サイト内検索

詳細検索

送料無料

2016年7月期メディア化特集(~7/28)

妖異金瓶梅(扶桑社文庫)
  • みんなの評価 5つ星のうち 4.2 16件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2001.10
  • 出版社: 扶桑社
  • レーベル: 扶桑社文庫
  • サイズ:16cm/588p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-594-03264-7
  • 国内送料無料
文庫

紙の本

妖異金瓶梅 (扶桑社文庫 昭和ミステリ秘宝)

著者 山田 風太郎 (著)

妖異金瓶梅 (扶桑社文庫 昭和ミステリ秘宝)

843(税込)

ポイント :7pt

現在お取り扱いができません

電子書籍化を希望する

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー16件

みんなの評価4.2

評価内訳

  • 星 5 (6件)
  • 星 4 (7件)
  • 星 3 (2件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

とにかく読め!の一言に尽きる大傑作

2002/07/22 12:31

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:浅知 恵 - この投稿者のレビュー一覧を見る

中国四大奇書『金瓶梅』『水滸伝』に登場する好色漢・西門慶。彼と八人の妻の間では嫉妬とプライドがぶつかりあい、次々と怪事件が巻き起こる。西門慶の友人のたいこもち・応伯爵は常に事件の真相を探り当てるが、決してその犯人を明かそうとしない……。

傑作である。あまり語るとネタバレになるのでどうして本書が傑作なのかは、読んで確かめてもらいたい。堂々たる本格ミステリでありながら武侠小説の面白さも兼ねそろえており(あるいは逆か)、文句なしに一級の娯楽作。いとも軽々とこんな離れわざをやってのける風太郎は、とにかくすごい。もちろん『金瓶梅』の淫靡でいびつな雰囲気も充分堪能でき、最初から最後までテンションは上がりっぱなし。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

最高の完全版!

2002/01/13 11:30

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:kin - この投稿者のレビュー一覧を見る

 ずっと以前に、「不完全」版を読んで以来のファンでした。その時に読めなかった「銭鬼」が収録されたうえに、これまで本の中におさめられたことのなかった「人間灯籠」まで読むことができて、感激です。オリジナルの中国の「金瓶梅」をもとに、一見、自由奔放にアレンジしているようで、かなり忠実に原本をなぞり、それでいて、きっちりとした本格ミステリーの連作短編集として、完成しています。これこそ日本本格ミステリーの傑作といえるでしょう。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

妖艶なるミステリー

2003/02/12 21:41

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:冬でもビール - この投稿者のレビュー一覧を見る

中国四大奇書「金瓶梅」の舞台と登場人物を使った新たなるミステリーといったほうがよいのだろうか。原作とはちょっと話も赴きも違っている。もちろん大まかなストーリーは原作に倣っているのだが。
だが!むしろこの方がいいのではないのか?とまで思わせるような、魅力あるストーリー展開。登場人物たちの個性も原作とはちょっと違う。
本来の主役である「西門慶」はどちらかというと控えめなスタンスになっており、本作での主役はなんといっても悪女「潘金蓮」と「応伯爵」だと思われる。
金連は原作でももちろん主役の中の一人であるのだが、応伯爵は本来端役である。
大金持ちの西門慶の腰巾着でおポンチなイメージさえある。
しかし、本作の中の応伯爵はニヒルな香りさえ漂わせる(ほめすぎか?)名探偵である。名探偵といっても本作は推理小説なわけではないのであくまでも謎解きをしているだけなのだが。
そして、金蓮はといえばもともと妖艶な美しき悪女として描かれていたが、本来はもう少しカラッとした、蓮っ葉な感じが強い。しかし、本作ではねっとりとした絡みつく様な妖艶さで登場する。
そして応伯爵はこの女にがんじがらめに恋焦がれている。
屋敷で起こる様々な恐ろしい事件の中でこの二人の関係があちらこちらで顔を出す。二人の不可解で微妙な関係は最後までスパイラルを描きつつ繋がっていく。このあたりの描写は本当に圧巻だ。
そして、自分としては、春梅の描かれ方が秀逸だと思っている。春梅とは金蓮の召使なのだが、金蓮に気に入られて妹のように可愛がられている少女である。
本作で原作では納得のいかなかった部分に答えを与えてもらったようなすっきり感があった。
まずは、ご一読を! そして出来ればその後で原作を読んでみるのも一興かと思われる。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

