紙の本 暮らし・実用書/児童書・絵本ポイント2倍キャンペーン

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. ライトノベル
  4. 天国に涙はいらない 3 あだ討ちケ原の鬼女
天国に涙はいらない 3 あだ討ちケ原の鬼女(電撃文庫)

立ち読みする

hontoアプリの確認

立ち読みには最新の「honto」アプリ(無料)が必要です。

  • バージョンの確認はアプリの「設定/情報」から確認できます。

最新の「honto」アプリをご利用の方

立ち読みする

最新の「honto」アプリをダウンロードされる方

hontoビューアアプリ

  • みんなの評価 5つ星のうち 3.4 3件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:中学生 高校生 一般
  • 発行年月:2001.7
  • 出版社: メディアワークス
  • レーベル: 電撃文庫
  • サイズ:15cm/245p
  • 利用対象:中学生 高校生 一般
  • ISBN:978-4-8402-1867-2

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

  • 国内送料無料
文庫

紙の本

天国に涙はいらない 3 あだ討ちケ原の鬼女 (電撃文庫)

著者 佐藤 ケイ (著)

天国に涙はいらない 3 あだ討ちケ原の鬼女 (電撃文庫)

551(税込)

ポイント :5pt

現在お取り扱いができません

天国に涙はいらない(3) あだ討ちケ原の鬼女

551(税込)

天国に涙はいらない(3) あだ討ちケ原の鬼女

ポイント :5pt

電子書籍をカートに入れる

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認くださいヘルプ

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
iOS EPUB 無制限
Android EPUB 無制限
Win EPUB 無制限
Mac EPUB 無制限

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー3件

みんなの評価3.4

評価内訳

  • 星 5 (1件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (1件)
  • 星 2 (1件)
  • 星 1 (0件)

どうにも好きになれないなぁ。

2002/07/07 01:49

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:十二番目の男 - この投稿者のレビュー一覧を見る

 外角高めのストライク(新ストライクゾーン)を強引に引っ張る「天国に涙はいらない」シリーズの第三弾。今回もやっぱり帯には「笑いと涙のシニカルコメディ」と書いてあって、ほんとに一体どのあたりが冷笑的なのか教えて欲しい。

 今回のキーパーソンは、巫女少女の勘解由小路みき。
 兄殺しの仇を討つためやってきたみきは、諸々あって賀茂の家に居候することになった。
 同じく賀茂の家に居候することになったたまとも仲良くなり、まるで姉の様な存在になっていくみき。
 だが兄の仇が判明した瞬間、みきと賀茂達の絆は崩れてしまうのだった。
 鬼となり、復讐を果たそうとするみき。賀茂は、アブデルは、彼女を止められるのだろうか。

 天国に涙はいらないシリーズは、コミカルとシリアスの間をいったり来たりする。
 これまでの作品を振り返ってみると「冒頭はコミカルに始まり、中盤はキャラクターの個性や魅力で押し、終盤一気にシリアスになっていく」というパターンが確立しているようだ。
 ある意味ではヤングアダルト系小説の構成術として正解ではあろうが、本作の場合はどうもバランスが悪くて好きになれない。もちろん各人で感じ方は違うのだろうけれど、私は好きじゃない。
 序盤から中盤までのコミカルさは度を超しているように思うし、シリアスな空気の中でも笑いどころを入れてくるのはマイナスではないか。
 「たま」の持っている葛藤は、小説にとってとても便利で強力な武器だと思うのに、ギャグ過ぎてなおかつシリアス過ぎる現在の状況では生かし切れていない。そんな様な気がしてならない。
 笑いにもっていくには重すぎるし、シリアスにまとめてみるとそれまでのギャグが嘘くさくなってしまう。
 うーむ……このシリーズは、私には向いていないのかもしれない。楽しめないなぁ。上手に気持ちを切り替えながら小説を読める人にとっては、本当に涙あり笑いありのコメディとして読めるだろうと思う。そういう人に対してはおすすめである。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2005/06/01 02:31

投稿元:ブクログ

今度は巫女さんと、まぁ毎回ぐっとくる(?)セレクションですね。たまとの確執は遣る瀬無い話でよかったです。「萌え」という事象を逆手に取ったネタの数々が、相変わらずいいですね。2巻はちょっとペースダウンしたような感じでしたが盛り返してきたか。

2008/07/18 16:14

投稿元:ブクログ

ちょっとこれ^^阿部さんが怒る場面が好きだ。普段変態でふざけてる人が(いや本人はいたって真面目なのだろうが)シリアスになるとかっこいい。あと巫女さんのお兄さんおまえ^^^^^

電撃文庫 ランキング

電撃文庫のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む