詳細検索

暮らし実用&児童書絵本ポイント3倍(エントリー)(0520-29)

さすらいエマノン(徳間デュアル文庫)

  • 発行年月:2001.2
  • 出版社:徳間書店
  • レーベル:徳間デュアル文庫
  • サイズ:16cm/261p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-19-905037-4

文庫

  • 国内送料無料

さすらいエマノン (徳間デュアル文庫)

梶尾 真治 (著)

紙書籍

607 ポイント:5pt

発送可能日: 購入できません

欲しい本に追加する | 本棚に登録する

このセットに含まれる商品

前に戻る

  • 対象はありません

次に進む

おすすめ商品

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前に戻る

  • 対象はありません

次に進む

予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

ユーザーレビュー

全体の評価 4.3
4.3
評価内訳 全て(8件)
★★★★★(4件)
★★★★☆(3件)
★★★☆☆(1件)
★★☆☆☆(0件)
★☆☆☆☆(0件)

この商品に関するあなたの感想やご意見をお寄せください。 レビューを書く

並び順を変更する :
評価の高い順
役に立った順
投稿日の新しい順
評価の低い順

評価5 投稿元:ブクログ

2012/07/21 18:14

30億年の記憶を持つ少女の物語
『おもいでエマノン』の続編
短編集というか、連作集になっている。
最初の一編「さすらいビヒモス」は、『恐竜ラウレンティスの幻視』中の「恐竜ラウレンティスの幻視」を連想させるような書き出し、最後は違った形でまとめられている。

評価3 投稿元:ブクログ

2008/02/26 21:31

エマノンシリーズ。短編集。「おもいでエマノン」よりもメッセージ性の強い作品が並んでいるように思えた。最終話は……

評価4 投稿元:ブクログ

2011/03/27 20:14

生命が生まれてからのすべての記憶を持つエマノンを描いた第二作。人間が起こしてしまった環境問題とその生命を題材としたSFの設定が悲哀とまだ何とかなるのはという希望を残してくれます。お気に入りの短編は枯葉剤によって死の土地となった場所に現れる謎の亡霊を描いた「まじろぎクリーチャー」。膨大な記憶によって世間との繋がりが薄くなってしまうエマノンだからこそ約束を大切にし、そこに何があろうと見届ける姿が印象的。次巻も読みたいけれど、手に入るかな。

評価5 投稿元:ブクログ

2009/10/18 19:07

喜びも悲しみも
おもいでを抱えながらエマノンは旅する

アメリカ東部の田舎町、日本のとある漁港、ブラジルの密林

「私も、人間は愚かしいと思うけれど、完全にそうだとばかりも言えないわ。たとえば……。たしかなものもあるわ。たとえば……」

エマノンシリーズ第2弾
「さすらいビヒモス」
「まじろぎクリーチャー」
「あやかしホルネリア」
「まほろばジュルパリ」
「いくたびザナハラード」
の5編を収録。

短編型式はこの本まで。
これ以降は長編になります。
でもこの、短編の作品群にこそ、エマノンシリーズらしい魅力が詰まってると思います。

評価5 投稿元:ブクログ

2014/12/02 07:53

エマノンシリーズ第二弾。

自分のことを言われてるのじゃないかと、くらくらして、そして時々怖くなる。
この中では、最初のビヒモスの話が好き。
ミュータント、クリーチャー、UFO、チャンネラー、え?!と思ってしまう内容もしばしば。。嫌ではないですが、SF色強いのかなと思ってしまう。でも同時に怖くなる。それは自分が信じてないからなのかとか悶々。。

読んでる時に様々な記憶が蘇った。
嘗ての同僚の姿だったり、読んだ本だったり。SFの映画だったり。
私があのこに言いたかったのは、あの時は上手く伝えられたか分からなかったけど、この言葉だなぁとも思ったり。

もっと先を読んでみたい。

評価4 投稿元:ブクログ

2011/02/06 00:38

シリーズ2作目。前作に比べると人間外との接触が多くて、SF色が増した感じ。前作の方が好きだけど、これはこれでいい。

評価4 投稿元:ブクログ

2012/03/07 09:30

梶尾真治、という作家に興味を覚え、作家のプロフィールなどを調べてみるとこのシリーズを外せないと思い、気軽に中古本でも…と思っていたらなんと絶版の影響なのか軒並み値段は高騰しているじゃないですか!
ちなみに、定価だとシリーズ5冊で4,130円のところ、購入価格は7,039円。
「ゆきずり…」以外は絶版とはいえ文庫ですよ!大人買いしちゃいましたね~(苦笑)。 

評価5 投稿元:ブクログ

2015/03/03 06:07

自然(≒世界? 宇宙?)に刃向かうような人類の愚かさと、人類とその以前の総ての命の記憶を持つ少女エマノン。エマノンが大切にしているものへの想いの深さが計り知れず、優しい。聖母でも聖少女でも、母でもない、「おもいで」エマノン。

レビューをもっと見る

この著者・アーティストの他の商品

前に戻る

  • 対象はありません

次に進む

お気に入り登録
(新刊お知らせメール)

この著者の新着情報
  • 受け取る
  • 受け取らない

こんにちはゲストさん

新規会員登録(無料)

ログイン

買い物カゴを見る
通販商品(計0点)
電子書籍(計0点)

Copyright (C) 2Dfacto,Inc.