一途な男と激しい女。

2004/07/15 10:13

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:purple28 - この投稿者のレビュー一覧を見る

山田風太郎って、実は読んだことがなく、
最初にこの作品を選ぶのってどうよ? とか思いながら、
でも、なかなか評価は高かったので、読んでみました。
中国の寄書「金瓶梅」を元に、ヤマフウ風の味付けをしたら、
とんでもない快作になりました、という感じ。
といっても、私は元の「金瓶梅」もヤマフウすらも知らないわけで、
それでも、「水滸伝」や「金瓶梅」などを調べていくと、
どれほど本作がスバラシイかは理解できようもの。
というか、何も知らずに読んだとしても(私がそうなんですが)、
終盤の怒濤のようなストーリー展開には楽しませてもらえます。

梁山泊が跋扈する時代の中国。精力絶倫の快楽主義者・西門慶は、
8人の夫人と2人の美童をはべらせ、日夜、酒池肉林の宴を催していた。
そんな中、屋敷で猟奇的な殺人が起こる。
同席した西門慶の友人・応伯爵が、その真相に迫るが…。

スタイルとしては、全15編の短編の連作という形になってます。
3分の2くらいまでは、同じようなパターンが続いて、
飽きちゃったりもするんですけど。
ただの短編の連作だったとしたら、いつもの“お約束”という
ところを、その積み重ねで物語を重厚なものに仕立てていくところが、
ヤマフウの素晴らしさなんだろうな、と想像するわけです。

飽きたころ、突然ストーリーが別の方向へ向かって進んでいきます。

キーパーソンは第5夫人の潘金蓮。
物語全体を通して、彼女の“女っぷり”を思い知らされます。
男性から見ると恐ろしくなるほど、潘金蓮は“女”です。
そこのところは、女だから分かるような、分かりたくないような。
探偵役は応伯爵なのですが、彼は手こそ出しはしませんが、
ずっと潘金蓮に魅せられていたんでしょうね。
西門慶と潘金蓮との関係は、主と妾。
西門慶と応伯爵との関係は、主と太鼓持ち。
応伯爵と潘金蓮との関係は、同じように西門慶の下にながら、
同じように西門慶を軽蔑しつつ、寄生しつつ、慕いつつ、
しかしその気持ちは微妙に違っていることをお互いが知っていて、
だからこそ生まれる“共犯関係”でなんとか均衡を守っている、と。
とっても緊迫した微妙な関係なんだと思います。
そして、潘金蓮を頂点にしたとき、応伯爵と同じような位置に
いる人間がもう1人。その人物が終盤の鍵を握るわけです。

第一夫人と妾たちとの同居生活は、あまりなじみのないものですが、
だからこそ、人間の本性がより露になって面白い。

結局男は一途なんです。
結局女は激しいんです。
これは、そんな物語。


紫微の乱読部屋

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2014/10/05 07:11

投稿元:ブクログ

(収録作品)人魚燈籠/死せる潘金蓮/蓮華往生/女人大魔王/凍る歓喜仏/黒い乳房/邪淫の烙印/妖瞳記/銭鬼/赤い靴/美女と美童/漆絵の美女/閻魔天女/変化牡丹/西門家の謝肉祭

2007/11/21 20:53

投稿元:ブクログ

中国とミステリィが好きな人なら楽しく読めるはず。金蓮さんがすごい魔性の女なのに一途で憎めない。一途過ぎて怖いけど(汗)ラストの応伯爵が泣かせます。

2014/08/25 09:21

投稿元:ブクログ

2014年8月25日読了。中国四大奇書の一つ「金瓶梅」を題材にした山田風太郎の連作ミステリで、氏の代表作といわれる小説。数人の愛妾と愛欲の日々を過ごす好色漢・西門慶の邸内に時折起きる奇怪な事件、その真相は・・・。これまた噂に違わぬ面白さ、ある意味ワンパターンな展開(それでも、事件の動機・トリックには驚く。ミステリ小説としても超一級品)を繰り返す前半と、繰り返す日常の崩壊に向けてストーリーがうねりだす後半の変化も絶妙。個々の話で示される登場人物たちの人間味や知性・また愚かさ、中国らしい(と、いうか中国を舞台にした小説でないとありえない)豪快な描写や切ないラストに至るまで、本当に楽しめた。巻末の日下三蔵氏による、「魅力的な犯人による連続犯罪小説」を実現するため必然の形式だった、という解説にも深く納得した。面白かった。

