詳細検索

暮らし実用&児童書絵本ポイント3倍(エントリー)(0520-29)

  1. hontoトップ
  2. ネットストア
  3. エッセイ・自伝・ノンフィクション
  4. アメリカが見つかりましたか 戦後篇

アメリカが見つかりましたか 戦後篇

  • 発行年月:2001.1
  • 出版社:都市出版
  • サイズ:20cm/325p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:4-924831-95-6

  • 国内送料無料

アメリカが見つかりましたか 戦後篇

阿川 尚之 (著)

紙書籍

1,944 ポイント:18pt

発送可能日: 7~21日

欲しい本に追加する | 本棚に登録する

商品説明

嫌米派の評論家、反米派の運動家、対米強硬派の知識人、親米派の作家もそれぞれのアメリカを探す旅に出かけた日本人だった−。第二次世界大戦後太平洋を渡った16人の日本人を描く。...続きを読む

このセットに含まれる商品

前に戻る

  • 対象はありません

次に進む

おすすめ商品

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前に戻る

  • 対象はありません

次に進む

予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

商品説明

嫌米派の評論家、反米派の運動家、対米強硬派の知識人、親米派の作家もそれぞれのアメリカを探す旅に出かけた日本人だった−。第二次世界大戦後太平洋を渡った16人の日本人を描く。98年刊「戦前篇」に次ぐ「戦後篇」。【「TRC MARC」の商品解説】

関連キーワード

ユーザーレビュー

全体の評価 5
5.0
評価内訳 全て(4件)
★★★★★(2件)
★★★★☆(0件)
★★★☆☆(0件)
★★☆☆☆(0件)
★☆☆☆☆(0件)

この商品に関するあなたの感想やご意見をお寄せください。 レビューを書く

並び順を変更する :
評価の高い順
役に立った順
投稿日の新しい順
評価の低い順

アメリカ論早分かり

5人中、5人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

2001/03/07 13:11

評価5 投稿者:塩津計 - この投稿者のレビュー一覧を見る

 親米派阿川尚之氏が親米・嫌米とりまぜた16人の訪米記をご紹介。戦前編もありますが、存命中の人物が多い戦後編のほうが面白い。かつて一世を風靡した都留重人、小田実も阿川氏筆で一刀両断。西部さん、どうしてそこまでアメリカが嫌いなのという疑問をお持ちの方もこの本を読めばその謎が解ける。軽妙酒脱なタッチで書かれた親米保守派の視点が幅広い読者の好感をさそう。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

アメリカという人工国家は病んでみて、淋しがってみて、そして他国に干渉し、騒ぎを起こして自国の存在意義を自己確認するのだろうか。

2人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

2003/07/12 23:06

評価5 投稿者:佐々木 昇 - この投稿者のレビュー一覧を見る

米英という鬼畜と戦った後、意外にも鬼畜のプロパガンダに圧倒された日本人は、幕末や明治の先人とは異なる希望を抱いて太平洋を渡っていった。
 日本という国家を背負って鎧兜に身を包んでの渡米というよりも、がむしゃらにアメリカという近代国家を自分のものとして消化したいという個人的願望をオブラートに包んでの渡米が多かったのではと推察する。針の穴からしか見えないアメリカを身体に染み込ませたいという欲望が勝っていたのではと思うが、研究者、実業家、作家、ジャーナリストなど16人が体験したアメリカがこの本には詰まっている。ここに登場する16人意外にも多数の日本人が太平洋を渡ったが、著者のアメリカ体験を交えながら冷静に評論したアメリカ論の本書は一読に値する。親米派、嫌米派、中間派が登場しているが、それぞれに自分が同じ立場だったら親米派になり、嫌米派になり、中間派になるであろうという体験が盛り込まれている。
 アメリカを体験した16人が意図的なのか年代順に列記してあり、これがいみじくも日本とアメリカの外交関係の変遷を読んでいるかのようになっていて、その変化がおもしろかった。

 海外渡航が満足にできない時代、親しい知人が農業研修生という名目でアメリカに渡った。送られてくるエアメールには本物の外国があり、当時は高価だったコーラが納屋に山積みで、飲み放題と書いてあるだけでアメリカの豊かさに対する憧れが炭酸のように弾けたものだった。朝がた一面の雪景色だった農場が昼には真夏の日差しになり、休みと思っていた農作業に追いまくられたなどという話は作り話としか思えなかった。
 ハワイに留学していたある友人は日本からやってくる観光客から日本の硬貨をもらい、ガムの自販機に入れてアメリカ硬貨のお釣りをせしめて小遣いにしていたという。
 現在の豊かな日本に出稼ぎにやってくるアジアの人々と彼らが起こす軽犯罪などに、ほんの数十年前の日本人がアメリカでやっていた事にも似たものが見えてくる。

 親日派、嫌日派、中間派のアジアの人々がいるが、これから何年かしたらアジアのどこかの国で「日本が見つかりましたか」という本が出るのではないかと思った。
 果たして、そのとき、日本人は病んでいるのか、淋しいのか、それとも再びアメリカのように他国に干渉してまでも自国の威力を見せつけるのか、それは分からない。
 アメリカを対象にした内容だったが、ふと、戦後の日本という国の立場を振り返らせてくれるものだった。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2001/2/4朝刊

