじめて知った、きっかけの本。

空気感がこのうえなく好み。
読んだ後、自分の中にその空気が残ります。

2006/04/12 23:34

投稿元:ブクログ

清澄さと静けさに満ちた短篇集。長野作品はどれも好きだが、特にお気に入りの一冊。
表題作の遣る瀬無さが美しい。雨が静かに振る庭に朗朗と響く水琴窟の音に憧れて、この上なくアンビエントな水琴窟のCDを買ってしまったほど。
他の作品も切ない。特に紺連作は、続篇も含めてとても好き。少年愛に抵抗のある人にはお奨め出来ないけど。
長野作品にしては癖が少ないので、上海少年、天体議会と並んで長野初心者へよく貸す本。今も先輩のうちに出張中。

2006/05/16 16:08

投稿元:ブクログ

「紺碧」「紺一点」の真木。
彼のまっすぐな想いがとても好きです。
この本は全ての短編が秀逸です。

2006/05/15 00:08

投稿元:ブクログ

長野さんの作品で一番好きな作品です。長野さんの書き方は独特なものですが、とても好き。ゆっくり物事が流れている気がします。
まだ全然集められていないのですが、長野さんの作品もいつか集めたい。今考えているのは「東京少年物語」です。

2006/07/15 15:38

投稿元:ブクログ

長野まゆみの本では、一番何度も読んでいるかも。
過剰な部分が排除されているのでさらっと読むこともできるし、この人自身が持っていると思われる家族に対するコンプレックスのようなものが伝わってきて濃く読み込むこともできる短編集。
自家製ヨーグルト食べたい…。

2006/08/19 21:39

投稿元:ブクログ

装丁や文章といった細かいところが違和感なく作られており、見て読むという二重の楽しみがある。短編が多い。全部読みきれていない。ここ数年は、基本の少年話に同性愛的色合いが入っているらしい。

2006/07/27 13:52

投稿元:ブクログ

長野作品は最近避けぎみですが、昔はがりがり読んでました。
鳩の栖は初めて読んだ長野作品です。あわあわとして今にも消えてしまいそうな少年たちの、なんともいえない物語は毎回どきどきさせられます。

集英社文庫 ランキング

集英社文庫のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む