2010/03/07 13:31

投稿元:ブクログ

『金瓶梅』は言わずと知れた中国四大奇書の一つ。水滸伝の中の武松のエピソードを入り口にして、そこに登場する武松の兄嫁の潘金蓮が、姦通した後殺されずに姦夫の西門慶と暮らし始めるという設定だが、山田風太郎氏がその設定をベースに話をミステリ仕立てに仕上げている。物語は変わっていても登場人物は原典にでてくる者をそのまま登場させているらしいので、原典を読んでから本書を読めばさらに楽しめるも知れない。全篇を通じてエロティシズムが漂い、潘金蓮という稀代の淫婦の性(さが)が描かれている。それにしてもこの潘金蓮という女、男にすればなんとも怖ろしい魔性の女でありながら強烈に心を惹かれてしまう魅惑の女である。潘金蓮を目の当たりにし触れてしまったが最後、男はその虜になってしまうだろう。それが間違ったことであり、いけないことだと判っていても、男は否応なしに潘金蓮の蟻地獄に身を落としてしまうのだ。気の小さい私としては潘金蓮のような女に出会うことがないように唯々祈るのみである。しかし、一度だけほんのちょっと会ってみたいと思う危うさが心の中にあるのも事実。五十になっても惑う私であります。

2016/03/20 07:49

投稿元:ブクログ

連作短編。中国の四大奇書、金瓶梅を元に、富豪西門慶の太鼓持ちである主人公の視点から描かれた、ある女の話。最後に、連作中の一作の原型となった短編が掲載されているのですが、あたかも全て終わった後、主人公が思い出を再び脳裏に描いているような錯覚に陥りました。

2012/06/14 19:12

投稿元:ブクログ

普通のミステリをシリーズにするなら、探偵やワトソン役だの、馴染みの警察関係者たちは変わらねど、犯人は同じってことない。そんなの当たり前だ。
その当たり前が通じない世界。

憎まれっ子世に憚るらしいが、いや、その憎まれっ子の枠に収まりかりっているようなタマでなく、このなかのどれか一つでもやらかそうものなら、嫌悪の対象になってしかるべくなんだけど、見事に主人公としてストーリーに君臨しているから恐れ入る。

水戸黄門が印籠を出すのと同じぐらい、やはりこんどもお前ですかいというノリながら、それでも面白く、エログロなはずをするりとうっかり読んでしまえるのは流石風太郎先生というところ。

いや、子供は読んじゃだめですよ。ええ、絶対に。
でも、大人は読んで損はない。

水滸伝、金瓶梅を知ってると、尚、面白さが深くなること請け合いだが、
なくても充分楽しめまする。

2012/03/10 19:25

投稿元:ブクログ

実は金瓶梅って知らなかったんですが…なかなか面白かったです。

金蓮さんの一途すぎる愛。数々の殺人に関わってる悪女?なんだけどなんだか憎めない。

水滸伝の外伝的な物語と言うことなので時間のある時にでも水滸伝を読んでみようと思います。

2007/09/18 19:20

投稿元:ブクログ

再読。中国の四代奇書「金瓶梅」をベースとした連作短編ミステリ。犯人は固定されており、動機やトリックを楽しむ趣向。読み進めていくうちに、パターンは読めてくるのだけれど、それでもその凄まじさに、ひたすら圧倒される。

2009/09/14 23:49

投稿元:ブクログ

『金瓶梅』を下敷にした連作ミステリ犯人が決まっている為、倒叙的なHow do it物『赤い靴』★★『美女と美童』★★『閻魔天女』★★『西門慶の謝肉祭』★★『変化牡丹』★★★『銭鬼』★★★『麝香姫』★★『漆絵の美女』★★

2012/01/28 22:18

投稿元:ブクログ

潘金蓮が女人大魔王と形容されるがまさにその通りの作品だった。
魅力的なエログロ。女のどろどろした妬み・嫉妬の表現。推理小説として、解説にある通りの一つの逆説に挑んだ点。どこをとっても素晴らしく山田風太郎の傑作の内トップ5に入るのは間違いないと思う。

2012/10/26 23:41

投稿元:ブクログ

予想外の純愛。元々の話は読んだことがないけど、とても面白い。山田風太郎は、エロと純愛を両立させることのできる、すごい作家。