サイト内検索

詳細検索

送料無料

2016年7月期メディア化特集(~7/28)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. 小説・文学
  4. New History街の物語
New History街の物語
  • みんなの評価 5つ星のうち 3.2 8件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2001.7
  • 出版社: 角川書店
  • サイズ:20cm/208p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-04-873320-5
  • 国内送料無料

紙の本

New History街の物語

著者 小川 洋子 (ほか著)

人はだれしも心の中に忘れられない景色をもっている−。小川洋子、柴門ふみ、原田宗典、盛田隆二の4人の作家が織りなす極上短篇アンソロジー。【「TRC MARC」の商品解説】

New History街の物語

1,080(税込)

ポイント :10pt

現在お取り扱いができません

電子書籍化を希望する

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

収録作品一覧

ガイド 小川洋子 著 5-52
動物園跡地 柴門ふみ 著 53-98
中途半端な街 原田宗典 著 99-150

著者紹介

小川 洋子

略歴
〈小川〉1962年岡山生まれ。「揚羽蝶が壊れる時」で第7回海燕新人文学賞、「妊娠カレンダー」で第104回芥川賞を受賞。著書に「冷めない紅茶」「まぶた」などがある。

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー8件

みんなの評価3.2

評価内訳

四人の作家が、それぞれの“記憶の情景”を紡ぎ出し、どこかノスタルジックな世界へと誘ってくれる短篇集

2001/10/04 22:16

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:高橋洋一 - この投稿者のレビュー一覧を見る

 誰にでも記憶に残っているノスタルジックな街の情景があるだろう。それは、少年・少女時代の二度と戻らない出来事の思い出や、身を焦がすような恋の追憶に関わっているかもしれない。そうした情景の中に自分を再び置いたとき、人は心のときめきや、高まり、あるいは、悲哀を感じるときでさえも、日常の中にいる自分を超越した何かを実感するのではないだろうか。
 小川洋子・柴門ふみ・原田宗典・盛田隆二の短篇からなる『街の物語』は、四人の作家がそれぞれ独自に“記憶の情景”を紡ぎだし、未知の、それでいて何処かで見たことのあるような親近性をにじませるデジャ・ビュ(既視感)の世界へと誘ってくれる。

 「サウダージ」で三島由紀夫賞の候補にもなった盛田隆二の「アジール」は、画家として立つ夢を失わずに絵筆を取りながらも、締め切り仕事に追われる30歳近いイラストレーターの稲本と、10年来の恋人・美紀、銀座の映画館で偶然に知り合った子持ちの祥子をめぐる物語。
 美紀とは同棲したこともあるし、堕胎させたこともある深い付き合いだが、美紀は職場の上司に結婚を申し込まれ、煮え切らない稲本に未練を残しながらも、上司のプロポーズを受け入れる決心をした。
 稲本は、茅ヶ崎のビーチで彼女と過ごした青春の日々を思いながらも、仕事に忙殺されている。そこに、祥子が絡んでくる。祥子の何気ない一言に動かされた稲本は、商業ベースの仕事であることを無視して、クライアントから発注されたポスターの原画描きの仕事に自分の芸術的感性を投入する。担当者は難色を示すが、思いがけないことにクライアント側から絶賛され、テレビCMのビジュアルとして検討されることになる。
 絵のグループ展の搬入日も間近だが、稲本は祥子と息子のとも君と三人で茅ヶ崎の海を見に行くことにする。閑散とした冬の海を前にして、稲本と祥子は互いの気持ちを探り合う。稲本が祥子との生活に心が傾いていくのを暗示して物語は終わる。
 挫折しそうだった夢が蘇生していく過程と祥子との関わりの深化が、自然な瑞々しさと余韻を込めて描かれ、しっとりとした読後感をもたらしている。

 柴門ふみ「動物園跡地」は、東京での生活と女にだらしない恋人に疲れ、帰郷して新たな生活に踏み出した千咲が、かつて淡い恋心を抱いた、遠縁の年下のシンゴと再会し、かつての二人の思い出のある動物園跡地のマンションに入り、シンゴが司法試験に合格するまで、そこで待ち続けると、夢のような愛の告白をするファンタジックな物語。女性の恋心の在り方がよく実感できる点でも興味深い作品だ。

 この他、小川洋子「ガイド」、原田宗典「中途半端な街」を収録。 (bk1ブックナビゲーター:高橋洋一/評論家 2001.10.05)