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

2001/02/10 00:16

評価0 投稿者:日本経済新聞 - この投稿者のレビュー一覧を見る

 柔軟なアメリカ論で定評のある著者が、米国に渡った日本人の日記や体験記、見聞録を読み直した。ジョン・万次郎にはじまる十一人を論じた「戦前編」(九八年刊)に続く本書は、経済学者の都留重人、ソニーの盛田昭夫、「何でも見てやろう」の小田実、それに村上春樹まで十六人の多彩な顔ぶれを対象にする。
 本書を読むヒントが「戦前編」のあとがきにある。「若いときアメリカへ渡った学者や作家の一部に熱烈な反米主義者が多く見られるのは、不思議な現象だ」。戦後の日本の言論をリードした米国留学経験者たちの精神の葛藤(かっとう)を探ることで、日本人の思想を浮かび上がらせようという狙いがうかがえる。
 例えば、文芸評論家の江藤淳の反米姿勢の由来を、著者は留学経験に求める。『アメリカと私』にみられるプリンストン大学のみずみずしい情景描写を評価しつつ、「アメリカは自分を認めた。懐が深いではないか。そう評価したのに、実は少しも受け入れられていなかった」という江藤の失望が、後の「すさまじい情念」を生んだとみる。都合四回の著者自身の留学経験がこうした解釈の基礎にある。
 ただ重苦しいだけの本ではない。親交のある安岡章太郎や石井桃子らの項は、米国の懐の深さが現れていて、温かさを感じさせる。「戦前編」と読み比べれば、さらに趣は増す。日本論の秀でた手がかりであると同時に、米国も、そこに生まれた人々や往来した人々の様々な記憶の集積であることに思いを至らせる。
(C) 日本経済新聞社 1997-2000

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

評価0 投稿元:ブクログ

2011/10/21 02:10

・「アメリカの市民生活には一つのリズムがある。そして学生生活も何のてらいもなくその一部分でしかない。月曜から金曜までは先進仕事や学業に集中し,土曜は男女関係を契機とした動的な娯楽の日であり,日曜は家族関係を契機とした静的な憩いの日となる」(都留重人)
・「商売がうまく行って一息つけるようになると,休む暇なく政治の世界に飛び込む。もし忙しく働いた一年が終わり休みが取れようものなら好奇心にかられ広大な合衆国の旅に出かける。そして休暇と称しながら,数日のうちに五百マイルも制覇するのである」(トクヴィル)
・ブローバという著名な企業が十万個という大量の注文をくれたとき,同社の商標をつけるという条件を拒否してトランジスタラジオの商談が成立しなかったという話はいまや伝説となっている。ブローバの担当者は,「我が社は五十年も続いた有名な会社なんですよ。あなたの会社のブランドなんてアメリカでは誰も知らない」と言ったが,盛田は「五十年後にはきっと現在のあなたの会社に負けないくらい,我が社を有名にしてご覧に入れます」と啖呵を切った。その後ソニーがブローバを追い越すのに,五十年はおろか十年もかからなかったのは言うまでもない。(盛田昭夫)
・「考えてみればアメリカの画一性というのは日常生活を大量生産による物資(家屋,自動車,家具,衣類,食料等)でまかなっていることからくるもので,全アメリカ人が同じ印の缶詰を食っているからといって,必ずしも全アメリカ人が同じことを考えているわけではない。それどころか,州により,地域により,実に千差万別の慣習があり,法律があり,各個人の自由は精一杯尊重されている。」(安岡章太郎)
・「語学というのは,実は相手の顔を身覚えることから始まるのだということを,この滞在で初めて知った。顔の特色は最初,自分と相手の違いを感じさせるが,見慣れるうちに,その顔はやがて自分の中に入ってくる。いま私はP婦人を見ても彼女がアメリカ人であるとは思わず,自分の顔のことをもまた忘れてしまっている。」(安岡章太郎)
・「椎名さん,どうしてアメリカに留学した人の中から,大勢反米の人が出るんでしょうか」「ううん,アメリカに英語を勉強しに行ったからじゃないか。英語の勉強はねえ,君,いくら努力したってかなわないからねえ,そりゃあ劣等感を抱きますよ」(椎名素夫)
・「アメリカは,何年住んでも分からない国です。この国に人間がわたってきて住むようになると,かつての自分を忘れて,別の自分になろうとするんでしょうね。それは,人間にとってたまらない魅力です(中略)戦前の日本人は本当にひどい排斥を受けた。(中略)でも,差別がいかにひどくても。自分の願望がどこかで認められている。そういう気持ちが会ったからこそ,人々はアメリカに残り,生活しているんでしょう」(石川好が出会った日本人牧師の言葉)
・「豊かさと貧しさが,幸福と不幸とが,成功と没落が,いつもピッタリ背中合わせになった,板子一枚下は地獄といった感じの社会でアメリカ人は生きている」(桐島洋子『淋しいアメリカ人』)
・「夢に破れつつも理想を探してさまよい歩くアメリカ人,淋しさに歯を食いしばりながらもさまようアメリカ人,皆,私と同じ人々であった。(中略)彼らの人生が孤独な旅であること。そのことは彼らが意識をしようとしまいと私には確かなことと思われた。そしてそれは人生を旅とみなす西行や芭蕉を代表とする日本人の人生観と一致していた。この点において私は,彼らとの間に,深いアイデンティティを見いだしたといえる」(藤原正彦『若き数学者のアメリカ』)

レビューをもっと見る

この著者・アーティストの他の商品

前に戻る

  • 対象はありません

次に進む

  • 買い物カゴに入れる

    発送可能日: 7~21日

    ご注文後に出版社・製造元から取り寄せます。在庫切れなどにより取り寄せできない場合があります。

    納期・配送の目安について

お気に入り登録
(新刊お知らせメール)

この著者の新着情報
  • 受け取る
  • 受け取らない

こんにちはゲストさん

新規会員登録(無料)

ログイン

買い物カゴを見る
通販商品(計0点)
電子書籍(計0点)

Copyright (C) 2Dfacto,Inc.