詳細検索

TAC_『おとな旅プレミアムシリーズ 発売記念フェア』

  1. hontoトップ
  2. ネットストア
  3. 暮らし・実用
  4. 犬にならって犬の言葉を学ぶ

犬にならって犬の言葉を学ぶ

  • 発行年月:2001.5
  • 出版社:無名舎
  • サイズ:21cm/258p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:4-89585-941-X

  • 国内送料無料

犬にならって犬の言葉を学ぶ

ジャン・フェネル (著), 高橋 佳奈子 (訳)

紙書籍

1,944 ポイント:18pt

発送可能日: 購入できません

欲しい本に追加する | 本棚に登録する

商品説明

愛犬のしつけに困っていませんか? 人間の常識を犬に押しつけていませんか? 問題犬を扱う専門家が、行動学やオオカミの群れの原理から開発した訓練方法を、実例を上げながら解説。...続きを読む

このセットに含まれる商品

前に戻る

  • 対象はありません

次に進む

おすすめ商品

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前に戻る

  • 対象はありません

次に進む

予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

商品説明

愛犬のしつけに困っていませんか? 人間の常識を犬に押しつけていませんか? 問題犬を扱う専門家が、行動学やオオカミの群れの原理から開発した訓練方法を、実例を上げながら解説。犬を深く理解するための一冊。【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

ジャン・フェネル

略歴
〈フェネル〉幼少の頃からロンドンで犬と親しみ、ブリーダーとなる。ドッグショーでの優勝経験多数。現在は問題犬を扱う専門家としてテレビやラジオに出演。

関連キーワード

ユーザーレビュー

全体の評価 3
3.0
評価内訳 全て(2件)
★★★★★(0件)
★★★★☆(0件)
★★★☆☆(1件)
★★☆☆☆(0件)
★☆☆☆☆(0件)

この商品に関するあなたの感想やご意見をお寄せください。 レビューを書く

並び順を変更する :
評価の高い順
役に立った順
投稿日の新しい順
評価の低い順

しつけは一に忍耐、二に忍耐。

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

2001/06/08 18:22

評価0 投稿者:津田典子 - この投稿者のレビュー一覧を見る

 キャンキャン、ワンワン、ウーーッ! 愛らしいペットが、見知らぬ人にウーッとうなって威嚇したり、知らない人が来たら吠え続けたり、世話をしている家族さえ噛んでしまったり、飼い犬をうまくしつけることができずに悩んでいる人は多い。私はペット関連サイトの編集長をしているが、毎日掲示板には、ペットの育て方、しつけ方についての質問が行き交っている。

 子どものしつけ方にコレといった正解がないのと同じように、犬のしつけ方にも正解はない。犬によって、またそれぞれの飼い主や環境によってしつけの仕方は異なる。じゃあ、いったいどうすればいいの?とお悩みの愛犬家にぜひ、一読をすすめたいのがこの本だ。問題犬を矯正する専門家として活動してきた著者は、25年かかって独自の訓練方法「アミシアン・ボンディング」(犬に誰がリーダーかをわからせる方法)を編み出した。

 問題行動を起こす犬のほとんどは、自分がその群れ(一緒に暮らしている人間たち)のリーダーだと信じていて、その群れのリーダーとして、群れ全体を守るために、外敵に吠えたり噛んだりする。人間と同様に、犬にとってリーダーの役割を担うことは、かなりストレスがかかること。だから、飼い主がリーダー役を引き受けてくれないがために、なりたくもないリーダーにさせられて、そのストレスが問題行動を引き起こさせている犬も少なくないという。

 この訓練方法の特徴は、犬の先祖オオカミの行動にヒントを得て、オオカミのリーダーがリーダーであることを示す4つの場面に注目しているところだ
(1)外出など、犬と離れてからまた犬に会う時(オオカミ社会では、ばらばらになっていた群れが集まった時、リーダーはメンバーを無視する)
(2)誰かが家にやってきた時(オオカミ社会では、群れが攻撃を受けたり危険が迫ってきたら、リーダーが群れを守る)
(3)散歩に出かける時(オオカミ社会では、狩りに出かける時、リーダーが群れを率いる)
(4)食餌を食べる時(オオカミ社会では、リーダーが真っ先に食べる)

 過ちを犯しているのは犬ではなく人間だ。飼い主の態度が変われば犬も変わる。この4つの場面で、飼い主が毅然とした態度でリーダーの役目を果たし、誰がボスであるかを犬に教え、犬をリーダーの役目から解放してあげよう、と著者は訴える。

 ただし、動物を相手に訓練をするにはかなりのエネルギーを要する。一に忍耐、二に忍耐。理屈はわかっていても、何週間も、場合によっては何ヶ月もかけて訓練は続けなくてはならない。

 この本は、ハウツー本のようでありながら、愛犬を不幸な目に合わせてしまった辛い体験を持つ著者が、大きな愛をもって犬に接し、その行動や心理を冷静に科学し続ける過程を綴った読み物でもある。問題犬を矯正した過去の例を丁寧に説明しながら、犬、飼い主、そして著者の三者三様の心の中の謎をひもといていく。

★ペットの本はこちらから

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

評価3 投稿元:ブクログ

2006/06/27 08:47

 イギリスで活躍している、問題をかかえた犬(と飼い主)を扱う専門家の本です。
 一貫して主張しているのは、「犬が問題を起こすのは、自分を群のリーダーだと思っているから。リーダーとしての役割を解いてやることで問題行動は解決される」ということです。具体例を多く取り上げながら説明しているので、とても理解しやすいです。

レビューをもっと見る

この著者・アーティストの他の商品

前に戻る

  • 対象はありません

次に進む

お気に入り登録
(新刊お知らせメール)

この著者の新着情報
  • 受け取る
  • 受け取らない

こんにちはゲストさん

新規会員登録(無料)

ログイン

買い物カゴを見る
通販商品(計0点)
電子書籍(計0点)

Copyright (C) 2Dfacto,Inc.