サイト内検索

詳細検索

送料無料

経済・ビジネス・コンピュータ・新書 ポイント2倍(~9/29)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. 文庫
  4. 利休鼠のララバイ 杉原爽香二十八歳の冬
利休鼠のララバイ 杉原爽香二十八歳の冬(光文社文庫)

立ち読みする

hontoアプリの確認

立ち読みには最新の「honto」アプリ(無料)が必要です。

  • バージョンの確認はアプリの「設定/情報」から確認できます。

最新の「honto」アプリをご利用の方

立ち読みする

最新の「honto」アプリをダウンロードされる方

hontoビューアアプリ

  • みんなの評価 5つ星のうち 4.2 6件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2001.9
  • 出版社: 光文社
  • レーベル: 光文社文庫
  • サイズ:16cm/299p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:4-334-73197-X

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

  • 国内送料無料
文庫

紙の本

利休鼠のララバイ 杉原爽香二十八歳の冬 (光文社文庫 杉原爽香シリーズ)

著者 赤川 次郎 (著)

利休鼠のララバイ 杉原爽香二十八歳の冬 (光文社文庫 杉原爽香シリーズ)

555(税込)

利休鼠のララバイ~杉原爽香 二十八歳の冬~

540(税込)

利休鼠のララバイ~杉原爽香 二十八歳の冬~

ポイント :5pt / 紙の本より15おトク

電子書籍をカートに入れる

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認くださいヘルプ

  • iOS
  • Android
  • Win

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
iOS XMDF 無制限
Android XMDF 無制限
Win XMDF 無制限

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー6件

みんなの評価4.2

評価内訳

  • 星 5 (2件)
  • 星 4 (2件)
  • 星 3 (1件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

これからどうなっちゃうの?

2002/06/20 20:49

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:りんご酢 - この投稿者のレビュー一覧を見る

 主人公杉原爽香他登場人物が1年に1作品出版されるたびに1歳年をとり、毎回色が関係するタイトルがつけられ、微妙に内容のヒントになっている気がします。
 今回は利休鼠(りきゅうねずみ)いわゆるグレーの部類ですよね。爽香たちの恩師川村布子は生徒の自殺を食い止められなかった為、教師の仕事も退職せざるを得なくなります。またそれを夫である太郎にも打ち明けられないという夫婦の危機状態にあります。太郎は前作の事件で知り合った女性と不倫関係に陥り、苦しんでいます。
 爽香の夫明男にもちょっかいを出してくる社長礼譲も出て来たりと、限りなくグレーな人間関係を交えながら、バリトン歌手喜美原の事件に巻き込まれていきます。まだまだ爽香の苦難の日々は続きそうです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

今後に向けて

2001/09/11 21:18

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:トト@NJP - この投稿者のレビュー一覧を見る

 年1回発行され、登場人物が読者とともに年齢を重ねるシリーズの第14弾。毎年、様々な事件に遭遇する主人公・杉原爽香ですが、今作ではバリトン歌手の相続争いに巻き込まれます。それと同時に、今まで爽香を暖かく見守ってきた恩師・布子先生に危機がおとずれます。夫の女性問題、受け持つクラスの不登校児の問題など、窮地に立たされた布子先生の姿は、長年このシリーズを愛読してきたファンにはとても辛く映ります。
 他にも、爽香の夫・明男に興味をしめす女性が登場したり、爽香に新しい仕事の誘いがあったりして、シリーズの新たな展開に向けて様々な伏線がはられています。その意味で、今作はとても重要な作品になりました。今回起こったこれらの出来事が、次作ではどのような展開を見せるのか、来年の発売が今から待ち遠しくなります。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2011/08/09 22:00

投稿元:ブクログ

年に1回出る。
主人公が杉原莢香である。
雑誌などに連載している。
表題が色に関するものである。
いくつもの決まり事が成立しているが,
最終回にはきっとどんでんがえしがあるのだろうと思う。

ひょっとしたら,著者は、もう最終回を書いているのかもしれないという気もした。

事件が多く,ひとつひとつが丁寧に書けていないのはしかたがないとしても、
感情の機微が大雑把になるのは多少気にかかる。

また、主な登場人物のプロファイルにでていない人で大事な人がいる。

三宅舞との出会いである。
この後,断続的に登場する重要人物である。

それに対して,今回だけの重要人物が、弁護士の小沢だろうか。
最後まで,油断できない。

2016/04/29 14:19

投稿元:ブクログ

河村さんも、爽香の兄の充夫も出てくる人みんなしっかりしろよ!!と言いたくなります。明男は、そんなことにならないでほしい。。。布子先生に最後の最後に辛いことがあったので、そんなときこそ、河村さんに側にいてあげてほしいのに。。。。 今回は珍しく最後に気になる点が何点か残っているので、早く次巻を読みたいです。気になります。

2013/03/31 13:52

投稿元:ブクログ

爽香シリーズ第14弾。杉原爽香、二十八歳の冬。爽香は、勤務先Pハウスの入居者で女優の栗崎英子とコンサートに出かけた。が、英子と旧知の仲の歌手・喜美原治が体調を崩し中止に...。一方、爽香の恩師・河村布子は、夫・太郎が家を空けがちなのに悩んでいた。刑事の夫は、事件で知り合った女性と交際しているのだった。仲睦ましい結婚生活を送っていると思っていた河村夫婦の関係が、お互いの忙しさでぎこちなくなっていくのが悲しかったです。

2013/06/16 23:35

投稿元:ブクログ

連続ものならではの転換章といった印象の作品。メインストーリーのバリトン歌手の相続問題は話としては軽く、完結しない伏線が重い。桜井くんの行動の理由、も分からず、河村の浮気問題も、兄である則夫の浮気問題も、明男の出会いも、すべてが不明瞭な伏線のまま。最後に起こった事件も、なぜそこまで小沢弁護士が、思い詰めたか不明。結果的に、少し「薄い」印象がある。

光文社文庫 ランキング

光文社文庫のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む