経済・ビジネス・コンピュータ・新書 ポイント2倍(~9/4)

通訳の現場から

立ち読みする

hontoアプリの確認

立ち読みには最新の「honto」アプリ(無料)が必要です。

  • バージョンの確認はアプリの「設定/情報」から確認できます。

最新の「honto」アプリをご利用の方

立ち読みする

最新の「honto」アプリをダウンロードされる方

hontoビューアアプリ

  • みんなの評価 5つ星のうち 3.5 5件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2001.10
  • 出版社: 朝日出版社
  • サイズ:19cm/158p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:4-255-00115-4

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

  • 国内送料無料

紙の本

通訳の現場から

著者 柘原 誠子 (著)

通訳者に必要な資質、推薦する辞書、通訳者の日常、通訳学校式の効果的な学習法など、OLから通訳者になった著者が紹介する、「英語を使う」プロの現実。【「TRC MARC」の商...

もっと見る

通訳の現場から

1,296(税込)

ポイント :12pt

現在お取り扱いができません

通訳の現場から

907(税込)

通訳の現場から

ポイント :8pt / 紙の本より389おトク

電子書籍をカートに入れる

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認くださいヘルプ

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
iOS EPUB 無制限
Android EPUB 無制限
Win EPUB 無制限
Mac EPUB 無制限

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

通訳者に必要な資質、推薦する辞書、通訳者の日常、通訳学校式の効果的な学習法など、OLから通訳者になった著者が紹介する、「英語を使う」プロの現実。【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

柘原 誠子

略歴
〈柘原誠子〉東京生まれ。立教大学文学部英米文学科卒業。証券会社勤務後、フリーランスの通訳者となる。現在、日本ケーブルテレビジョンでCNNの放送通訳などを務める。

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー5件

みんなの評価3.5

評価内訳

  • 星 5 (1件)
  • 星 4 (2件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (1件)

通訳の現場から

2002/06/23 10:26

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:tallarico - この投稿者のレビュー一覧を見る

通訳者柘原誠子さんの書く、通訳者になるまでと、なってからの現実について書かれたものです。
読んで思ったことは、本当に出来る人というのは、謙虚で、努力家なんだなということです。OLから通訳者になることを決めて、専門学校に通い、脱落者の多い中からプロになるまでの道のりは努力の毎日だったと思います。通訳というと何かかっこいい職業のような気がして、少し英語の出来る人はなりたいと思ってしまう職業の一つです。が、専門学校での勉強量や、その後本当にプロとしてやっていく過程でもいつも常に勉強の連続と緊張で生半可なかっこいいというだけでは絶対出来ない職業です。それでも頑張れば目指すことが出来ると柘原さんは書いています。
私はこの本を読んで通訳の現実の大変さを知るとともに、柘原さんの人柄に感動しました。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

すべては根性なのだ!

2002/04/09 19:13

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:琴  - この投稿者のレビュー一覧を見る

 柘原誠子さんが通訳になるまでの自伝である。読んでいて現実が見えた。通訳といったらかなり人気の高い職業だが、それだけに、この職業の大変さといったら、んもう、それはこの本を読んでもらうしかない。英語が喋れるだけではだめなのだ。英語を使うプロの現実、通訳を目指している人は是非一度読んでおくべきだ。

 ところで、使える英語の習得方法、についての記述があった。私も英語を学ぶ身、よく読んで楽に勉強するのだ! などと思って読んだら、「がーん」。やはり、英語習得への道は努力しかないのだ。ひたすら努力と根性でがんばるのである。

 ここに浮き上がってくる一人の女性像は、まさにキャリアアウーマンというべく姿だが、ひたすら夢に向かって猛進し、ついにそれを勝ち取った彼女の姿には、ただただ勇気付けられる。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

OLから通訳者になった著者が経験する「英語を使う」プロの現実と、「使える英語」の習得法を平易に語る

2001/11/13 18:16

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:杉田宏樹 - この投稿者のレビュー一覧を見る

 大学を卒業し、証券会社に就職するも1年で退職。その後猛勉強の末、フリーランスの通訳者となり、現在はCNNの放送通訳、専門学校講師、講演、執筆等で活躍する柘原誠子が、12年間の職歴を綴った『通訳という仕事』だ。ぼくは音楽評論という仕事柄、海外のミュージシャンにインタビューする機会が少なくない。多くの場合、通訳の方にお世話になるので、こちらの質問を即座に外国語に訳し、ミュージシャンの答えを今度は日本語に訳す仕事の大変さはぼくにもわかる。音楽専門の通訳者もいるようだが、ジャンルを特化せずにクライアントからの依頼を引き受けるケースが一般的だ。したがって通訳者はそれ相当の英語力が要求されるのはもちろんのこと、資料に目を通したり下調べをするなど、事前の準備が重要となる。それにしたって専門用語や人名だけでも際限はない。机の上で行う翻訳とは異なるライヴでの一発勝負であり、プロとして通訳者の看板を掲げる以上、致命的なミスも許されない。フリーランスには仕事を選べる自由はあるが、それには代償が伴うわけで、引き受けた仕事を完遂することは絶対条件。スケジュール管理やギャラの回収も仕事の内だし、それでいて雇用の安定や保障など存在しないのが現実である。来日した著名人の場合、休みなしに取材をこなさなければならないから、それこそ食事の時間もトイレへ行く暇すらもない羽目に陥ることもある。それでも柘原が通訳者の仕事を続けている理由は何なのか。フリーの通訳者にとって、同じクライアントとの長期的な仕事は稀で、大半が半日か1日単位の仕事。だからクライアント、コーディネーター、インタビュアー、インタビューされる人、のすべてが毎回新しい出会いだと言っていい。この職業を生業としているからこそ生まれる“人との新鮮な出会い”こそが、通訳者にとっての仕事の面白さなのではないか。実体験に基づくアドバイスや、使える英語の習得方法は、通訳を目指す人たちに間違いなく有益な情報となるだろう。 (bk1ブックナビゲーター:杉田宏樹/音楽評論家 2001.11.14)

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2008/10/20 23:08

投稿元:ブクログ

こちらは以前の職場で隣に座っていたほんとにステキな通訳さん!に
お借りしました。
著者はその通訳の方がまだ学校に通われていた時に実際に習っていた
先生とのこと。サインがありました!
で、内容はと言うと。
通訳者としてのこれまでの経験や日常生活がセキララに綴られています。
もちろんトップクラスの通訳さんな訳ですが、それこそ血を吐くような?
努力をされていた模様。。
たまにこういった本を読むと、自分にカツが入ります…。
という訳で今日もがんばります。
ちなみに、勉強法なんかも載っていて参考になる部分がたくさんありました!

2014/11/05 17:50

投稿元:ブクログ

なんといってもこの表紙。肩パットの入ったスーツ(同じような地味な色のスーツを300着以上持っている「買い物中毒」と告白している)でポーズを決めている感じが、いやーどうなんだこれ、という感じがした。

内容は英語学習誌の短いコラムで、まあどうということもない。通訳の世界に関心がある人が読めば参考になる部分もあるかも知れないが、これを読んで英語の勉強になったりはしません。

英語 ランキング

英語のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む