サイト内検索

キーワードを入力

詳細検索

送料無料

OP 経済・ビジネス ポイント2倍(~7/3)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. 文庫
  4. 提督ボライソーの最期
提督ボライソーの最期(ハヤカワ文庫 NV)
  • みんなの評価 5つ星のうち 5 2件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2000.11
  • 出版社: 早川書房
  • レーベル: ハヤカワ文庫 NV
  • サイズ:16cm/527p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:4-15-040969-2
  • 国内送料無料
文庫

紙の本

提督ボライソーの最期 (ハヤカワ文庫 NV 海の勇士/ボライソー・シリーズ)

著者 アレグザンダー・ケント (著),高橋 泰邦 (訳)

提督ボライソーの最期 (ハヤカワ文庫 NV 海の勇士/ボライソー・シリーズ)

1,058(税込)

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー2件

みんなの評価5.0

評価内訳

  • 星 5 (1件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

2006/01/27 13:53

投稿元:ブクログ

ボライソーシリーズ 24巻。
タイトル通りの内容(苦笑)。予め著者が公言していたとはいえ、このタイトルはなんとかならなかったのか。

※この本の初版には第一刷(紺の帯、訳者後書きまで含めて527頁)と、第二刷(赤い帯、同じく523頁)があるが、第一刷には著者が書いたものではない文章が勝手に追加されているらしいので、買うなら第二刷をお勧めする。

(第二刷購入済)

2012/08/17 12:48

投稿元:ブクログ

さて、いよいよ。
もうタイトルからしてネタバレなので、その点については何をかいわんや。
しかし、問題は例の「18 最後の組討ち」。そもそもこの章のタイトルは何ぞや。てっきりボライソーが取っ組み合いでもしたのかと思うじゃありませんか。
いやいや、それとて些細なこと。本書が絶版となって久しい今、「第2版」を指定して入手するのは至難の業。手元に届いたのは嫌な予感的中で1版でした。
まあ、ネットがあるので、原文を読めますから、なんとか原著者が描写した部分をたどってみると…。
原文の表現のなんと印象的なこと。まるで映画のように簡潔で視覚的。それまでの騒々しい戦闘シーンが一転して無音になったような、それでいてそれぞれの動き、動揺、衝撃がひしひしと伝わってくるような描き方です。
翻訳家のご苦労、ことにそれまで日本では馴染みのなかったジャンルを広められたことには敬意を表するものの、この1版における加筆は絶対OUTでしょう。
はっきり言います。きっとこのシーンの表現のおしゃれさ、スマートさと翻訳の方の波長が合わなかったんだと思います。一連の「海洋冒険小説(この言い方もとても不満)」のタイトル名やシリーズ名の「なんだかな」さかげんと連動する無粋さを感じてしまいました。
英国海軍の一連の物語は、昭和の冒険少年小説ののりではないと思います。

ハヤカワ文庫 NV ランキング

ハヤカワ文庫 NVのランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む

サイト内検索

キーワードを入力