詳細検索

暮らし実用&児童書絵本ポイント3倍(エントリー)(0520-29)

  1. hontoトップ
  2. ネットストア
  3. ライトノベル
  4. 終わるデイ・バイ・デイ 下

終わるデイ・バイ・デイ 下(富士見ファンタジア文庫)

文庫 読割50

  • 国内送料無料

読割50とは?

紙書籍を購入すると同一の電子書籍が50%OFF!

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。

購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

読割50または読割50のアイコンがついている商品が対象です。
一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • 書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しくみる

終わるデイ・バイ・デイ 下 (富士見ファンタジア文庫 フルメタル・パニック!)

賀東 招二 (著)

紙書籍

518 ポイント:4pt

発送可能日: 1~3日

欲しい本に追加する | 本棚に登録する

電子書籍

463(4pt) フルメタル・パニック!終わるデイ・バイ・デイ(下) (新装版)

紙書籍より:55円おトク

欲しい本に追加する | 本棚に登録する

このセットに含まれる商品

前に戻る

  • 対象はありません

次に進む

「終わるデイ・バイ・デイ 下」が含まれるセット商品

おすすめ商品

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前に戻る

  • 対象はありません

次に進む

予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

ユーザーレビュー

全体の評価 4.3
4.3
評価内訳 全て(16件)
★★★★★(11件)
★★★★☆(2件)
★★★☆☆(2件)
★★☆☆☆(0件)
★☆☆☆☆(0件)

この商品に関するあなたの感想やご意見をお寄せください。 レビューを書く

並び順を変更する :
評価の高い順
役に立った順
投稿日の新しい順
評価の低い順

彼の問題は…

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

2004/02/03 00:01

評価5 投稿者:魔法使い協会 - この投稿者のレビュー一覧を見る

上巻で描かれた事態によって、打ちのめされるサガラ。どっぷり落ち込んでいます。誰にも会いたくなくて<アーバレスト>の中に閉じこもったりして、ホント暗い。舞台が香港に移っても、まだ暗い。それは、自分一人では立ち直れ無いほど。落ち込んでいるサガラはある意味新鮮! 未来がどんどん狭まっていく喪失感から抜け出せなくて悶絶する様は気の毒だけど共感出来ます。傑作! オススメ。上巻と併せて読んでください。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

ロボット

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

2001/05/05 11:49

評価5 投稿者:T.K - この投稿者のレビュー一覧を見る

 今回はなにが何でも強い!! いつもはかろうじてだったけど今回はかっこいい。ヒロインに叱られて、ということだけど、僕はこういうのは好きです。
 これは、昔のロボットアニメのようなので、興味のある方は是非読んでみてください!!

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

読後の爽快感あり。

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

2002/04/04 00:22

評価3 投稿者:黒い山羊 - この投稿者のレビュー一覧を見る

 アニメが面白かったので、読み始めたのだが、なるほど無理のある設定をこういう形にするのかと、そこでまずほかには無いすっきりした感想を持った。主人公の人間味がある意味、一番解りやすいのも本書だろう。ヒロインに殴られてやっと動けるあたり、情けなくも感情移入してしまうのだ。びしっと言われて、目の前がすっきりすること請け合い。そして、正統派とでもいうべき、戦闘シーンの圧倒的な強さは、引き込まれる面白さだ。
 最後に、威勢のいい啖呵を切って、日常に戻っていくあたりで、題名にやっと納得して、満足の溜息をついて終わらせる筋立ては、エンターテイメントとしてかなりイケると思う。鬱憤の溜まってる方、すっきり系のカタストロフがほしい方にはお薦めです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

評価5 投稿元:ブクログ

2010/02/08 21:32

上巻は前巻の後日談的に淡々と結構暗いストーリーでしたが、下巻と合わせて読むと非常に爽快感のある作品に。個人的にシリーズ随一の面白さ。
鬱展開と言わないで。

評価5 投稿元:ブクログ

2006/01/31 23:36

宗介、覚醒・・・!(つーかアーバレストが) 主人公ったらこうで無くちゃあいけない!あんなに苦戦したヴェノムをこうもあっけなく!かなめフラグ立ちっぱなしでテッサたんがあまりに哀れなわけですが、この主人公ならまあこうなっちゃうよなあ。階級の縛りは厳しいか。フルメタ史上最燃えです。面白かった。

評価4 投稿元:ブクログ

2006/01/28 01:46

シリーズ長編4作目下巻、通算9冊目。
ヒロインが主人公にとって、なぜ「特別」なのか。その理由を恋愛描写によってではなく、事件と行動の連続から浮き上がらせるという見せ方は、ミリタリーアクションの中に学園ラブコメを混ぜた本作の特徴がよく現れている。
また、そうした事件を通じて、上巻で直面した個人的問題をどう解決していくかのヒントを主人公が発見していく。ここも、心理描写は比較的抑えられている
全体によく構成の練られた秀作。

評価4 投稿元:ブクログ

2010/07/17 09:07

上巻のもやもやっぷりを吹っ飛ばす爽快感あふれる下巻。

宗介が人間として一皮むけてキャラ的にすごく魅力的になった。
かなめもかなめで、すごい行動力をみせるし、この二人はいいコンビだよなー
そしてテッサの恋する乙女ぶりにもにやにやしたり。

