サイト内検索

詳細検索

送料無料

小説&文庫&ラノベポイント2倍(~7/31)

砂鉄とじしゃくのなぞ(オリジナル入門シリーズ)

立ち読みする

hontoアプリの確認

立ち読みには最新の「honto」アプリ(無料)が必要です。

  • バージョンの確認はアプリの「設定/情報」から確認できます。

最新の「honto」アプリをご利用の方

立ち読みする

最新の「honto」アプリをダウンロードされる方

hontoビューアアプリ

  • みんなの評価 5つ星のうち 未評価 1件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:小学生
  • 発行年月:2001.1
  • 出版社: 仮説社
  • レーベル: オリジナル入門シリーズ
  • サイズ:21cm/111p
  • 利用対象:小学生
  • ISBN:978-4-7735-0154-4

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

  • 国内送料無料

紙の本

砂鉄とじしゃくのなぞ (オリジナル入門シリーズ)

著者 板倉 聖宣 (著)

砂鉄と磁石の不思議な関係をわかりやすく解説する。砂鉄のおいたちや宇宙との関係、大陸移動説との関わりについても説明。国土社91年刊「科学入門名著全集9砂鉄とじしゃくのなぞ」...

もっと見る

砂鉄とじしゃくのなぞ (オリジナル入門シリーズ)

2,160(税込)

砂鉄とじしゃくのなぞ

1,728(税込)

砂鉄とじしゃくのなぞ

ポイント :16pt / 紙の本より432おトク

電子書籍をカートに入れる

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認くださいヘルプ

  • iOS
  • Android
  • Win

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
iOS EPUB 無制限
Android EPUB 無制限
Win EPUB 無制限

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

「砂鉄とじしゃくのなぞ」が含まれるセット商品

オリジナル入門シリーズ 6巻セット

オリジナル入門シリーズ 6巻セット

  • 税込価格:10,36896pt
  • 発送可能日:1~3日

商品説明

砂鉄と磁石の不思議な関係をわかりやすく解説する。砂鉄のおいたちや宇宙との関係、大陸移動説との関わりについても説明。国土社91年刊「科学入門名著全集9砂鉄とじしゃくのなぞ」の改題改訂。【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

板倉 聖宣

略歴
〈板倉聖宣〉1930年東京下谷(現・台東区東上野)生まれ。51年自然弁証法研究会を組織。機関紙『科学と方法』を創刊。59年国立教育研究所に勤務。著書に「科学的とはどういうことか」ほか。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー1件

みんなの評価0.0

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

砂鉄とじしゃくに関する疑問をていねいに説き明かしていく。これこそ、科学的ものの見方考え方です。

2001/01/29 18:28

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ドードー - この投稿者のレビュー一覧を見る

 砂鉄集めの遊びをしたことがあるでしょう?この、砂鉄って何なんでしょう?それが、前半に説き明かされるテーマです。答えを聞いてしまえば、「コロンブスの卵」で、「なあんだ」ということになるのですが、この本では自分の中に湧き起こった「何?」「なぜ?」を大切に考えていくのです。
「石は磁石にすいつくか」の項では、好奇心をもって、それまでの考えにとらわれずに<とにかくためしてみよう>とした名倉氏・梶田氏・柳田氏のことも驚きをもって書かれています。科学する心とはこういうものということのようです。
 1979年版のあとがきに、「科学の教育では、みなさんが自分ひとりで、考える習慣を育てることが大切です。そうしないと、独創的な考え方が育たないからです。ところが少し大きくなると、多くの人びとは自分ひとりで考えるのをおそれるようになります。まちがえてみんなから笑われるのが心配になるからです。ですから、独創的な考え方を大切にするためにはまちがいをおそれないことが大切です。」とあるのですが、昨年のノーベル化学賞を受賞した白川英樹氏も同じ様なことを言っていました。
 今の科学教育はどうでしょう。
 実験教室や科学あそびははやっていますが、内なる疑問を大切にし自分で考えてみる過程がなおざりにされているのではないでしょうか。板倉氏が大切に思ってきたことを、今もう一度、よく考えてみたいものです。
 この本は、1979年4月に福音館書店から出版されましたが絶版となり、1991年に少し改訂されて国土社から出版され、再び入手困難な状況となりました。今回、それを残念に思った仮説社によって、「オリジナル入門シリーズ2」として出版されました。三たび登場!というわけです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

理科・自然科学 ランキング

理科・自然科学のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む