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2006/01/06 19:58

投稿元:ブクログ

ガイド(小川洋子)
街のガイドをしている母親と、息子の話
動物園跡地(柴門ふみ)
従兄弟。
あるときは弟なんだけど・・・
私にとっては、存在がかなり大きくて
そして未来を夢見ちゃおうかな〜というはなし。
中途半端な街(原田宗典)
これは題名通り、中途半端な街の旅行に当選して旅に出る話。
かなり、好きです。
中途半端さが絶妙。
アジール(盛田隆二)
なんて書けばいいんでしょう?
説明するのが難しい話です。
でも、こういう気だるくて、流される話も好きです。

あまり評価のよくない本ですが
私は、まどろみながら読めるの感じが嬉しい一冊でした。
ぼんやり・・・ふんわりとした一冊です。

2006/06/03 22:20

投稿元:ブクログ

う〜ん、やっぱり短編はあんまり好きになれないなぁ。どうしても中途半端に終わった感じがする。特に「中途半端な街」(笑)

2006/11/21 04:33

投稿元:ブクログ

4人の作家さんが短編を寄せています。一番面白かったのは原田さんの。劇っぽかった。
小川洋子さんのも素敵でした。続き読みたいなあ、って感じさせられました。

2006/05/27 13:54

投稿元:ブクログ

「ガイド」いつも見ている母親の姿に。偶然の出来事に。小さい出会いに。自分のガイドに。。。道が開けていく。先が見えていく。光がさして大切なモノへ変わっていく。「遊園地跡地」”逃げたって逃げたって嫌な事はなくなるわけではなく、それは粛然とそこに存在し続けるわけだがそれでも、一時の安らぎを得る為に人は、逃げる。”逃げて逃げて、、、辿り着いたのは昔の愛着ある場所。そして逃げる事に疲れて元の場所で手に入れる、本当の安らぎ。「中途半端な街」自分も街も他人も犬も。。。何もかもが中途半端でやる気も考えもない。人間だろうが柴犬だろうがダッチワイフだろうがなんでもいい。そんな世界には悲しみも喜びもない。空虚でムナシイ世界。早く戻ろう、人間に。「アジール」人の数だけ考えがあって欲望があって思惑がある。期待にそえなくて去ってゆく人。期待に胸膨らませて寄ってくる人。何をそんなに期待するの?誰だって期待をせずには生きていけない。欲しいモノ、夢中になるモノ、愛されること。生まれて死んで。。。人間であるがための当たり前の欲望、期待。その中にすべてを詰め込みたい。欲望をかなえてくれる人、物、世界。。。ずっとずっと探し続ける。。。そして…ある日、終わる。

2012/05/29 22:09

投稿元:ブクログ

 約束を守る。
 シンゴは、それをやってのけただけだった。
 ただそのことだけで、千咲は自分が哀しい獣であったことに気づいたのだった。
(P.70)柴門ふみ/動物園跡地

2012/11/23 01:29

投稿元:ブクログ

そもそも「街」っていうところにテーマ持ってくと、なんだか期待してしまうところがあるんだけど、
どうしてだろう。
どれも違う気がする…。

柴門ふみの作品は、まったりしていて、でも簡潔で潔い感じが印象的。
原田宗典は、相変わらずですねw原田ワールド全開です。

なんとなく記憶に残ったのはこの二人の作家さんでした。

2006/08/29 03:20

投稿元:ブクログ

 街をモチーフにした四人の作家の短編の中で、小川洋子さんの「ガイド」だけ読みました。柴田ふみさん盛田隆二さんとかの、セックス描写を含む現代の恋愛小説は、気分的に読みたくなかったので…(´〜`;) それは、又の機会に。
 またまた、小川洋子ワールド!といった感じ。“題名屋”が出てきたときは、嬉しくなっちゃいました♪何かを封じ込め、整理し、名前を付け、収める。この過程に、強い思い入れを感じます。 ちょっと新鮮味が足りないかな?とは思いましたが、いつものように低温な雰囲気ではなく、人間の温かみが伝わってくる、穏やかな気分にさせてくれるお話でした(*´∀`*) この先のストーリーが非常に気になります。‘僕’はその後、‘小父さん’の助手をするのでしょうか?僕と小父さんのその後が、知りたいです。