とりあえず話としては一区切り。

評価5 投稿元:ブクログ

2008/01/27 23:44

 ASを扱うSRT(特別対応班)の後任班長として着任したクルゾー中尉に、宗介はAS戦闘で完敗した。宗介専用最新機<アーバレスト>を上手く使いこなせず、東京に残したかなめのことばかり頭をよぎる…。
 かなめは宗介のいなくなった東京で、<ミスリル>の諜報部のエージェントと謎の暗殺者を相手にしていた。と、そこに現れたアッシュ・ブロンドの青年が…。
 そして舞台は香港へ。中国内戦の危機となるやもしれないテロが勃発していた。最後50ページでおこる大どんでん返しに刮目せよ!
 長編シリーズ第五弾。過去最高の痛快さ。最後にして少年らしいヒーロー劇が見られました。ここからが宗介の本当の始まりかな、という感じですね。

評価5 投稿元:ブクログ

2006/09/03 01:02

いつか来る。そうこれはいつか来るべき日だった。かなめの護衛任務からの開放。

宗介は苦渋の選択をさせながら、そうせざるを得なかった。そして、一人残されたかなめは.....。

最後はあまりの宗介の無敵ぶりに思わず、苦笑しました。でも、今回はかなり胸にきました。

評価5 投稿元:ブクログ

2011/11/15 01:48

かなめって良い子だと思うよ本当。美少女で行動力もあって、一途で…嫁にほしい位です。二人が香港でちゃんと出会えて本当によかった。宗介も色々と吹っ切れて、一皮向けて更に良い男になった笑
テッサの恋心も切ない。

評価0 投稿元:ブクログ

2010/07/06 00:00

再読。上巻の散髪シーンから「彼女の問題」までの繋がりが物凄く好きだ…!あと、アルと宗介の教育メッセージ会話とラストバトルでの軽口の応酬がとても好き。上巻からの憂さを一掃するようなラストバトルも最高!

評価5 投稿元:ブクログ

2009/04/04 01:38

ガウルンとの関係に遂に終止符が打たれる。
余談だけど、このガウルンは本当に悪役でかなり好きなキャラ。

他の作品とかに出てくる、何か使命感を持って悪役をしてるようなキャラじゃなくて、純粋な悪人。
息をするように人を殺したり、自分が死ぬことに何の執着も無いような人。こういうキャラは結構好き。

かなめが必死に宗介を探すところが切ない。でもこの巻からレナードが出てくる・・・


あと、上巻で宗介とテッサがガチでケンカする。ケンカする時のテッサの感情を表に出してしまったセリフが切なすぎて泣ける。
でも仲直りする時のテッサの可愛さは異常。

評価5 投稿元:ブクログ

2010/02/09 10:31

宗介は太陽電池で、かなめが太陽。 おまえらお似合いだ大好きだ。 他のキャラも、もう色々見どころ多すぎてうまく書けない。 みんな大好きだ。 前半からもうかなめは反撃に出て頑張ってるのに、宗介が最高潮に無気力なんだけど後半のガウルンさんの言葉責めにKO→復活の流れが爽快感最高。
それにしてもカバーデザイン、前の方が良かったんじゃないかなあ。 黒幕の正体がガウルンさんだってもろバレですがな。

評価5 投稿元:ブクログ

2008/09/15 05:07

シリーズの転換点となる一冊。壁にぶちあたった主人公・宗介がそれを乗り越えて、大きな成長を遂げる。作者自身が語るように宗介らしい清々しいラストだった。

評価5 投稿元:ブクログ

2011/12/08 10:55

前巻でしっかり積み上げたものをまとめる形。宗介の心情に限りなく寄せて描かれた今作は今までに無い魅力を発している。宗介を揺さぶる役目と立ち直らせる役目を担うそれぞれとの会話も王道ながら大変好ましい。かなめのアクションも短編で見える性格も活かしつつ激しく行なわれ、手に汗握る展開と言って良い。基本的にはかなめメインの話だが、しっかりテッサもヒロインとして扱えている構成もまた良い。
何度も蘇ってきた奴の止めを直接目前で行ったことによって読者としてもはっきり確認できたことに、今回からレナードが姿を現すことによって今後の展開への見通しがはっきりする点も優れている。また、ミスリルと別系統のブラックテクノロジーを持っていることも描かれており、今巻のエピソードだけのための展開ではない所に高い構成力を感じてならない。
AIのアルとの遊びのシーンのおかげで最後の展開が違和感なく飲み込め、かつ熱い。
一点だけ不満があるとすれば、クルーゾーが後半になると目立たなくなることくらいか。宗介を追いつめた所まで目立ってたのだからもう少しこの話の中で触れて欲しかった。今後の長編に期待したい。

レビューをもっと見る

この著者・アーティストの他の商品

前に戻る

  • 対象はありません

次に進む

お気に入り登録
(新刊お知らせメール)

この著者の新着情報
  • 受け取る
  • 受け取らない

こんにちはゲストさん

新規会員登録(無料)

ログイン

買い物カゴを見る
通販商品(計0点)
電子書籍(計0点)

Copyright (C) 2Dfacto,Inc.