サイト内検索

キーワードを入力

詳細検索

送料無料

TAC_『おとな旅プレミアムシリーズ 発売記念フェア』

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. ライトノベル
  4. 楽園 戦略拠点32098
楽園 戦略拠点32098(角川スニーカー文庫)
  • みんなの評価 5つ星のうち 4 10件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:中学生 高校生
  • 発行年月:2001.12
  • 出版社: 角川書店
  • レーベル: 角川スニーカー文庫角川文庫
  • サイズ:15cm/192p
  • 利用対象:中学生 高校生
  • ISBN:4-04-426701-4

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

  • 国内送料無料
文庫

紙の本

楽園 戦略拠点32098 (角川文庫 角川スニーカー文庫)

著者 長谷 敏司 (著)

楽園 戦略拠点32098 (角川文庫 角川スニーカー文庫)

453(税込)

ポイント :4pt

現在お取り扱いができません

戦略拠点32098 楽園

432(税込)

戦略拠点32098 楽園

ポイント :4pt / 紙の本より21おトク

電子書籍をカートに入れる

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認くださいヘルプ

  • PC
  • iPhone
  • iPad
  • Android

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
PC EPUB 無制限
iPhone EPUB 無制限
iPad EPUB 無制限
Android EPUB 無制限

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー10件

みんなの評価4.0

評価内訳

電子書籍

少女

2015/09/30 16:11

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:やまだ - この投稿者のレビュー一覧を見る

宇宙で二つの国が戦争をしてる世界で戦略拠点32098にヴァロアが調査に行くという物語です。戦争の物語というよりも体を機械にしたガダルバとヴァロアの苦悩の物語でした。ヴァロアの奴はかっこよかったですね。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍

読みやすい

2015/08/29 10:48

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:sky - この投稿者のレビュー一覧を見る

長谷敏司のBEATLESSを以前読み、
著者のデビュー作でもある、この作品を読みました。

登場人物は3人と少なめだとは思いますが、
非常に切なく、おすすめできる小説です。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2004/11/07 00:14

投稿元:ブクログ

ロボットと人間。戦争。心を「誤差」と言い切りながら、その誤差故に苦悩する。普遍的なテーマであり、それゆえに読ませるのは難しいのですが。登場人物を三人に留め、その描写を深めることで、うまく成功しているのではないでしょうか。

2011/06/28 16:20

投稿元:ブクログ

借本。著者の本はこれが初めて。
いい感じだけど、なんか物足りないと思ったら、デビュー作と知り納得。
尻がイイ…(笑)

2015/02/04 18:45

投稿元:ブクログ

ライトノベルである。それ故に読み口は軽いがテーマは面白い。
かなりの遠未来、銀河同盟と人類連合がいつ終わるとも判らない消耗戦を続けている(スターウォーズが銀貨英雄伝説かという舞台立てですな(^^ゞ
人類連合の戦略拠点上にある「楽園」と呼ばれる惑星が舞台。四季折々にいろんな花が咲き実を付ける惑星だが、動物は住人であるマリアと人類連合軍の制御官ガダルバしかいない。人類連合が必死で防御するこの星の秘密を探るべく星に降りてきた銀河連盟の降下兵のヴァロワ。登場人物はこの3人のみ。
いったいこの惑星にどのような秘密が隠されているのか。
3人の日々が淡々と進み、最後は切なくなる物語。
デビュー作ということもあり、文章も甘いし設定も如何なものかと言うところもあるものの、バックグランドとなるディテールにもしっかりこだわった作品になっています。
お勧めの一冊。

2009/06/13 01:26

投稿元:ブクログ

当時はchocoさんに惹かれて購入しました。
これは読んで衝撃的でした。

イラストの透明感もあってか、世界もかなり透明な印象。
本当に無駄のない、結晶のような1冊です。

あとがきも含めて、泣ける小説です。

2011/11/04 11:01

投稿元:ブクログ

鮮やかに冴え渡った青空は、懐古のうちにおいてもっとも輝く。いつか夢見たあの世界は、今に投影して生きることを阻む。青臭い感情ともに今を正直に生きるとき、爽やかな春風のように時は過ぎるのかもしれない。
夢見ていながら過ごすことのできなかった青春を、今を生きる少年に仮託して、追体験する物語は数多くあれど、それは今をむなしくすることでもある。それでもかまわない、それ独特の甘美な時間もあるけれど、今に取り込んで涼やかな風を感じる豊かさが、この小説にはある気がする。

2013/11/25 22:38

投稿元:ブクログ

楽園に落ちた二人の機械化兵士と少女の物語。
SF要素はあくまでバックボーン的な扱いに回しつつ、遠未来の高度システムに取り込まれた兵士達の、漂白された人間性の再獲得に語りの焦点が合わされる。
限りなくピュアに設えられた楽園世界の中、三人の登場人物達の逡巡する内面が感傷たっぷりに描かれている。

2012/08/10 14:03

投稿元:ブクログ

日本SF短編の中で読後感に印象が深かった「地には豊穣」の作家のデビュー作を探して読む。デビューはライトノベルであるが近年は普通のSFを志向しているとのこと。たしかにその素養があるしデビュー作でも見受けられる。

スニーカー大賞の金賞をとっている。ライトノベル。200pもない。
登場人物は、三人のみのシンプルな話。楽園と言われる星の生活と秘密
。機械に限りなく近い二人の思いはちょっとピュアすぎるかなと感じるがまあ、ご愛嬌。
とてつもなく甘い話なのだが、人間認識についてのテーマがのぞけている。このテーマは「地には豊穣」にも通じているSF足りうる重要なテーマだ。
そこらへんの意図が平凡なライトノベルとは異なる。ちょっと頭に描きづらい箇所があるがこれはデビュー作だからしかたないか。

2013/12/11 23:47

投稿元:ブクログ

主語がコロコロ変わったりと若干読みづらさを感じたものの、出会いと別れまでの話の展開もよく、まさにライトノベルと呼べる作品でした。

角川スニーカー文庫 ランキング

角川スニーカー文庫のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む

サイト内検索

キーワードを入力